プロ野球とJリーグが新型コロナで「対策連絡会議」設置

NPBの斉藤コミッショナー(左)とJリーグの村井チェアマンががっちり握手(写真:つのだよしお/アフロ)
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球の斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマンが3月2日、東京都内で記者会見し、「対策連絡会議」の共同設置を発表した。競技の枠を超えて感染に関する情報を共有し、試合開催の判断に役立てる。

 同会議はプロ野球12球団の代表者、Jリーグ理事らに加え、感染症の専門家3人で構成。専門家に公式戦開催や観客対策に関する助言などを求め、3月中旬をめどに意見書を取りまとめてもらう。

 3日には第1回会議が東京都内で開催され、感染のリスクや防止策などを協議した。防止策では体温測定の義務付けやロッカーの時間差利用などが提言された。

 野球やサッカーは観客が近距離で声を出して応援することから専門家チームの座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「(感染)リスクは非常にある」とし、応援自粛の提言も示唆した。
生け花で前向き志向の効果も。コロナ禍こそ始めたい、おうち華道キット
【BEYONDコロナ~日本を元気に~】中川悠介 アソビシステム社長「新しい第一次産業を創り込む」
ポストコロナ時代にIRは社会課題の解決に有用なのかを議論
夏の高校野球 『心の原点』【アフロスポーツ プロの瞬撮】
イベントは段階的に再開。人数制限撤廃後も「2m」「50%」は継続
「バックラッシュ」でロウ女子王者アスカに“大女”ナイアが挑戦【WWE】