稲村亜美が12球団始球式制覇へカープと巨人へ「投げさせてください」

 タレントの稲村亜美がプロ野球開幕を控えた3月26日、全12球団始球式制覇の達成をアピールした。

 この日、稲村は野球評論家の岩本勉氏とともに「J:COM プロ野球セ・パ 12 球団全試合生中継!記念イベント 岩本勉×稲村亜美 スペシャルトークショー」に出演。2人はともにフジテレビの「プロ野球ニュース」でMCを務める間柄とあって息の合ったトークを展開した。

優勝予想を披露した2人(撮影・オケタニ教授)
「セは巨人、パは楽天」と本気の優勝予想

 時期が時期だけにまずは今年のセ・パの優勝チームを予想。まず岩本氏は「日本全国で予想しますが、全部違うことを言ってますから(笑)」と宣言。これは「ケガ人の情報が入ってきたりしたら計算が狂う。日々動いているのがプロ野球なんですよ!」という理由から。多くの解説者が言いたくてもなかなか言えないことをさらっと言ってしまうのが岩本流というところか。

 稲村はセは巨人、パは楽天と予想。巨人については補強が成功したこと、投手陣が整備されたことなどを理由に挙げ、選手名を挙げる時もよどみない。パは「ケガをしている則本投手が戻ってきて、岸投手もがんばってくれそう。浅村選手が入ってセカンドが固定できるようになった」などと解説者顔負けの本気予想を展開した。

 この稲村の姿を見て岩本氏は「言いたいこと、稲村さんが全部喋ってしまった。解説者泣かせ!」とぼやきながらセは巨人、パは日本ハムと予想。巨人については「優勝しなきゃいけない。これだけ補強が成功して、各チームに申し訳を立てるのであれば優勝して、それをしっかり示さないと」と独特の言い回し。そして今シーズンからコーチに就任した元木、宮本コーチの名を挙げ、「巨人は今年すごく新しい野球を提供してくれるんじゃないかと思う」と話した。

 日本ハムについては「私は日本ハムの試合を何試合解説していると思うんですか!」とお約束の忖度宣言。しかし「ファイターズも補強に成功している。補強で入ってきた選手たちがそのパフォーマンスだけではなく、いい影響をチームに与えている。例えば金子弌大から若い選手がいろいろなことを吸収しようとしている」などとこちらは元選手ならではの視点で解説した。
1 2 3>>>
パラカヌーテスト大会で見えた競技会場の課題。「多目的トイレ増やしてほしい」の声も
セミの大沢文也がタイトル戦に対抗心「明日は僕がメインだと思っている」【9・16 K-1 KRUSH】
西京の王座に挑戦のぺタスが「3度目はない」と不退転の決意【9・16 K-1 KRUSH】
オールブラックス、千葉県被災地にメッセージ「我々の思いは皆さんとともに」
雪降らせ、暑さ対策。東京2020テスト大会で「降雪機」が登場
ONE初勝利を目指し「覚悟は決まった。真っ向勝負」の岡見に秋山が「怪我はしないで」と親心