担当者が語る「GLAに注ぎ込まれたメルセデス・ベンツSUV、35年の歴史」

 実はメルセデス・ベンツにはSUVに35年の歴史があり、SUV作りは得意分野の1つ。5番目のSUVとして登場したGLAは35年のノウハウが凝縮されたモデル。例えば、4輪駆動システム・4MATICや、急勾配でのスピードを自動制御してくれるDSR、GLA独自のものとしては、ステアリング舵角や登坂角といった車の現在の状況が一目で分かるオフロードスクリーンなど、どんな道でも高い走破性をサポートする機能が揃っています。ラゲッジスペースも広いですし、コンパクトながらSUVの魅力をきちんと備えています。

 次にデザイン。フロントのアンダーガードはどのボディーカラーでもシルバーで統一され、ホイールを囲うようにグレーのクラッティングが施されているのもSUVらしいデザインですね。一方で全高が155cm以下と低めなのでクーペのようなスタイリングに仕上がっていて、力強くもスタイリッシュなデザインとなっています。ちなみに平均的な日本のタワーパーキングの車高が155cmなので多くのタワーパーキングも利用できるんです。

 3つ目がメルセデス・ベンツらしい安全性。CPAプラス(自動緊急ブレーキ機能)はGLA全車標準装備。さらに、自動追従機能のディストロニックプラス、車線変更時に斜め後方に車がいることを知らせるブラインドスポットアシストなどのレーダーセーフティパッケージをオプションで装備できます。35年のSUV作りのノウハウに加え、安全性と快適性の追求。GLAはメルセデスの伝統が生んだコンパクトSUVです。女性も乗り込みやすいので、マリオだけでなくピーチ姫にもぴったりなSUVだと思います。

NULL
メルセデス・ベンツ日本株式会社 
商品企画2課マネージャー 
廣澤臣哉さん
【読プレ】魔法動物たちにまた会える!
【今週の“人”】東電新会長・川村隆氏
【読プレ】家でもアウトドアでも使い勝手がいい
4・8シュートボクシング  “ヒジ”で復活KO勝ち鈴木がKNOCK OUT参戦アピール
大和哲也5年ぶり参戦
ヘビー級サバイバル戦