世界フェザー級王者・斎藤裕がドイツ王者ヘルドと対戦【1・27 修斗】

対戦が決まった斎藤裕(左)とマーカス・ヘルド
 プロフェッショナル修斗の2019年第一弾大会となる「SHOOTO 30thANNIVERSARY TOUR 開幕戦」(1月27日、東京・後楽園ホール)に参戦する世界フェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)の対戦相手がドイツのマーカス・ヘルド(GERMAN TOP TEAM)となることが1月2日、発表された。

 ヘルドはドイツ選手権で優勝。ヨーロッパ代表として全日本選手権でも準優勝するなどアマチュア修斗でも申し分ない戦績をあげ、プロでの戦績も6勝4敗。昨年12月22日にドイツで開催された「SHOOTO KINGS VII: “Versus”」でドイツ修斗王者の座に就いたばかり。

 ヘルドは1試合を除き、勝利の全てが1Rでサブミッションでフィニッシュ。ドイツ王者となった試合でも1Rにチョークで絞め落としており、絞め、足関節など多彩なフィニッシュホールドを持つ。そのアグレッシブなファイトスタイルで地元ドイツでも大喝采を浴びる人気選手だ。ヨーロッパ、南米と修斗の大会が数多く開催される中、ドイツ王者が初の来日を果たすこととなる。

 世界王者として3年目を迎える斎藤裕は卓越した試合運びが光るオールラウンダー。昨年末には現GRACHANフェザー級チャンピオン・阪本洋平(T-BLOOD)の修斗参戦が発表されるなど修斗のフェザー級戦線はにわかに風雲急を告げており、世界王者としてここはすっきり勝って、並み居る挑戦者たちに一目置かせておきたいところだ。
プロフェッショナル修斗「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦」(1月27日、東京・後楽園ホール)
[新たに決定した対戦カード]
◆フェザー級5分3R
斎藤 裕(同級世界王者/日本/パラエストラ小岩)vsマーカス・ヘルド(同級ドイツ王者/ドイツ/GEERMAN TOP TEAM)

[既に発表済みの対戦カード]
◆環太平洋バンタム級チャンピオンシップ5分3R
祖根 寿麻(王者・初防衛戦/ZOOMER)vs岡田遼(挑戦者・同級5位/パラエストラ千葉)

◆フライ級5分3R
前田 吉朗(同級世界2位/パンクラス大阪稲垣組)vs清水清隆(同級世界4位/TRIBE TOKYO M.M.A.)

◆ライト級5分3R
川名 雄生(同級環太平洋王者/Y&K MMA ACADEMY)vs岡野裕城(同級世界9位/マッハ道場)

◆バンタム級5分3R
魚井フルスイング(同級世界5位/和術慧舟會HEARTS)vs藤井伸樹(ALLIANCE)

◆ストロー級5分3R
黒澤亮平(パラエストラ松戸 ※飛鳥拳から改名)vs児玉勇也(とらの子レスリングクラブ/トイカツ道場)

◆フェザー級5分3R
仲山貴志(同級世界7位/総合格闘技津田沼道場)vs青井人(同級世界8位/BLOWS)

◆バンタム級5分3R
金物屋の秀(SHOOTO GYM K'zFACTORY)vs齋藤翼(総合格闘技津田沼道場・FIGHT FARM)

◆ストロー級5分2R
牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)vs田上こゆる(BLOWS)※2018年全日本アマ修斗選手権ストロー級優勝

◆女子バンタム級5分2R
セラ(ニュージーランド/PUREBRED)vsチェルシー(アメリカ/リバーサルジム立川ALPHA)