ゴールドバーグがストローマンに敗れユニバーサル王座から陥落【WWE レッスルマニア】

2020.04.05 Vol.Web Original

前日の対戦相手変更が仇? ランニング・パワースラムに沈む

 WWE「レッスルマニア36」1日目(日本時間4月5日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で王者ゴールドバーグと“巨獣”ブラウン・ストローマンがユニバーサル王座をかけて対戦した。  当初、挑戦者はローマン・レインズの予定だったが前日になってストローマンに変更。激戦必至のヘビー級対決となったこの試合でゴールドバーグは必殺のスピアー3連発をストローマンに叩き込むもカウント2。さらにゴールドバーグは追撃のスピアーをストローマンに決めると勝利を確信するように雄叫びを上げた。  しかし、ゴールドバーグが続けて狙ったジャックハマーが不発となると、今度はストローマンがパワースラム3連打をゴールドバーグに叩き込み、最後はランニング・パワースラムでゴールドバーグに止めを刺して3カウント。ストローマンが見事ゴールドバーグを破って悲願のユニバーサル王座を戴冠した。

レッスルマニアのユニバーサル王座戦がゴールドバーグvsブラウン・ストローマンに変更【WWE】

2020.04.04 Vol.Web Original

当初はローマン・レインズとの対戦を予定

 PPV「レッスルマニア36」(現地時間4月4、5日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)でユニバーサル王座戦を行う王者ゴールドバーグの対戦相手がブラウン・ストローマンとなることが4月4日、発表された。当初はローマン・レインズが挑戦することが発表されていた。  ストローマンは現地時間1月31日に中邑真輔を破り、WWEで自身初のベルトとなるIC王座を獲得。3月8日のPPV「エリミネーション・チェンバー」でサミ・ゼインにIC王座は奪われたが、史上初の2日間に渡り行われる祭典で頂点に上り詰める大きな機会を得た。 「レッスルマニア36」は日本では4月5、6日にWWEネットワークで配信される。J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。

レッスルマニアで対戦するゴールドバーグとレインズが調印式でにらみ合い【3・20 WWE】

2020.03.21 Vol.Web Original

「レインズが俺と対戦する度胸があると思わなかったよ」

 WWEのPPV「レッスルマニア36」で激突するユニバーサル王者ゴールドバーグとローマン・レインズが「スマックダウン」(現地時間3月20日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で行われた調印式に登場した。  ゴールドバーグは用意してあった椅子を投げ飛ばし「レインズが俺と対戦する度胸があると思わなかったよ」と挑発。すると、レインズは「俺はジョン・シナ、トリプルH、レスナー、アンダーテイカーと強敵たちを倒してきた。今回も同じだ」と言って契約書にサイン。これにゴールドバーグも「レッスルマニアではお前が次の犠牲者になる」と勝利宣言をして契約書にサインするとテーブルを投げ飛ばし、レインズとにらみ合って火花を散らした。  PPV「レッスルマニア36」(現地時間4月4、5日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)は日本では4月5、6日にWWEネットワークで配信される。

「レッスルマニア36」でゴールドバーグvsレインズのユニバーサル王座戦【WWE】

2020.02.29 Vol.Web Original

ゴールドバーグの「次は誰だ?」にレインズが登場

 WWE「スマックダウン」(現地時間2月28日、マサチューセッツ州ボストン/TDガーデン)のオープニングにゴールドバーグが登場した。  ゴールドバーグは前日に行われた「スーパー・ショーダウン」で“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットを破って新ユニバーサル王者となった。  ゴールドバーグは「誤解するなよ。“誰だった?”ではなく“次は誰だ?”」と問いかけるとそこに現れたのは“ビックドッグ”ことローマン・レインズ。リングでゴールドバーグと対峙したレインズは「次は俺だ!」と告げると2人のユニバーサル王座戦がPPV「レッスルマニア36」(4月5日、フロリダ州タンパ/レイモンド・ジェームス・スタジアム)で決定した。「レッスルマニア36」は日本では4月6日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

