おしゃれ雑貨の宝庫の渋谷ロフトの福袋は“平成”がキーワード【福袋2019】

 お正月のお楽しみといえば「福袋」。今年は“平成最後”とあって、どの店もかなり気合の入った福袋を用意。平成を振り返るもの、新たな年号に思いをはせるものなど、その中身をちょっとだけ拝見!
「ありがとう平成福袋・おもてなし」 ●和食でおもてなし(徳利、杯、お椀、半月膳、小鉢、箸など2セット)
 渋谷ロフトは2019年元日から初売りを開始! 平成最後ということで、福袋商戦にも熱く参戦。“平成最後の初売り”では、“平成を総括するキーワード”を洗い出し。そこから「絆、おもてなし、ありのままで」をコンセプトに、思い出深い“バブル”や画期的なヒット商品なども加え、平成を総括する『ありがとう平成福袋』を各種発売。価格は一部を除き、平成31年にちなみ3100円(税込)で発売する。
「ありがとう平成福袋・ありのままで」 ●すっぴん(拡大鏡、角質除去、鼻毛取りワックス、クレイパックなど)
「ありがとう平成福袋・バブル!」 ●キラッキラの開運グッズ(金色のカレンダー、雑貨、金色のだるまなど)
「ありがとう平成福袋・ヒット文具」 ●ほぼ日手帳、フリクション、立つペンケース、ケシポン、カドケシ、マステなど