イー・ウーマン代表取締役社長・佐々木かをりさんが授ける 女性が社会で生き生きするために必要なこと

 “~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。

 Nagatacho GRiD[永田町グリッド]にて公開収録された第10・11回目の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、新しい市場を作るためのダイバーシティコンサルティングとして商品開発、人財研修などを提供する株式会社イー・ウーマン代表取締役社長・佐々木かをりさんが登場。

 これからの時代を生き抜くためのヒントを、たくさん授けてくれた。



 “ダイバーシティ”という言葉が叫ばれるようになって久しい。多くの人が、「多様性」と解釈するこの言葉だけど、本当にそうなの!?

 「ちょっと違うかな」、そう優しい口調で語るのは、毎夏、日本最大級1000人が参加する「国際女性ビジネス会議」の企画・プロデュースを手掛けるなど、多岐にわたって活躍する佐々木かをりさん。「ダイバーシティというと女性活用の話とも同一視されがちだけど、そういうわけでもないんです」と続ける。

 「三人寄れば文殊の知恵ということわざがあります。いろいろな人の知恵が集まると、もっと良いアイデアが生まれる。ダイバーシティというのは、いろいろな人がいるんだけど、その人たちの視点をいかにして取り込むか、言うなれば“視点の多様性”というところまで考えて、はじめて意味を持つ言葉なんですね」

1 2>>>
人工知能研究者・黒川伊保子が教える 「だって」「でも」「どうせ」……Dの音は“ブレーキの言葉”
株式会社「和える」代表・矢島里佳が語る 「日本の伝統は、子どもの精神性を豊かにする」
部下2000人! 国連職員・加藤美和さんに聞いた 「国連って働きやすいのでしょうか?」
ドッグコミュニケーショントレーナー・小林里香が教える ワンちゃんの個性を伸ばすための“褒め方”
森口博子、ガンダムへの恩と愛を語る 「人生のターニングポイントには、いつもガンダムがいてくれた」
スピーチコンサルタント・矢野香が教える キャリアアップを手繰り寄せる武器としての言葉の使い方