ゴールドバーグが“ザ・フィーンド”破り新ユニバーサル王者に【2・27 WWE】

2020.02.28 Vol.Web Original

最後は必殺のジャックハマー

 WWE「スーパー・ショーダウン」(現地時間2月27日、サウジアラビア・リヤド/インターナショナル・アリーナ)で“超人類”ことゴールドバーグが王者“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットとユニバーサル王座をかけて対戦した。  両者がリング中央でにらみ合うとゴールドバーグが一瞬の隙を突いてスピアーで先制すれば、“ザ・フィーンド”もマンディブルクローで捕まえて反撃し、序盤から激しい攻防を展開。  さらにゴールドバーグがスピアー3発を叩き込むと“ザ・フィーンド”も再びマンディブルクローで反撃を試みる。しかし最後はゴールドバーグが必殺のジャックハマーを豪快に決めて“ザ・フィーンド”から3カウントを奪取。これまで圧倒的強さを誇っていた無敗の“ザ・フィーンド”が敗れ、ゴールドバーグが新ユニバーサル王者となった。

ゴールドバーグが王座戦を前に“ザ・フィーンド”にスピアー炸裂【2・22 WWE】

2020.02.22 Vol.Web Original

2・27「スーパー・ショーダウン」で対戦

 WWE「スマックダウン」(現地時間2月21日、アリゾナ州グレンデール/ヒラ・リバー・アリーナ)でPPV「スーパー・ショーダウン」で激突する“超人類”ゴールドバーグとユニバーサル王者“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットがリングで対峙した。 “コールドバーグ”チャントが起こる中、火花が交錯するゲートから勇ましく登場したゴールドバーグは「戻って来たぞ!“ザ・フィーンド”お前が何者だとしても俺は準備万端だ」と大一番への意気込みを見せると、会場ビジョンに現れたワイアットには「お前からユニバーサル王座を奪ってやる」と王座奪取を宣言した。  これに対してマイペースのワイアットは「お互いを知ったほうがいい」と自身の仲間を紹介し始め、最後に「ゴールドバーグにすごく会いたがってる仲間がいる」と言うと突如会場は暗転。暗闇から “ザ・フィーンド”ワイアットが現れたが、ゴールドバーグが必殺のスピアーを炸裂させると“ザ・フィーンド”ワイアットは再び暗闇へと消え去った。 “ザ・フィーンド”ワイアットvsゴールドバーグのユニバーサル王座戦が行われるPPV「スーパー・ショーダウン」(現地時間2月27日、サウジアラビア・リヤド/モハメド・アブドゥ・アリーナ)は日本では2月27日深夜にWWEネットワークでライブ配信される。

「スーパー・ショーダウン」でゴールドバーグvs“ザ・フィーンド”ワイアットが決定【2・7 WWE】

2020.02.09 Vol.Web Original

ゴールドバーグが王座戦に興味

 WWE「スマックダウン」(現地時間2月7日、カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)で“超人類”ゴールドバーグと“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットの対戦がPPV「スーパー・ショーダウン」(現地時間2月27日、サウジアラビア)で行われることが決まった。  この日、自宅からの中継で登場したゴールドバーグは「ロイヤルランブルを息子と見たが、とても刺激的だった。WWE王者のレスナーは試合が決まっているが、ユニバーサル王座はどうだろう」と王座戦に興味を示すと突如、ブレイ・ワイアットがニュースキャスターのように会場ビジョンに登場。  ワイアットは「速報です。ゴールドバーグがユニバーサル王座への挑戦を考えているとのこと。悪いニュースとしては“ザ・フィーンド”はこれを受諾するということだ」とゴールドバーグの挑戦を快諾すると、これにゴールドバーグは「ユニバーサル王座を奪ってやる。“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット、次はお前だ!」と決め台詞を言い放って2人の王座戦が決定した。 “ザ・フィーンド”vsゴールドバーグのユニバーサル王座戦が行われる「スーパー・ショーダウン」は日本では2月27日深夜にWWEネットワークでライブ配信される。

