MOVIE 古代人の知恵で太平洋を渡れ! 驚愕の実話冒険譚

 1947年。12本の丸太と麻のロープで組み立てられたいかだに乗って、南米から東南アジアまで、太平洋8000キロを渡った男たちがいた…!

 勇敢なるノルウェーの人類学者、トール・ヘイエルダールの実話を、ノルウェー映画史上最高の製作費を投じて映画化した興奮と感動の実録海洋冒険譚。本国を中心に記録的ヒットを放ち、第85回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた注目作。

 南米のインカ文明とポリネシア文明との相似点が多いことから「ポリネシア人の祖先は南米から海を渡ってやって来た」という仮説を立てたヘイエルダールだが、誰からも否定され、古代人と同じ方法で実際に太平洋を渡ることができるか、自ら実証することを決意する。現代の技術や素材を一切使わず、当時でも入手できた素材で作られたいかだ“コン・ティキ号”に5人の仲間とともに乗り込み、風と波を動力に、星を道しるべに、彼らは8000キロの大海原へ挑んでいく。無線の故障、サメの襲撃、航路への不安…次々と襲いかかる困難に、揺らぎかける仲間たちの絆。果たして彼らはいかにして難題を乗り越えていくのか…。サスペンスフルな冒険者たちのドラマと、果てなき大海原を体感する臨場感満点の映像に、圧倒される一本だ。
STORY:ノルウェーの若き学者、ポリネシア人の祖先は南米から海を渡って渡来した古代南米人なのではという仮説を実証するための無謀すぎる航海に挑戦する。
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演:ポール・スベーレ・バルハイム・ハーゲン他/1時間53分/ブロードメディア・スタジオ配給/6月29日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて公開 http://www.kontiki.jp/