コロナ時代のコミュニケーション・阿部広太郎 (コピーライター)

「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
「JAPAN MOVE UP!」では、コミュニケーションによる社会課題解決に向けた「SDGsピースコミュニケーション」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「SDGsピースコミュニケーション宣言」を聞いていきます。

第427回 6.5 OAより 阿部広太郎 (コピーライター)

 コピーライター阿部広太郎さんが「コロナ禍におけるコミュニケーション」について語りました。コロナ禍で顕著なのは、「情報の受け取り方」。スマホに触れる時間が長くなることで、情報の波に振り回されたり、強い意見に流されてしまったりする現在。心のざわざわを防ぐためには「物事の受け取り方を自分でしっかりと持っていることが大切」と話しました。また、リモートワークで増えた「意思疎通のすれ違い」では、阿部さん自身もモヤモヤを感じたとか。新刊『それ、勝手な決めつけかもよ?』には、「自分の中で勝手に決めつけてしまう“枠組み”を取り払いたい」との思いを込めました。

AuDeeも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! https://audee.jp/voice/show/29879
中山泰秀「外交通の中山氏が国際問題を解説」【JAPAN MOVE UP】
iScream が初のバラードに挑戦!【JAPAN MOVE UP】
「Z世代の描くSDGs」平原依文(WORLD ROAD)【JAPAN MOVE UP】
頼定誠「キャンピングカーの可能性」【JAPAN MOVE UP】
永井美奈子「言葉に込める、おもてなし」【JAPAN MOVE UP】
吉田輝幸「フィジカルトレーナーが見た五輪」【JAPAN MOVE UP】