「あきらめない心とリーダーシップが大事」

“司令官”役所広司、なでしこジャパンの優勝を祝福



ph_movie.jpg

役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、吉田栄作、椎名桔平、伊武雅刀、中村育二、五十嵐隼士、瀬戸朝香、原田美枝子、宮本信子、そして監督の成島出監督が登壇





 12月に公開予定の映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』のクランクアップ会見が18日、都内ホテルにて開催。主人公・山本五十六を演じる役所広司をはじめとする豪華キャストが劇中衣装に身を包み、成島出監督とともに登壇した。
 命をかけて日米開戦に反対した山本五十六が、なぜ真珠湾攻撃という苦渋の決断を下さなければならなかったのか。その謎を壮大なスケールで描く超大作。この日の未明に行われたサッカーの女子W杯を一睡もせずに見ていたという主演の役所は、開口一番になでしこジャパンを祝福。「なでしこジャパンは最後まであきらめず、勝利を手にした。映画を作る我々にも時間や予算の制約があるが、あきらめずに良い作品を作っていきたいと思う」と、自身の励みになったと語った。多くの部下たちに慕われた山本五十六だがリーダーの資質とは、との質問に「リーダーシップを発揮するには部下に愛され慕われることが必要だし、世界を見ることができる人物でなければならないと思う。また、自分の信念を最後まであきらめずに貫く胆力も持っている人物」と語り“司令官”の風格をにじませた。
 映画の公開は12月23日。