【田口桃子の連載「SOD女子社員は脱がなきゃだめですか?」】第9回「卒業したらサヨナラですか?」

卒業記念トークショーでの一コマ。左から、長瀬広臣、有馬芳彦、アレク、左慈半造。有馬さん以外は現在も活躍中のラブメンたち。
 この記事が更新される10月11日は、ソフト・オン・デマンド(以下SOD)本社にて、私たちGIRL’S CHのイベントが開催されています。

 GIRL’S CHでは、月に1~2回程度イベントを開催しています。

 女性向けAVの出演者を招いて、トークを聞いたり、出演しているDVDを直接受け取ることができます。

 8月には巨大すごろくを作って、出演者と一緒にゴールを目指す「GIRL’S CHすごろく」というイベントを開催したりもしました。

 普段画面の中で見ている出演者たちと会えるだけでなく、お話ししたり、ゲームをしたり、ツーショットチェキ撮影をしてより親密になったりすることができるのが、私たちが運営しているイベントなのです。


 9月に開催したイベントでは、女性向けAVで6年間活躍してきた有馬芳彦さんの卒業記念イベントを開催しました。

 有馬さんは2013年8月に、女性向けAVメーカー「SILK LABO」にてエロメンとしてデビュー。以降、SILK LABOとGIRL’S CHの2つの女性向けAVメーカーにて作品をリリースしてきました。

 また、同時に役者としても活動し、数々の舞台に出演しています。

 SODで立ち上げた劇団Rexyでも第一回公演から出演を続け、11月には第8回公演「お江戸のおもちゃ」でも主演を務めます。

 過去にも当連載記事にて紹介してきたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 そんな有馬さんですが、8月にリリースした「Maison de Room」をもって、セクシーコンテンツからの卒業を発表しました。

 これまでの6年間との集大成ともいえる卒業作品は、監督、脚本、一人四役の出演にも挑戦した意欲作です。
(詳しくはこちら https://girls-ch.com/original/maison_de_room.php


 さて、卒業後の有馬さんの様子、気になる方もいるのではないでしょうか。

 AV引退後にテレビなどで活躍する女優さんは少なくありませんが、一般人としてひっそり生活されている方のほうが多いです。

 ましてや、男優さんの引退後となると、ほとんど前例がないのではないでしょうか。

 現在の有馬さんは、「有馬芳彦」として活動を続けています。

 以前から続けている舞台への出演はもちろん、2018年から開始したオンラインサロンでは“食”をテーマにして日々発信を続けています。

 月に一度はオンラインサロン主催のイベントで、ファンの皆さんと交流する機会もあります。

 また、今年5月にSOD本社1Fにできた「Syain Bar SOD 女子社員」にも定期的に出勤しています。カウンター越しに有馬さんとお話もできますし、運が良ければ厨房で腕を振るう姿を見ることも……。

 そのようなわけで、女性向けAVに出演する男性たちにも、出演を辞めたあとの道を作りたいとSODは考えています。

 男性向けAVと比べてまだまだ歴史の浅いジャンルではありますが、有馬さんを先導として、これからも大志を抱く男性たちに、新しい生き方を提案していければと思っています。
1 2>>>
「声をあげる女性たち」【36歳のLOVE&SEX】#11
「青春の勘違い」【36歳のLOVE&SEX】#10
「私たちは家族じゃない」【36歳のLOVE&SEX】#9
「Kさんとの思い出」【36歳のLOVE&SEX】#8
「逆襲のフェムテック」【36歳のLOVE&SEX】#7
「不幸なふりはもうやめた」【36歳のLOVE&SEX】#6