-60kg王者・卜部弘嵩インタビュー K-1を代表して小宮山工介との試練の大一番に臨む!

「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」(6月24日、東京・国立代々木競技場第二体育館)のスーパーファイトに出場する卜部弘嵩のインタビューを公開。
(C)M-1 Sports Media
――小宮山選手との注目の日本人対決が決まりました。試合が決まった時の心境を聞かせてください。
「前回の試合が終わって、少し休もうかなと思っていた時にオファーがあって。対戦相手が誰だろう?と思っていたら、小宮山選手の名前が出て、小宮山選手が相手だったら自分しかいないだろうと思って決めました」

――ずばり小宮山選手が相手じゃなかったら、この試合は受けていない?
「はい。やっていなかったと思います」

――小宮山選手はこれまで接点がなかった選手ですが、どういう目で小宮山選手のことを見ていましたか?
「僕が初めてKrushのタイトルを獲ったころに、小宮山選手も他団体でチャンピオンになっているんですよね。他にも同時期にワンデートーナメントに出ていたり、似たようなキャリアを積んでいるなと思っていました。自分とは戦う舞台は違うけれど、同じ時代を生きてきた選手という印象ですね」

――試合結果や勝敗を気にすることはありましたか?
「いや、特に僕が気にすることはなかったです。ただ5年ほど前に小宮山選手のほうから『戦いたい』とアピールされたことがあったんですよね。その時、僕はKrushのチャンピオンとしてVS世界をテーマにしていたので『興味がないです』と発言していました。それから時間が経って、K-1の舞台で試合が組まれることを考えたら感慨深い相手だと思います」

――記者会見ではまだ弘嵩選手が空手をやっていたころから、小宮山選手は有名だったという言葉もありました。
「僕が空手を始めたのは小学1年生の時だったのですが、そのころから小宮山選手のことは知っていました。学年が違うので同じ大会に出ても試合をすることはなかったですが、当時から小宮山選手は空手界で有名な存在でしたね」

――昨年11月にK-1王者になってから国際戦が続いていましたが、今回はタイトルマッチ以来の日本人対決です。K-1王者として小宮山選手を迎え撃つ試合という部分ではどんな心境ですか?
「日本人対決は功也とやって以来で、僕に求められているものは“勝つこと”ですよね」

――しかも小宮山選手は他団体でトップだった選手です。K-1の看板をかけて戦うという想いもありますか?
「僕の気持ちとしては対抗戦のつもりで戦おうと思っています。K-1を代表して思いっきり戦います」

――また弘嵩選手自身、ベルトを獲ってから2連敗と結果が出ていません。
「単純に戦った相手が強かった、強敵だったということだと思います」

――改めてベルトをとっても強くならなければいけないと感じていますか?
「はい。3月(vsヨハネス・ウルフ)は気が抜けていた部分もあったと思いますが、4月(vsパウロ・テバウ)は実力負けだったと思います。改めて自分自身を鍛え直さなえればいけないと思っていたところで、いい相手と試合が決まったので、また気合を入れて練習ができると思います」

――弘嵩選手にとっては厳しい状況ですが、負けた悔しさは勝って晴らすしかないと思います。
「だから勝つしかないです、本当に。周りから何を言われようが勝てばいいわけで、今回はシンプルです。勝つだけです」