ラッパーのSALUがクリスマスに羽田空港でロマンチックなライブ

 ラッパーのSALUが25日、羽田空港にオープンしたライブレストラン「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」で、『SALUのクリスマス ライブ~羽田空港の夜~』を開催した。


 ライブが決まってから、最高のクリスマスになるようにずっと考えていたというSALUは、クリスマスらしく全身真っ白な衣装で登場すると、スツールに腰掛けながら、繊細なピアノの旋律が琴線に触れるスローなバラードナンバー「All I Want」でセットをスタート。大人っぽい選曲と生バンドのリッチなサウンドに、3人のコーラスが入ると、これまでのSALUのライブのイメージとは違い、フレッシュな印象だ。

「ハローダーリン」、ルーツレゲエのグルーヴが心地良い「First Dates」、“もういない君へ”捧げたという「Dear My Friend」とパフォーマンスした後で、SALUは羽田空港での忘れられない思い出を話しだした。

「18歳のある冬の日、深夜の2時頃、僕は羽田第1ターミナルの出発ロビーのベンチで寝ていました。札幌に帰ろうと思って、子どもの頃から買い続けてきたある漫画を全部売って、そのお金で飛行機に乗ったんだけれど、悪天候で着陸ができなくて、そのまま羽田にとんぼ返りしたんです。僕は帰る場所がなかったから、そのままベンチで寝たんですけれど、航空会社の人がお茶とお弁当をくれたんです」

 セットは、「Leaves」「Don't Forget」、クリスマスソングの「My Love」と続いた。「大人になってから、大事な人に向けて曲を書けるようになった」というSALUの楽曲に、会場からはため息が漏れた。



「このライブのきっかけを作った方で、これから共に音楽人生を歩んでいく方を紹介します」と呼びこまれたのは、EXILE SHOKICHI。SHOKICHIは、「SALU君のライブ、最高ですね!スーパー最高。ようやくクリスマスを感じられています」と2人で「Last Christmas」をカバー。そして、「Good vibes only feat. JP THE WAVY, EXILE SHOKICHI」と続けた。

 アンコールで再びステージに登場したSALUは、「いつものオラオラしたライブとは違うライブをしてみたんですけれど、もうちょい騒いだ方がよかった(笑)」と、ユーモアたっぷりにトークすると、自身にとって特別な曲だという「In My Life」を披露し、スペシャルな一夜を締めくくった。
 
 このライブのもようは、来年1月26日、AbemaTV「bpm」で午後9時から独占全編放送される。
SALU LINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40salu36
SALU OFFICIAL HP:https://www.salu-inmyshoes.com/
SALU OFFICIAL TWITTER:https://twitter.com/salu_info
SALU OFFICIAL instagram:https://www.instagram.com/salu_info/
KOMA DOGG OFFICIAL instagram :https://www.instagram.com//komadogg_lmp/