SearchSearch

ザ・ギース尾関高文「“カープの黄金期はまだ始まっていない。 これから始まるんだ”と二宮清純さんが言ってました」

2017.10.27 Vol.699

 今年のプロ野球はセ、パともにほぼ独走で広島とソフトバンクがリーグ優勝を果たし、10月14日からクライマックスシリーズ(CS)に突入する。すっかり「カープ芸人」としておなじみとなったザ・ギースの尾関高文に今年の広島の戦いっぷりを振り返ってもらい、来るCS、そして日本シリーズの展望を聞く。

いろんな意味で話題が豊富すぎる『CARP SOURCE〜ジャズピ味〜』CarpLovers+

2016.09.12 Vol.674

 鎌田雅人、小林俊太郎、山元淑稀、Shifoという数々のヒット曲を世に送り出してきた4名のサウンドプロデューサーからなる「CarpLovers+(カープ・ラヴァーズ・プラス)」による、カープ愛あふれるピアノ・インストの決定盤。

 彼らは2014年、自ら関係各所に交渉をして、公式応援歌など公式応援歌全曲をカバーするアルバムの制作に入った。今年6月にはリリースの準備が整ったが、「今年は絶対に優勝する!」とあえて9月まで待ってのリリースとなった。カープファンなら必ず持っておきたい必聴の1枚。

[JAZZ ALBUM]ウルトラ・カープ・レコーディングス 発売中 1500円(税別)

ザ・ギース尾関高文に聞く 「今年のカープ」と野球の楽しみ方

2016.03.14 Vol.662

 昨年の「キング・オブ・コント」で7年ぶりのファイナリストとなったザ・ギースの尾関高文。“カープ芸人”としても知られる尾関に昨年に引き続き今年のカープのこと、そして野球の楽しみ方を聞く!!

「選手にプレッシャーを感じずにのびのびと
プレーしてほしい」心優しきカープ芸人

2015.03.22 Vol.639

「アメトーク」出演を始め、「カープ芸人」として有名なTHE GEESE(ザ・ギース)尾関高文。今や「カープを語らせたら右に出る者はいない」といっても過言ではない!? そんな尾関は今シーズン注目の選手についてはこう語る。「プレッシャーを感じずのびのびプレーをしてほしいのでホントは言いたくないんですが……、やっぱり黒田ですかね」

 今シーズンのカープといえば、8年ぶりに日本へ復帰した黒田博樹。オープン戦でも、圧倒的な存在感を示した。

「オフシーズンになると黒田の“帰ってくる詐欺”の時期だなって、ファンの間では一種の風物詩になっていたんですよ。これはもちろん深すぎる愛情の裏返し。期待しすぎるとダメだった時のショックが大きくて立ち直れなくなりますから。今年もそうだと思っていた分、帰ってくるとなった時の喜びは相当でしたね」

 もう1人、古巣へ復帰といえばかつての本塁打王、新井貴浩も注目だ。

「カープファンの間では有名な話ですが、8年ぶりに戻ってきて地元の公園でキャッチボールしていたら管理人に追い出されちゃったんです。カープの一押しスターも今は気付いてもらえず…って(笑)。でもムードメーカー的な存在で慕われていますね。一度は阪神にいってしまったんだけど、気付いたらみんなまた受け入れている。この感覚がカープファンのいいところかもしれませんね、痛みを忘れるというか(笑)」

 カープ戦の特徴といえば、応援席を真っ赤に染める熱狂的な応援と、最近話題のカープ女子だ。

「真っ赤に染まるスタンドで、赤の塊の躍動感を感じることで、野球ファンだけでなく、野球ビギナーも楽しめると思います。本当にお祭りみたいなんで! あとはユニフォームを着ている“カープ女子”もすごく可愛いんで、男性はそちらも見てください(笑)。とにかく気軽にふらっと来て、夜の球場のにおいとか、風や夏のにおいを感じてほしいですね。広島観光の際は、カープ観戦も行程に入れることをおすすめします! すぐ予約でいっぱいになっちゃうかもしれないけど、ビッグテラス席ではバーベキューをしながら野球が見られるんですから」

 仕事と天王山の試合が被ったら迷わず試合を見に行くという尾関。ファンの熱が最高潮に達しつつある広島東洋カープから、今シーズンは特に目が離せない。

Copyrighted Image