ウサギでモフモフのクリスマス! /12月18日(火)の東京イベント

「うさぎしんぼる展 in カレッタ汐留」25日まで開催中
 ウサギ愛好家たちの間を中心に大人気の作家陣によるウサギ写真とグッズが集結する「うさぎしんぼる展 in カレッタ汐留」が25日まで開催中。クリスマスシーズンにちなんだテーマの作品をはじめ、モフモフなウサギ作品を過去最大となる250点以上、展示する。出展作家陣のトータルSNSフォロワー数は100万人超え。
 うさぎ界の神と崇められる〈モキュ様〉や、SNSでも人気の〈Time is Bunny〉、〈mapi.ponyo.porun〉に加えて、初出展となる〈ひとえうさぎのNEGI(NEGInoheya)〉や〈うさぎ'N本舗*NAO(うさぎんほんぽ*なお)〉らが出展。

 また、シュールイラストが人気の〈うさぎ帝国(endo)〉に〈みすちるちるら〉の参戦も決定! 原画やハンドメイドグッズなど、会場でしか手に入らない限定グッズも登場。出展者総数は30組、展示作品数は250点以上と過去最大にモフモフ! ウサギのクリスマスを楽しんで。
うさぎの合同写真&物販展「うさぎしんぼる展 in カレッタ汐留」
【期間】2018年12月15日(土)~12月25日(火)
【時間】平日:13~21時 土日:11~21時(12/22、23、24のみ~22時まで)
【休】 なし
【会場】カレッタ汐留 地下1階 特設会場
【入場料】500円/3歳以下は入場無料
【URL】http://tgs.jp.net/event/usagisymbol
【インタビュー】多国籍都市「新大久保」に生きる人々を追った『ルポ新大久保』著者・室橋裕和さん 
チームラボがサウナとアート「チームラボリコネクト」が 六本木に3月オープン
下駄箱から煮干しまで!?「ブラックサンダー」が提案する「それもありでしょ?バレンタイン」
多国籍タウン・新大久保在住作家と歩くパワースポット「東京媽祖廟」とは?
『るろうに剣心展』開幕!描き下ろし新作ネーム、逆刃刀の展示も
124年ぶりの2月2日の節分に! くら寿司から「アマビエさん巻」登場