SearchSearch

カードとネットで対戦の新感覚ゲーム「ガンダムデュエルカンパニー」

2014.08.02 Vol.623

 トレーディングカードとブラウザゲームで遊ぶ、世界でひとつだけのガンダムゲーム『ガンダムデュエルカンパニー』のPC向け正式版、そして商品第一弾『ガンダムデュエルカンパニー01』が7月24日、世界同時公開&発売された。今後、スマートフォン向けの正式版も順次配信の予定だ。

 世界最強の指揮官を目指すゲーム。遊び方は、PCやスマートフォン、タブレットから会員登録をした上で、お店で購入したカードのシリアルコードを登録して遊ぶ。ゲームでは3×3マス目にモビルスーツとパイロットのカードを配置して小隊を編成。機動力や戦略などを考えながら、自分だけのMS部隊を編成して出撃する。それぞれの関係性や所属軍、製造メーカーなどの組み合わせによってコンボも発動するなどファン心をくすぐる。カードは、「モビルスーツ」と「パイロット」がある。イラストは描きおろしで、全103種。カードをコレクションするだけでも120%楽しめる。

ガンダムが動く!「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」始動

2014.07.09 Vol.621

「ガンダムが動く!」これはアニメの中の話ではなく現実の話。30周年記念としてお台場に登場したガンダム立像(18m)を、2019年の40周年にむけて動かそうといった新しいプロジェクトが発表された。プロジェクト名は「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」。

「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」は“夢に挑戦、ガンダムが動く、世界が動く”をテーマとしており、ガンダムを動かすアイデアは一般公募する。これは一般公募することによって、ガンダムを動かすまでの過程もエンターテインメントにして盛り上げていく意図だ。総合的なアイデアにかぎらず部分的なアイデアでも応募が可能。7月下旬に公式サイト(http://gundam-challenge.com)で募集要項を公開し、最終締め切りは2015年2月27日。アイデアが採用された人には研究開発費が付与される予定だ。

 そして今回のプロジェクトは、ガンダムを物理的に動かすことを目的とした「リアルエンターテインメント部門」と、視覚効果を活用してガンダムを動かす「バーチャルエンターテインメント部門」という2部門での募集となる。 

 発表会には、ガンダム35周年記念作品のひとつ『ガンダム Gのレコンギスタ』を製作中の富野由悠季監督が登場。
「アイデアを一般公募することで、今まで観客・鑑賞者だった人を巻き込めるかもしれない。しかし、自分は72歳なんで、5年後どうなっているのか…(笑)」。

 発表会にはガンダムコンピレーション・アルバムにも参加したSUGIZO氏、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の原作を手がけた福井晴敏氏、早稲田大学ヒューマノイド研究所の橋本周司氏なども参加。発表会後半では「ガンダムを動かすことと技術の進化について」をトークテーマにパテルディスカッションも行われた。

35周年プロジェクト始動!ガンダムが花柄に!?

2014.03.21 Vol.613

 1979年にTVシリーズをスタートした『機動戦士ガンダム』が、今年で35周年を迎えた。これを記念して「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」を始動。コンセプトは「RISE! ー世界は動いている」とし、次へのステージを向けて挑戦を始める。
Anniversary GUNDAM × 3
 第一弾は「機動戦士ガンダムUC episode 7『虹の彼方に』」。これまでepisode 6まで発表されているOVAシリーズが、今作をもってシリーズ完結となる。Blu-ray Disc先行販売は5月17日かで、Blu-ray DiscとDVDの一般発売は6月6日。
 第二弾『ガンダム Gのレコンギスタ』。「機動戦士ガンダム」をはじめガンダムシリーズ作の総監督を務めてきた富野監督の最新作。物語はこれまでの「宇宙世紀」の次となる世紀「リギルド・センチュリー」を舞台に、宇宙エレベーターを守る組織キャピタルガードのパイロット候補生ベルリ・ゼナムの冒険を描いたものとなる。
 3本目が2015年春にイベント上映予定となる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』。「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインを務めた安彦良和さんによるコミック作品「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の初のアニメ化作品となる。全4話でイベント上映予定。
中田ヤスタカ × ガンダム 35th
「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」の記念テーマソングを中田ヤスタカ(CAPSULE)が担当し、「G35(ジーサーティーファイブ)」と題し、すでに完成しており重厚さと予兆を感じさせる楽曲に仕上がっている。

