日本アカデミー賞『舟を編む』が最多6冠!

 第37回日本アカデミー賞授賞式が7日、都内にて行われ、各部門の最優秀賞が発表。石井裕也監督の『舟を編む』が作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(松田龍平)など、最多6部門で最優秀賞を受賞した。



『舟を編む』は、三浦しおんの同名小説の映画化で、松田演じる真面目で不器用な主人公が、膨大な年月をかけ仲間とともに辞書編纂という仕事に取り組む姿を描く。



 主演男優賞に輝いた松田は「大島渚監督の『ご法度』で新人賞を頂き、こうしてまた最優秀主演男優賞を頂いた。僕の親父(松田優作)を好きだった人に期待されているな、と。いろいろな人に影響を受けて、その中で自分のやりたいことを見つけていければいいと思います」と感慨深げに語りつつ、最多6部門での最優秀賞受賞について「たくさん賞を頂きましたが、作品賞が一番うれしい」と喜びを見せた。



 石井監督は「松田さんをどうしても勝たせたかった。みんなで作った映画なので、一緒に戦ってくれたスタッフとこうしてこの場にいることができて本当にうれしい」と語った。



 また『さよなら渓谷』で最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞というW受賞に輝いた、真木よう子は「本当にうれしいです!(助演賞を)リリーさんと一緒に取れたことがとてもうれしいです 」と笑顔を見せた。
第37回日本アカデミー賞 主な受賞作品

最優秀作品賞『舟を編む』

最優秀監督賞 石井裕也監督(『舟を編む』)

最優秀主演女優賞 真木よう子(『さよなら渓谷』)

最優秀主演男優賞 松田龍平(『舟を編む』)

最優秀助演女優賞 真木よう子(『そして父になる』)

最優秀助演男優賞 リリー・フランキー(『そして父になる』)

最優秀アニメーション作品賞『風立ちぬ』

話題賞 『真夏の方程式』/若林正恭(『ひまわりと子犬の7日間』)