扇久保が完勝で初防衛。佐藤がバンタム級新王者に【10・15修斗】

2017.10.16 Vol.Web Original
扇久保は勝利後、英語でUFC参戦アピール
「プロフェッショナル修斗公式戦」(10月15日、千葉・舞浜アンフィシアター)で4大タイトル戦が行われた。  メーンでは世界フライ級王者の扇久保博正が初防衛戦に臨み、挑戦者のオニボウズを1R4分24秒、スリーパーホールドで破り初防衛に成功した。  扇久保は左ミドルをキャッチされ、押し込まれたものの、逆にテイクダウンに成功すると、ハーフガードからパウンド、ヒジを落とし続け、オニボウズがたまらず横を向いたところでバックに移行。スリーパーホールドでがっちり絞り上げると、オニボウズはたまらずタップした。  扇久保は試合後のマイクで「もっと大きな舞台で戦っていきたい」と会場の観客にアピールした後、英語でUFC参戦をアピールした。

12・18修斗 インフィニティリーグでオニボウズが優勝

2016.12.19 Vol.680
 プロフェッショナル修斗公式戦「インフィニティリーグ2016優勝決定戦」(12月18日、東京・新宿FACE)でバンタム級トーナメントの最終戦2試合が行われ、オニボウズが北原史寛を1R2分38秒、KOで下し勝ち点12とし優勝を果たした。2位は勝ち点10の征矢貴、以下、北原(勝ち点4)、梶川卓(勝ち点2)、藤田ケオン寿大(勝ち点0)と続いた。  このリーグ戦は早いラウンドで、しかもKO、もしくは一本で勝つと高い勝ち点が与えられる形式。  昨年行われたフェザー級のリーグ戦では最終戦で2位の小蒼卓也が1R一本勝ちで勝ち点を積み重ねプレッシャーをかけると、それまでトップを走っていた岡田遼がドローに終わり順位が入れ替わるという劇的な結末となった。  この日は「オニボウズvs北原」「征矢vs藤田」が行われ、征矢と北原にも条件付きながら優勝の可能性が残される混戦模様だったが、終わってみればオニボウズが圧倒した格好となった。  先に行われたのは征矢vs藤田戦。征矢は判定勝ちでは優勝できないため、1RからKOを狙い果敢に前に出る。藤田は今リーグ戦では勝ち星がないものの、常にアグレッシブな戦いで会場を盛り上げた。この日も何度か征矢のパンチで腰を落とす場面もあったが、判定では1人が19-19をつけるなど最後まで真っ向から打ち合い、意地を見せた。

2・27修斗 復帰戦の澤田がKO勝ち「RIZIN出たい」とアピール

2016.02.29 Vol.661
 プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO GIG TOKYO VOL.20」(27日、東京・新宿FACE)のメーンで行われたフライ級戦で澤田龍人が小堀貴広を2R1分20秒、パウンドからのKOで破り勝利を収めた。  澤田は昨年7月に内藤のび太への世界フライ級王座に挑戦し敗れて以来の復帰戦。  1Rからタックルでテイクダウンに成功するとポジションをキープしパウンドで小堀を削る。2R開始早々に小堀の右フックを交わしてタックルするとリフトしてテイクダウン。小堀が下からの三角絞めを狙うが澤田は大きく担ぎ上げてバスターでクリア。そのままパウンドを落とし続けるとレフェリーが試合を止めた。  澤田は「いろいろなところでエリートっていわれていますが、そんなにエリートじゃないです。辛い時期もありました。友達、チームメートに支えられて戦っています。チャンピオンになることが恩返しだと思っているので、それをつかむまであきらめません」と挨拶。そして「時分もRIZINに出たいので、出られるように努力します」とアピールした。

修斗 神酒龍一が世界バンタム級王座獲得

2013.11.10 Vol.603
 プロフェッショナル修斗の公式戦が9日、東京・後楽園ホールで開催された。メーンでは世界バンタム級チャンピオン決定戦が行われ、神酒龍一が飛猿☆№2を5R3-0の判定で破り、悲願だった世界のベルトを腰に巻いた。
 この一戦は7月27日に行われた決定戦の再戦。そのときは5Rをフルに戦い1-1のドローに終わり、タイトルはコミッション預かりとなっていた。
 前回の対戦では1Rから飛猿がタックルからのテイクダウンでグラウンドを有利に進め主導権を握ったが、今回は神酒がほとんどテイクダウンを許さず、激しい打撃戦が展開された。1Rこそ飛猿の左フックでフラッシュダウンを喫した神酒だったが、2R以降はプレッシャーをかけ続け、左右のパンチで飛猿に大きなダメージを与えた。飛猿のタックルにもしっかり対応し、テイクダウンを許してもすぐに立ち上がり、主導権を渡さなかった。
 試合は判定となったが3人のジャッジがともに49-46をつけ、神酒が完勝。
 念願のベルトを巻いた神酒は「1人の人間と10Rも戦うなんて…長かったです。修斗のベルトをようやく手にしました。でもこれで終わりではないんです。これは自分を応援してくれたみんなのお陰で取れたベルト。このベルトを守るためにもっと強くなります」と力強く宣言した。

Copyrighted Image