出現場所が毎日変わる! 六本木で“巨大な赤いボール”を探せ

押してみたり…
『六本木アートナイト 2019』の注目プログラムの1つ『RedBall Project』初日のお披露目会が20日、六本木・ピラミデにて行われ、制作者のアーティスト、カート・パーシキー氏が同プロジェクトの日本初公開に向け、意気込みを語った。

 六本木アートナイトは、六本⽊の街を舞台にした⼀夜限りのアートの祭典として2009年に始まり、今年で10回目を迎えるイベント。
注目のプレプログラム『RedBall Project』は、アメリカ人アーティスト、カート・パーシキーによる周遊型パブリックアート。2001年にスタートし、これまで30都市以上で開催され、今回が日本初上陸となる。ビニールでできた、直径4.5メートルの巨大な赤玉は“1日1カ所”に出現することを基本ルールとしており、今回は六本木の街なかを1週間にわたって巡回する。
1 2>>>
柳楽優弥「三大映画祭にもう一度行きたい」30歳の節目で念願の『やぎら本』発売
春風亭一之輔と藤巻亮太が二人会!落語とJ-POPのコラボレーション
首都圏最大級!川崎で本気すぎる沖縄イベント『はいさいFESTA 2020』スタート
「ポリス×戦士」シリーズから新グループが誕生!  lovely²がメジャーデビュー
車いすテニスプレイヤーであり、大工だった私が見つめる、東京のバリアフリー【二條実穂】
THE RAMPAGEがライブ「距離は関係ない」LDH所属アーティスト出演の『LIVE×ONLINE』第2弾開幕