【江戸瓦版的落語案内】愛宕山(あたごやま)&おススメ落語会

 
落語の中には、粗忽、ぼんやり、知ったかぶりなどどうしようもないけど、魅力的な人物が多数登場。そんなバカバカしくも、粋でいなせな落語の世界へご案内。「ネタあらすじ編」では、有名な古典落語のあらすじを紹介。文中、現代では使わない言葉や単語がある場合は、用語の解説も。

 春の京都。旦那が芸者や幇間を大勢引き連れ、野掛けへ繰り出した。遊びつくしたところで、旦那の提案で愛宕山に登る事に。負けず嫌いでお調子者の幇間一八(いっぱち)は、「愛宕山なんて低い山、朝飯前で登ります」と豪語。しかし、みんなの荷物や弁当をすべて持たされた一八は、山の中腹でギブアップ。仲間の幇間に助けられ、なんとか山頂の旦那たちがいる茶店にたどりついた。そこで旦那、「かわらけ投げ」を始めた。「かわらけ投げ」とは、かわらけ、すなわち土器に願をかけ、山頂から谷底の的に通す遊び。遊び人の旦那、次々にかわらけを的に通していく。しまいには、2枚同時の“夫婦投げ”という大技も繰り出した。これを見ていた一八、例によって「こんなの朝飯前ですよ」と、かわらけを投げるも的を通るどころか、かすりもしない。その横で、なんと旦那は本物の小判を投げ始めた。「ちょ、ちょ、ちょっと旦那。何をしてるんですか。もったいなからお止めなさい」と止めたが、旦那は聞く耳を持たず、30枚の小判すべてを谷に投げ込んだ。

 呆然とする一八を横目に旦那は「あーっスッキリした」と涼しい顔。一八が「あの小判はどうなるんでしょうか」と聞くと「あれは捨てたものだから、拾った人のものになる」。それを聞いた一八、茶店にあった傘をつかむと崖っぷちへ。そしてそこから傘をパラシュート代わりにして、谷底に向かってダイブ! 無事谷底に軟着陸するや、血眼で小判を拾い集めた。「おーい!金はあったのかー」と上の方から旦那の声。「ありましたー!」「全部お前にやるぞー」「ありがとうございまーす!」「ところでどうやって帰ってくるー?」「えっ?」。降り立ったはいいが、山頂に戻る方法までは考えていなかった。戻る道は遠く、野犬や狼も出るという。しばし考えたあと、おもむろに着物を脱ぐと素っ裸に。そしてそれをビリビリに引き裂き、端と端を結わえ1本の紐にした。その先に石を括り付け、嵯峨竹の先端を目がけ、放り投げた。うまい具合に竹の先っぽの梢に巻き付いたその紐を自分のほうに引き寄せ、弓なりになった竹によじ登り、引いていた力を緩めるとしなった竹の弾力でポーンと体が飛び、山頂に見事に着地。「戻ってきたか。偉い男だ。これから贔屓にしてやるぞ」「ありがとうございます」「ところで小判は?」「あっ、忘れてきた」。
1 2>>>
Dream Shizukaがソロ初のファンミ「この日の時間と感じた想いを忘れない」
チョコプラの「TT兄弟」にあべこうじ「Tは…昨日の今日なんで…」
真野恵里菜、スペイン生活は「毎日があっという間」
【インタビュー】Dream Shizuka、初めてのソロ作で示した「自分を作る4つの要素」
GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第26弾 見つけるのではなく、見つかるもの。きっとそう
霜降り明星、ミキ、EXITらが学園祭キング狙いプレゼン! ノブコブ徳井らが予想