芦澤竜誠が小澤海斗との遺恨マッチを制する【9・24 K-1】

芦澤が1Rに2つのダウンを奪う(撮影・荒木理臣)
芦澤が2つのダウンを奪って判定勝ち

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」(9月24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で小澤海斗と芦澤竜誠の遺恨マッチが実現。芦澤が1Rに2回のダウンを奪い、判定勝ちした。

 1Rのゴング早々にキックで突っかける芦澤。ミドルを軸に攻める芦澤に小澤は左フックをヒット。しかし打ち合いから芦澤が左ストレート、ヒザ、右ストレート、左フックと畳みかけ、最初のダウンを奪う。

 ダメージが浅い小澤はすぐに立ち上がり反撃に出るが、ラウンド終盤には右ハイキックを食らい2度目のダウンを喫してしまう。2Rになっても芦澤の変則的なファイトに自分の距離を取れない小澤の苦戦は続く。3Rになってやっと踏み込めるようになった小澤だったが時すでに遅し。勝利を確信した芦澤は足を使って小澤の攻撃をかわしては、小澤の打ち終わりにパンチを繰り出すなどやりたい放題。

 小澤は結局、1Rの失点を挽回することができず、芦澤が判定で勝利を収めた。
後半になって小澤(右)もやっと反撃に出るが…(撮影・荒木理臣)
小澤は今後については「考えます」と一言

 芦澤は試合後のリングで 「1RKOを狙ってたんだけど間に合わなくて、最後は逃げるみたいになっちゃいましたけど、芦澤竜誠はこんなもんじゃないんで。もっと上に行くんで、どの団体もヒールはダメだけど、俺みたいなヒールがトップを取ってもいいと思ってるんで、俺が芦澤竜誠だ!」とアピールした。

 芦澤は試合後の会見でも「今回はケンカだったんで1Rからいったんですけど、倒せなかったことが心残り。でも、圧倒的なレベルの差は見せたからいいんじゃないですかね。(小澤は)気持ちは絶対に折れないなと思った。気持ちは折れなかったので倒せない結果になりましたけど。それは今後、練習で倒せるようにするのが課題だと思います」などと話した。

 一方の小澤は「負けた、っていう感じです。(芦澤の)印象は何も変わらないです」と話し、今後の目標について問われると「考えます」という一言を残し会見場を後にした。

 ヒットマン芦澤の次のターゲットは誰なのか、そして一敗地にまみれた小澤の巻き返しはあるのか…。