初参戦の佐々木憂流迦「“こいつの試合スゲー”と思ってもらえる試合をしたい」【12・31 RIZIN.14】

佐々木憂流迦
佐々木「ケイプはああいう感じだけど頭がいい」

「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月29日、東京都内で開催された。

 RIZIN初参戦となる佐々木憂流迦は拠点とするアメリカから24日に帰国。その後はリバーサルジム新宿 Me,Weで調整を続け「今日1日動いて万全なのでばっちりです」と話した。

 対戦相手のマネル・ケイプについては「そんな別に。危ねーやつだと思ったけど、試合やその前後も見ていると、頭がいいと思う。ああいう感じですけど、緻密に戦略立てていると思うので、油断せずにいきたい」とケイプの見た目と試合スタイルのギャップはすでに見極めている様子。

 修斗時代はグラップラーのイメージが強い佐々木だが「プロデビュー戦に比べるとイメージ変わっている。寝技だけしかできなかった自分が打撃に観点をおきはじめて、コンプリートファイターに近づいていると思います」と現在のスタイルについて語った。

 またケイプは前日計量で挑発してくることが予想されるのだが「その辺は、感じたままに。まだ分かんないです」と語るにとどめた。

 そしてRIZINファンには「始めて見る方が多いと思うので、一発で見て“こいつの試合スゲー”と思ってもらえる試合をしたいと思います。ご期待ください」とアピールした。
マネル・ケイプ
ケイプ「2RでKOしたい。日本の観客の皆さんに技をたっぷり見せたい」

 対戦相手のケイプは「タイで3カ月集中的に練習してきたのでコンディションはいいと思います。万全な状態で試合に挑むことができると思います」と話した。タイでは「ムエタイも練習しましたが、ただそれだけではなく全体的に自分のプランを見直しました。基礎を重視するようになり、よりシンプルな練習に切り替えました。だんだん複雑になってきたので、ベーシック、原点に戻り、シンプルな練習方法、シンプルな技を主に練習しました」とのこと。

 試合については「対戦相手を徹底的に分析し、試合も見ている。彼の最大の武器は身長。かなり背の高い選手で床(グラウンド)が得意。私は身長が低いので、試合で床に持っていこうとすると明らかに不利ですので、それはないと思います。素晴らしい新年を迎えたいと思っているので、2RでKOしたい」と話した。1RKOでないのは「とりあえずそんなに早く終わらせたくない。日本の観客の皆さんに技をたっぷり見せたい。ファンを楽しませるのが自分の役目だと思っていますので」と答えた。