機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM
 ファーストガンダムと呼ばれる第一作「機動戦士ガンダム」をメインに新作映像を体験シアターなど、原画や資料を約1000点展示。大阪、東京にて7月より。

AnimeJapanがステージプログラムを発表

2014.01.22 Vol.609
20140122b.jpg
 3月22、23日に開催される『AnimeJapan 2014』は22日、ステージプログラム第一弾を発表した。新作発表、トークイベント、ライブなど、2日間にわたって3つのステージで42のプログラムが行われる。

 発表されたプログラムには、『黒執事 新情報発表会』、『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダーズ』『機動戦士ガンダムシリーズ 発表会』、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」トークショー』、さらには『ランティス15周年ライブステージ』など、人気の作品を始め、最新アニメに関する情報やコンテンツが満載だ。

 ステージ観覧事前応募権付きの入場券は25日発売。詳細は公式サイト(http://www.anime-japan.jp)で。

ゴールデンウイーク in TOKYO 話題の新施設は屋上に注目!

2012.04.23 Vol.549


ph_tokyo0100.jpg


劇場型都市空間 ダイバーシティ東京




ph_tokyo0101.jpg


ファッションテーマパーク 東急プラザ 表参道原宿



 大型連休を控え、都内で新商業施設が次々にオープンしている。18日に表参道と明治通りの交差点に東急プラザ 表参道原宿が、19日にお台場にダイバーシティ東京 プラザが開業。26日には、渋谷ヒカリエもオープンする。新たなランドマークの出現で東京が活気づいている。
 各施設には、初上陸のアパレルブランドを始め、雑貨、フード、アミューズメントなどさまざまなテナントが入居しているが、注目は屋上の使い方。癒しの場として、またライフスタイルの一部として機能する空間が作られている。
 ファッションテーマパークと銘打った、東急プラザ 表参道原宿の屋上は、「おもはらの森」。すり鉢状の広場で、樹木や50種類以上の野草が配された"都会の森"だ。「おもはらの森」には、カフェやレストランからもアクセスできるが、買い物客に限らず、誰でも利用できるパブリックな憩いの場になっている。
 ガンダムが象徴的な複合施設ダイバーシティ東京。その商業施設部分の屋上には、都内最大級のレンタル農園「都会の農園」(http://www.city-farm.jp/)がオープンしている。普段の生活に農業を取り入れる人が増加するにつれて、都内にもさまざまなレンタル農園が生まれているが、東京湾、そしてフジテレビの社屋を真横にみながら、土を耕し、野菜を育み、収穫できるのはここだけだ。
 所定の入会金と会費には、クラブハウス、共同の道具、水道、電気などの利用料金が含まれている。オプションで散水などのサポートもあるので、毎日に世話ができなくても農業を楽しめそうだ。
 新施設をチェックするなら、屋上にも上ってみては? 新しい発見があるかも。

お台場にガンダム再登場!

2012.04.17 Vol.548
20120417a.jpg
   19日にオープンするお台場の新複合施設「ダイバーシティ東京」が17日、メディア向けに公開された。

   商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」は、劇場型都市空間をコンセプトに、ショッピング、アミューズメント、エンターテインメント、グルメといった要素が詰め込まれている。その象徴的な存在がガンダム。世界初となる常設型エンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」が登場。フェスティバル広場に実物大のガンダムが立ち、その姿を眺めながらリラックスできるガンダムカフェも出展している。

(C)創通・サンライズ

J-アニソン神曲祭り / DJ 和 in No.1 胸熱MIX

2012.02.13 Vol.541

ph_cd0300.jpg


MIX ALBUM



 J-POPの名曲をミックスした『J-ポッパー伝説』シリーズで日本由来の現代的なサウンドをつないできたDJ 和。昨年は一転、日本のロックをテーマに掲げ話題を集めたが、今度はアニメソングを素材に選んだ。『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』や『鋼の錬金術師』といった殿堂入りタイプの作品をはじめ、『らき☆すた』『魔法少女まどか☆マギカ』まで全46曲をノンストップでリミックス。




アソシエイテッド 発売中 2520円(税込)




Copyrighted Image