CGアニメ、ドキュメンタリーなど至極の厳選プログラム【Short Shorts Film Festival & Asia 2020】

 1999年にスタート以来、毎年6月に東京で開催されてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響により9月に延期して開催となった今年のSSFF & ASIA。ソーシャルディスタンスや感染症対策によりリアル会場は制限されるものの、代わりにオンライン企画が格段に充実! 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭として、世界110以上の国と地域から集まった約5000本の中から選りすぐりの約200作品をリアル会場とオンラインで上映する。延期に伴い、映画祭テーマを「ボーダレス」から「(ニュー)ボーダレス」へと変更。そこには「その表現がどんな境界(ボーダー)を越えた新しい表現であるか」を考える、というメッセージが込められている。国内外の映画祭が実施や延期、オンラインでの展開などさまざまな選択を迫られるなか、SSFF & ASIA 2020がショートフィルムならではの強みを生かして新しいかたちの映画祭に挑む!
【審査員】[写真左より]上坂すみれ (声優)、熊坂出(脚本家、映画監督)、杉山知之 (デジタルハリウッド大学 学長・工学博士) 特別上映作品『忘れられない』第92回アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート

CGアニメーション


 2011年から始まったCGのアニメーション作品を厳選したプログラム。子どもも大人も楽しめるハイクオリティーの作品が国内外から勢ぞろい。コンペ以外にもオスカーノミネート作『忘れられない』やDIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2020 ベストCGアニメーションアワードを受賞した『dro:p』などを特別上映。
1 2 3 4 5>>>
映画へ、人へ、愛の溢れた傑作!ガレッジセールゴリこと照屋年之監督「演じる女」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
剛力彩芽「勇気を持って立ち上がれる人になりたい」女性映画人にエール
「SSFF & ASIA 2021」CGアニメーション部門審査員が決定
大竹しのぶ出演作やゴリ監督のショートフィルムをオンラインで配信
ショートフィルムの国際映画祭「SSFF & ASIA 2021」ラインアップ発表! オンライン会場は本日オープン
いきものがかりの楽曲を日本アカデミー賞監督がスマホでショートフィルム化