ケツノポリス 7 / ケツメイシ

2011.03.14 Vol.501
ph_cd0100.jpg

J-POP ALBUM


 揺ぎ無い人気を誇り続けるケツメイシが、充電期間を経て、3年ぶりにアルバムをリリース。待ちわびていた作品はジャンルや形式といった枠を飛び越えて、ケツメイシというカテゴリーを作ってしまうほど独自の世界観を構築した。とはいえ、収録作品は、リスナーを喜ばせたり切なくさせたり、笑わせたりと抑揚もたっぷりでエンターテインメント性も兼ね備え、“ケツメイシ”らしいとしか形容しがたい。応援歌「闘え!サラリーマン」、初のバラード曲「バラード」といったおなじみの曲も収録。キラキラした新曲「S.O.S」を含め、聞き応えたっぷりのアルバムだ。



TOY'S FACTORY 3月16日(水)発売 3059円(税込)



STAR / RIP SLYME

2011.03.14 Vol.501
ph_cd0200.jpg

J-POP ALBUM


 前作『JOURNEY』から約1年9カ月ぶりとなる最新作は、RIP SLYMEの充実ぶりと前に進んでいくアブレッシブさを感じる作品。5つの強い個性をぶつけあってこれまでの枠を超え、タイトルのごとく輝く。新しいリップ、ここにあり。



ワーナーミュージック 発売中 3150円(税込)



レキツ / レキシ

2011.03.14 Vol.501
ph_cd0300.jpg

J-POP ALBUM


 Super Butter Dogや100sの池田貴史によるソロプロジェクトのセカンド。本人の好みを全開にした作品で、リスナーを楽しい歴史の旅に誘うファンキーな作品。「きらきら武士」を始め全10曲。受験勉強にもおすすめの1枚かも!?



cutting edge 3月16日(水)発売 CD DVD 3800円(税込)



大人のまじめなカバーシリーズ / 安藤裕子

2011.03.07 Vol.500

ph_cd0100.jpg


J-POP ALBUM



 カバーブームが続くなかで数え切れないほどのカバー作品が発表されているが、そのなかでもとりわけ独創的で、世界を構築した作品に新たな風を吹き込んでいるものを挙げるとしたら、安藤裕子はそのリストのトップに食い込んでくるはずだ。この作品は彼女がこれまでにシングルのカップリングとして発表してきた楽曲群に新録を加えたもの。レキシこと池田貴史をフィーチャリングした「林檎殺人事件」や、薬師丸ひろ子が歌った「Woman〜Wの悲劇〜」、小沢健二の「ぼくらが旅にでる理由」、ボーナストラックのくるりの「ワールズエンド・スーパーノヴァ」のライブバージョンなど、自然に黙って聞き込んでしまう作品ばかり。初回盤DVDには本人全曲解説を収録。さらに楽しめるので、初回盤がおすすめだ。




cutting edge 発売中 初回生産限定盤(CD+DVD)2800円、通常盤2500円(ともに税込)




Miki’s Affections アンソロジー 1986-2011 / 今井美樹

2011.03.07 Vol.500

ph_cd0200.jpg


J-POP ALBUM



 歌手デビュー25周年を迎えた今井美樹のオールタイムベストアルバム。これまでの輝きだけでなく、未来に向けてその輝きを増す彼女の姿を収録された曲それぞれから聞くことができる。代表曲「PRIDE」などCD2枚に28曲を収録した。




EMIミュージック 3月9日(水)発売 初回限定盤5250円、通常盤3600円(税込)




シーズンズ・オブ・マイ・ソウル / ルーマー

2011.03.07 Vol.500

ph_cd0300.jpg


POPULAR ALBUM



 バート・バカラックやエルトン・ジョンと、後世に残る名曲を生み出した人物たちを魅了したという、イギリスが送り出した新歌姫のデビュー作。透明感と温もりを感じる歌声の素晴らしさは音楽を生業とせずとも、一度聞けば分かる。




ワーナーミュージック 3月9日(水)発売 2180円(税込)




Copyrighted Image