ダレノガレ明美、元保護猫の愛猫メイちゃんに「かわいい!」を連発、出会いの秘話も明かす

 モデルでタレントのダレノガレ明美が2日、都内にて「Tasty for Cats ねこのいない、ねこカフェ」発表会に登場し、惜しみない猫愛を語った。

「Tasty for Cats ねこのいない、ねこカフェ」発表会に登場したダレノガレ明美

 2月22日の「猫の日」にちなんで新大久保駅ビル「Kimchi,Durian,Cardamom,,,」で開催される期間限定カフェ「Tasty for Cats ねこのいない、ねこカフェ」のアンバサダーに就任したダレノガレ。食を通じて保護猫活動を支援する「Tasty for Cats」プロジェクトの一環として、カフェメニューの開発や猫をモチーフにしたグッズをプロデュースし「猫もカフェも大好きなので、それがひとつになったものが完成するんだ、これから作り上げていくんだと思うとすごくワクワクしました。その時からどうすれば楽しめる空間になるのかを考えていて、数カ月前からずっと動いていたので“やっとこの日がきたな”という気持ち」と感想を述べた。

 自身も保護猫活動を行なっているダレノガレは「ものごころついた頃から(側に)猫ちゃんがいたので、人間と動物ではなくて本当に“一緒の家族”というカテゴリーに入っています」といい、現在も飼い猫5匹と預かりボランティア1匹の合計6匹と暮らしている。

 今回、プロデュースしたのはカフェメニュー6品とグッズ7品。グッズはカフェ店舗とECサイトで販売され、プロジェクトの売り上げの一部が保護猫活動に寄付される。

「おうちでもよく飲んでいる『ざくろソーダ』、猫ちゃんのマークがついた『ロイヤルミルクティー』、みんな大好きだと思う『パンケーキ』、男の子がきてもがっつり食べられる『ねこカレー』(大、小)、『ホットココア』にはこの時期に家族でスキーに行くと、私は小さくてすべれなかったので、コテージでココアを飲みながら家族を見ていた思い出を再現しました」

「グッズは私がやっている『CAROME.(カロミー)』というブランドとコラボしました。筆箱にもメイクポーチにもなる『ポーチ』、『Tシャツ』(白、黒)は左袖についている猫ちゃんがワンポイント。私は乗馬をしていて、その時用のバッグが欲しくて作った『ビッグトート』……。このロゴマークもすごく迷って、私の猫ちゃんの後ろ姿をそのまま作ってくれたものになりました」

1 2 3 4 5>>>
FANTASTICSが高校生とスペシャルコラボ 2月開催のTGC 和歌山 2023で
小池都知事「東京の宝島の魅力を感じて」表参道ヒルズで東京島しょ地域の魅力を体感できるイベント開催中  
THE RAMPAGE 長谷川慎と北乃きいのロミジュリ開幕 「見たことがない感じ」
THE RAMPAGE 岩谷翔吾 武知海青 鈴木昂秀が大人と小6を行き来する舞台『PICK☆3』開幕
弱さを理解できる「性依存系女子」か、ポジティブになれる「自己肯定系女子」か? 内田理央主演『来世ではちゃんとします3』第4話〈ドラマでしゃべりたい〉
J-HOPEのデビューアルバム制作や世界的フェス出演舞台裏に迫るドキュメンタリー配信決定