アメリカ料理とこだわりのワインが楽しめる【American Bistro nia】

今年も開催!TASTE OF AMERICA 2018 10月1~14日

 アメリカンフードカルチャーの多様性や楽しさが体験できるレストランイベント“TASTE OF AMERICA(以下、TOA)”が今年も開催!

 都内約30店舗の飲食店が参加する同イベントは、米国大使館農産物貿易事務所主催で、アメリカ食材のおいしさを広めようという試み。各店舗が工夫を凝らした、この時だけの特別メニューを提供する。

 今年のテーマは『Something New』。さまざまあるアメリカ食材からイメージを広げ、オリジナリティーあふれる新しいメニューで、お客様を驚かせようというもの。今年はどんなワクワクする料理が楽しめるのか? ぜひお店に足を運び、『Something New』な一皿を味わって!

 TOKYO HEADLINEでは参加レストランのメニューを紹介。この機会にアメリカの味“TASTE OF AMERICA”を体験しよう!
「P.B.RIB(ピーナッツバターリブ)」  アメリカ食材:スペアリブ、ピーナッツ、スパイシーメイプルシロップ
 アメリカの豪快な料理にビストロのこだわりをプラスした手間を惜しまない手作り料理と選び抜いたこだわりワインが楽しめるAmerican Bistro nia。TOAメニューは「P.B.RIB(ポーナッツバターリブ)」。

 アメリカの国民食ピーナッツバタージェリーサンドをアレンジし、サンドではなくクロックマダムのような自家製ミルクパンの上に、スペアリブ、ピーナッツバターソース、エッグを乗せて提供。同店のスペアリブは、骨から簡単に外れるので、フォークとナイフで綺麗に食べられる。ほんのり甘いフレンチトーストに、スペアリブの程よい塩っ気と、ジューシーなグリルドトマト、目玉焼きのとろっとクリーミな食感、ほんのりスパイシーな自家製ピーナッツバターのソースが絡み濃厚なハーモニーが楽しめる。クレソンのほろ苦さとブラックペッパーのアクセントが食欲をそそり、ボリューミーではあるが食べ飽きることはないオリジナリティーあふれる一品。
 アメリカの農産物・食材と食文化に関する情報は( http://www.myfood.jp/ )で!
American Bistro nia(日本橋)

【住所】中央区日本橋小舟町7-13 東海日本橋ハイツ1F
【TEL】03-6264-9279
【営業時間】11時30分~14時、17~23時(平日)、17~22時(土曜日)
【定休日】日・祝・第4月曜日
【URL】http://bistronia.tokyo/

※TOAのメニューはディナータイムのみ提供


「TEAST OF AMERICA 2018」の開催を記念し、海外からさまざまな食材を輸入し販売し、カリフォルニアのエキストラバージンオリーブオイルを日本で一番多くの種類を取り扱っているフレッシュアンドフレッシュジャパンから、人気のアメリカ産エキストラバージンオリーブオイルを読者5名にプレゼント(※オリーブオイルの銘柄は選べません)。
【応募方法】応募方法は下記の2ステップ。
<応募条件>
ステップ1:TOKYO HEADLINEのTwitterアカウントをフォロー
ステップ2:対象ツイートをリツイート
https://twitter.com/TOKYO_HEADLINE/status/1042979589536935936
【締め切り】10月14日(日)23時。当選者の方々にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。
https://twitter.com/TOKYO_HEADLINE

【読プレ】ロングセラーで愛されるビーフジャーキー
約200種類のカップ酒がずらり千酉足(新宿三丁目)
北斗晶がおせち料理指南「簡単に華やかに飾って」
EXILE TETSUYAプロデュース「AMAZING COFFEE」がローソンとコラボ
主食を手軽に野菜に置き換えられる
恒例のクリスマスリース作りと燻製料理に舌鼓 Farming Event Report【2018.11.25】