GD大賞に嵐「Happyをお届けできるように頑張る」

 人気グループの嵐が、日本ゴールドディスク大賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことが分かった。27日、一般財団法人日本レコード協会が発表した。邦楽部門での受賞で、洋楽部門ではアリアナ・グランデが初受賞となった。


 嵐は、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」のほか、アルバム『Are You Happy?』で「ベスト5アルバム」、『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』と『ARASHI BLAST in Miyagi』の両作品で「ベスト・ミュージック・ビデオ」を受賞。最多4冠だった。嵐のメンバーは「今年も作品やメディア、ステージを通じてたくさんのHappyをお届けできるように頑張ります!!」とコメントを寄せた。


「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門では、欅坂 46が受賞した。


 日本ゴールドディスク大賞は、レコード産業の発展に貢献したアーテイストやその作品を選び、表彰するもの。CD、音楽ビデオなどの正味売上実績と有料音楽配信の売上実績が選考基準となっている。