横浜赤レンガ倉庫で“はしご鍋”フードフェス『酒処 鍋小屋 2020』

 寒さが厳しくなる季節の横浜赤レンガ倉庫にて、開催5回目を迎える冬のフードフェスティバル『酒処 鍋小屋 2020』が行われている。横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で熱々の鍋を囲み、お客さん同士の交友を深めてもらいたいという想いから生まれた冬のフードフェスティバルだという。

 好評につき昨年より開催期間が延長され、会場は出汁にこだわった熱々の鍋料理を自ら選んで土鍋で作る「作る鍋エリア」と、日本全国の鍋料理を1杯から食べられて“はしご鍋”もできる15店舗が集結した「一杯鍋エリア」に分かれており、お好みのスタイルで季節の鍋料理を堪能できる。

 会場の鍋小屋(特設テント)では、赤提灯がぶら下がり、昭和の歌謡曲が流れてどこか懐かしさが感じられるノスタルジックな空間を演出。立ち飲みエリアも拡大し、初めて訪れた来場者でもほっとするような雰囲気で、おひとり様はもちろん友人、カップル、ファミリーでも居心地のよさに和んでしまうこと請け合いだ。

 鍋料理と一緒にさまざまな日本酒が楽しめることでも人気のイベント。今回も関東では入手困難な希少価値の高い日本酒を含む150種類以上を提供する。また、日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の「朝までハシゴの旅」で話題となった利酒師の資格を持つファッションモデルでタレントの高田秋が提案する「鍋×日本酒」ペアリングセットを提供。鍋と日本酒を扱うすべての店舗でペアリングを楽しむことができる。
〈ほっかほか ラム生姜鍋(旨だしver.)〉と〈純米大吟醸 國華の薫 結の香〉とのペアリングセット(税込1500円)
 編集部のおすすめは「一杯鍋エリア」の「岩手 遠野屋」より〈ほっかほか ラム生姜鍋(旨だしver.)〉と〈純米大吟醸 國華の薫 結の香〉のペアリング。臭みのないやわらかなラム肉と生姜の利いただし汁で身体がぽかぽか温まる一杯に、しっかりした味わいとやさしい甘みの日本酒がぴったり。
1 2 3>>>
東京タワーで感動花火!キキ&ララのプロジェクションマッピングが夜空彩る
【写真特集】老舗ホストクラブ「愛本店」ラストを飾るカフェ営業に行ってみた
世界一のインスタ映え!?老舗ホストクラブ「愛本店」ラストを飾るカフェ営業に行ってみた
国立科学博物館を独り占め!VRコンテンツ「かはくVR」公開【今日のおうち時間】
【開催中止】超人気「うんこドリル」コラボ 東京ドームシティで金のうんこ探し
有楽町に本の世界に迷い込むキャンディショップ『絵本の中のスイーツBAR』出現!