メルセデス・ベンツ コネクションがオープン



ph_tokyo0200.jpg



展示されていたコンセプトカー「Concept A」。20日まで一般公開される







 メルセデス・ベンツ日本は16日、東京・六本木に「メルセデス・ベンツ コネクション」をオープンした。メルセデス・ベンツの情報発信拠点で、2012年12月末まで18カ月限定で開設する。クルマを展示するショールームだけでなく、1階にはカフェ「DOWNSTAIRS COFFEE」、2階にはレストランラウンジ「UPSTAIRS」を展開し、誰でも気軽に立ち寄れる空間となっている。カフェでは職人技ともいえるラテアートが楽しめ、レストランでは昼はビュッフェスタイルのランチ、午後はアフタヌーンティー、夜はバーと、さまざまな顔を見せる。ニコラス・スピークス社長は、「快適でゆったりとした雰囲気を楽しんでいただけるようにデザインした。そのなかでメルセデスに親しみを感じたり、楽しさを発見したりしていただきたい」とした。





 また、メルセデス・ベンツ日本は「東京発 日本ファッション・ウィーク」冠スポンサーとなったことも発表。「メルセデス・ベンツ コネクション」をファッションウィークでも生かしていくとのことだ。