女子エリミネーション戦でSD軍アスカが最後の1人まで奮闘も…【11・18 WWE】

ロウとスマックダウンのトップ選手10人が入り乱れて戦闘開始(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
最後はナイアのサモアンドロップに沈む

 WWE「サバイバー・シリーズ」(現地時間11月18日、カリフォルニア州ロサンゼルス/ステイプルズ・センター)で “ロウ”と“スマックダウン”2大ブランド対抗の女子5対5エリミネーション戦が行われ、チームスマックダウンのアスカは最後の1人まで残る活躍を見せた。

 チームロウはナイア・ジャックス、ミッキー・ジェームス、タミーナ、サーシャ・バンクス、ベイリー。チームスマックダウンはアスカ、ナオミ、カーメラ、ソーニャ・デヴィル、マンディ・ローズという布陣。

 試合はタミーナvsナオミでスタートすると、タミーナがコーナーのスマックダウンメンバーにも攻撃して乱闘に発展。そのタミーナを脱落させたカーメラが “ダンスブレイク”で踊り出して会場を盛り上げる。

 さらにベイリーとソーニャが2人同時に場外カウントアウトで脱落すると、ロウはサーシャとナイア、スマックダウンはアスカ1人残りという展開に。

 数的不利なアスカだったが、サーシャの顔面にニーを叩き込むと、2人にヒップアタックを叩き込んで局面を打開。さらにここでナイアがコーナートップのサーシャを故意に押してリングに落とすという突然の裏切り行為が勃発。アスカはすかさずアスカロックで捕らえてサーシャを沈めた。

 最後はアスカとナイアの一騎打ちとなったが、ナイアはアスカにレッグドロップ3発から豪快なサモアンドロップを見舞い、3カウントを奪った。

 会場はナイアに大ブーイングを浴びせたが女子5対5エリミネーション戦はナイアが1人残ったチームロウの勝利となった。