サッカー日本代表 香川復帰もコロンビアに0-1完封負け

 サッカーの国際親善試合「キリンチャレンジカップ2019」(3月22日、神奈川・日産スタジアム)で日本代表は昨年のロシアW杯の予選リーグ初戦で対戦したコロンビア代表と対戦。W杯では試合開始早々にハンドで一人退場となったコロンビアに2-1で勝利を収めたが、この日は0-1で完封負けを喫した。

この日も切れのある動きを見せた堂安だったが…(撮影・蔦野裕)
序盤から多彩な攻撃見せるも…

 日本の森保一監督は初代表となるFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)をワントップで先発起用。その下に左から中島翔哉、南野拓実、堂安律の新ビッグ3を並べる布陣で臨んだ。

 日本は試合開始早々、コロンビアに中央からパスをつながれ、最後はビジャのシュートがクロスバーをたたきヒヤリとさせられる。しかし以降は日本が主導権を握る。堂安が右サイドから切り込んでの左足のシュートを再三放てば、南野も強烈な左のミドルシュートをしっかりと枠に飛ばす。中島は左サイドから鋭いクロスにシュートでコロンビアゴールを脅かせば、右サイドバックの室屋成も積極的に上がっては堂安とのコンビで右サイドを切り裂いてクロスを上げる。鈴木は外してしまったものの、37分には左からの中島のクロスに絶妙のタイミングでペナルティーエリア内に入り込みヘッドを放つなど見せ場を作る。
右サイドを積極的に駆け上がった室屋(撮影・蔦野裕)
チャンスは作るがシュートは決まらず

 しかし前半は8本のシュートを放ったものの、最後の最後で決め切ることができない。クロスが通ったもののシュートに至らない場面もあり、もどかしい展開の中0-0で前半が終了した。

 後半に入ると試合後の会見でコロンビアのカルロス・ケイロス監督が「後半に日本が疲れたときに攻撃に出た」と語った通りコロンビアのプレッシャーが強くなり、日本は自由にボールを動かせない時間が長くなる。
PKを決めたファルカオ(右から2番目)(撮影・蔦野裕)
不運なPKで先制許す

 コロンビアが日本陣内に攻め込む場面が目立ち始めた中、後半18分、日本のペナルティーエリア内でサパタが放ったシュートが富安の手に当たってしまい、コロンビアにPKを与えてしまう。これをファルカオに決められコロンビアに先制点を許してしまった。

 その直後に森保監督は鈴木に代えて香川真司を投入。その後も乾貴士、小林祐希、初代表の鎌田大地と攻撃型の選手を次々と送り込むと終盤になって日本の攻撃が目立つようになるが時すでに遅し。長めのアディショナルタイム5分も懸命に攻め込んだが、1点が遠くコロンビアに完封負けを喫してしまった。
後半に出場し、流れを変えた香川(撮影・蔦野裕)
森保監督「交代した選手たちが流れを引き戻した」

 森保監督は試合後の会見で「多くの皆さんが応援してくれた中、ホームでの戦いなのに勝利を届けられなくて残念。試合は前半の立ち上がりでピンチはあったが選手たちはアグレッシブに相手のボールホルダーにプレッシャーをかけ、いい守備からいい攻撃に転じ、チャンスを作れたが得点できなかったという部分は、ゼロで終わる試合ではなかったと思う。前半のうちに早めに1点奪えていればと思う。後半になって相手が前半より強くプレッシャーをかけてきて、ボールをうまく動かすことができなかった。前線で起点ができず、守備の時間が長くなり失点につながった」などと試合を振り返った。しかし「後半、相手に押し込まれている中で、交代した選手たちが流れを引き戻して、最後はゴールに迫って行けた。結果はついてこなかったがもう一度相手に圧力をかけることができた」などと後半に交代で入った香川らを評価した。
初代表の鈴木(右)(撮影・蔦野裕)
初代表・鈴木の前半のプレーを評価

 また初代表で先発した鈴木については「前半は非常によくチャンスに絡んでいたし、前線で体を張っていた。後半は前半にかなり飛ばしていたので少し運動量が落ちたところもあったが、前半のプレーでは相手にスピードでもフィジカルでも嫌がられる存在であることは十分に示してくれたと思う。さらにパワーアップとレベルアップしてくれれば」と評価した。

 日本は26日には兵庫県のノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。