『コン・ティキ』試写会に25組50名 

【日時】6月17日(月) 18時30分〜【会場】よみうりホール(有楽町)
 第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた、実話に基づく海洋冒険ドラマ。

 1947年、南米ペルーの港から南太平洋のポリネシアを目指し、1隻のいかだが航海に出た。現代の技術が一切使用されていない、そのいかだの名はコン・ティキ号。船長でもある人類学者のトール・ヘイエルダールの目的は「ポリネシア人の祖先は南米から海を渡ってやって来た」という自説を実証すること。1500年前の航海を忠実に再現するために、12本の丸太と麻のロープで組み立てられたコン・ティキ号で、風と波を動力に、星を道しるべに、彼らは8000キロの大海原に挑む!

 勇敢なるノルウェーの学者、トール・ヘイエルダールの実話をノルウェー映画史上最高の製作費を投じて映画化。次々と襲いかかる困難を乗り越える冒険者たちのドラマと、果てなき大海原を体感する臨場感満点の映像に、感動必至の一本だ。

 6月29日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開。



『コン・ティキ』試写会に25組50名