ソフトバンクの工藤監督が野球殿堂入り

 野球殿堂博物館が18日、今年の殿堂入りメンバーを発表。候補者資格1年目のソフトバンクの工藤公康監督が競技者表彰のプレーヤー表彰として選出された。候補者資格を得て最初の投票での選出は2014年の野茂英雄氏以来4人目。

 工藤氏は西武、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人、DeNAの4球団で実働29年間プレー。224勝を挙げ、選手として11度日本一となり、昨年は監督就任1年目で日本シリーズを制覇した。

 またプレーヤー表彰として巨人で180勝を挙げた斎藤雅樹氏、エキスパート表彰として、かつて大毎などで活躍した故榎本喜八氏、アマ球界などが対象の特別表彰で山中正竹氏、故松本瀧蔵氏が選出された。
池袋で北海道のおいしさをまるごと楽しめる!/10月14日(月・祝)の東京イベント
小雪、上昇志向の強い女性政治記者役に苦労「セリフを何度読んでも気持ち悪い」
新海誠監督「夢のよう」最新作『天気の子』舞台あいさつ
フジロックが出演アーティスト追加、ステージ割も発表! 
コメディアン大統領誕生なるか?
ついに巨人戦も! DAZNがジャイアンツホーム全試合の配信を開始