筧美和子、坊主頭は「頑張ります」?

2015.10.21 Vol.652
 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のブルーレイ&DVDリリースを記念し、20日、都内で“MAD音”試写会が行われ、筧美和子と映画パーソナリティーのコトブキツカサが出席、同作の魅力を語った。  劇中でシャーリーズ・セロンが演じるフュリオサを意識した衣装で登場した筧は「ワイルド。野性的な気分になります」。フュリオサについて「坊主頭がかっこいい。こんな女性がいるのかと驚きました」と瞳を輝かせたが、オファーが来たら坊主頭にするかと聞かれ及び腰に。コトブキが「…そこはするって言っておいたほうが…」と突っ込むと、「そういう話が来たら頑張りたいと思う」と言い直し、笑いを誘った。  映画本編について筧は「ただただすごかった。最初から最後までドキドキが止まらなかったです」とコメント。これまではアクションやワイルドな映画は避けがちだったそうだが、一緒に見た姉に「うるさいなといわれるほど」楽しんだという。なかでも、主人公のマックスを演じるトム・ハーディーの唇にクギづけになったといい「小鳥っぽいんですよ。タイプの唇でそこに目がいってしまいました」と、話した。  コトブキは同シリーズが好きと語りつつも、「(この作品についての)イベントもやって来てるんですが、自分よりもお客さんのほうが知っている」と控えめだった。とはいえ、同作品が映画におけるカーアクションに多大な影響を与えていると熱弁、DVDとブルーレイに収められている特典映像の素晴らしさもとくとくと語った。「映画界におけるエポック。ぜひ体感して」とPRした。

長州力×紅蘭が異色タッグでDVDをPR

2013.06.25 Vol.594
 プロレスラーの長州力がDVD『パーフェクト・ヒート』の応援団長に就任。24日、都内でイベントが開催された。長州がこういった形で“応援団長”となるのは初めてということもあって、俳優・草刈正雄の長女でダンサーの紅蘭がお祝いに駆けつけ、2人で“ヒート”をテーマにトークショーを行った。
 長州は実は映画好き。同作主演のミッキー・ロークについても「以前は見たことがなかったんですが『レスラー』という映画を見てから、彼の過去の作品も見るようになった」という。もっとも最近ではなかなか劇場に足を運ぶことができず、「デッキの調子が悪い」とのことで、もっぱらテレビでの映画鑑賞になっているという。
 また司会を務めた映画パーソナリティーのコトブキツカサには「かつて長州さんに映画心理分析をしたとき、“シリーズものはダメです”って言ったのに“ゴッドファーザーの1、2、3”と言われちゃいました」とも暴露された。
 紅蘭は先日放送された『有吉反省会』でその強烈な個性をいかんなく発揮。放送後、「ブログのアクセスが30倍になった」という現在人気急上昇中のダンサー。
 長州とは同番組で共演し、今回は2度目。長州については「(男性として)めっちゃ好きです。超接しやすいし。リングの上では怖いといったイメージがあるのかもしれないけど、私は知らなかったので」と語ると、同じくらいの娘がいるという長州は終始照れ笑い。プロレスファンが聞いたら心臓が止まりそうな紅蘭のぶっちゃけトークにも「いや~しっかりしてますよ」と父親目線!?で目を細めていた。

Copyrighted Image