ゴールドバーグがジャック・ハマーでジグラー粉砕【8・11 WWE】

2019.08.12 Vol.Web Original
試合後に理不尽アピールのジグラーにとどめのスピアー
 WWEの真夏の祭典「サマースラム」(現地時間8月11日、カナダ・オンタリオ州トロント/スコシアバンク・アリーナ)で“超人類”ゴールドバーグがドルフ・ジグラーと対戦した。  会場から“ゴールドバーグ”チャントが起こると控室から火花が交錯するステージに姿を現したゴールドバーグはリング中央でジグラーと睨み合うも、いきなりジグラーがスーパーキック2発をクリーンヒット。  さらに追撃を狙ったジグラーだったが、ゴールドバーグがスピアーを炸裂させてジグラーの動きを止めると、最後は豪快なジャック・ハマーでマットに叩き付けて勝負あり。ゴールドバーグが3カウントを奪ってジグラーに完勝した。  しかし試合後、完敗したにもかかわらずジグラーが「男らしく俺と向かい合う度胸がない」と虚勢を張ると、ゴールドバーグは再びスピアーを叩き込んでジグラーを完全KOした。

ゴールドバーグが「サマースラム」でジグラーと対戦【8・5 WWE】

2019.08.06 Vol.Web Original
ミズからゴールドバーグに対戦相手が変更
「サマースラム」(現地時間8月11日、カナダ・トロント/スコシアバンク・アリーナ)で対戦が決定しているザ・ミズとドルフ・ジグラーの調印式が「ロウ」(米国現地時間8月5日、ペンシルベニア州ピッツバーグ/PPGペインツ・アリーナ)で行われた。  調印式はロウ・エンディングのミズTVで行われ、ホストのミズがショーン・マイケルズとジグラーを呼び込む。  ジグラーは「俺は試合に勝って生きる伝説として称賛されるだろう」と契約書にサイン。しかし、ミズが「契約書に書かれている対戦相手は俺じゃない」と告げると、マイケルズも「俺じゃない」と否定。  すると会場に突如ゴールドバーグが登場して契約書にサインをすると、場外に逃げたジグラーに対して「ジグラー! 次はお前だ」の決め台詞を放った。

アンダーテイカーがゴールドバーグとの初対決を制す【6・7 WWE】

2019.06.08 Vol.Web Original
最後は必殺のチョークスラム
 WWEのサウジアラビア大会「スーパー・ショーダウン」(現地時間6月7日、ジェッダ/キング・アブドゥッラ・スポーツシティ・スタジアム)で“デッドマン”ジ・アンダーテイカーと“怪物”ゴールドバーグの20年越しの初対決が実現し。アンダーテイカーがチョークスラムでゴールドバーグを仕留めて激戦を制した。  鐘の音と共にリングに姿を現したアンダーテイカーは鬼の行相でゴールドバーグをにらみ付けると、ゴールドバーグは首をかっ切るポーズで挑発し、いきなりスピアー2連発で先制攻撃。しかし、アンダーテイカーはムクっと起き上がると、反撃とばかりにチョークスラムからツームストーン・パイルドライバーを決めるもカウント2。続けてゴールドバーグがスピアーからジャックハマーを放つも決定打とはならず、最後はアンダーテイカーがチョークスラムでゴールドバーグを沈めて3カウント。大物同士の初対決はアンダーテイカーの勝利で幕を下ろした。

ゴールドバーグとアンダーテイカーが決戦直前リング上でにらみ合い【6・4 WWE】

2019.06.05 Vol.Web Original
ゴールドバーグが「次はお前が静かに眠る番だ!」
 WWEのサウジアラビア大会「スーパー・ショーダウン」(6月7日、サウジアラビア/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ)で対戦するゴールドバーグとジ・アンダーテイカーが6月4日(現地時間)、テキサス州ラレドのセイムス・オート・アリーナで開催された「スマックダウン」のリング上でついに対峙した。  前日の「ロウ」にはアンダーテイカーが何の前触れもなく降臨。「ゴールドバーグ、次はお前だ! 静かに眠れ」と挑発していた。  この日は控室からセキュリティーを引き連れてスマックダウンに登場したゴールドバーグが「20年待っていたアンダーテイカーとの一騎打ちが実現する。金曜日はどちらが強いか分かるだろう。次はお前が静かに眠る番だ!」とアンダーテイカーを挑発した。  すると突如、会場が暗転して鐘の音が鳴り響くと、アンダーテイカーがゴールドバーグの背後に登場。無言のまま両者激しくにらみ合うとアンダーテイカーは再び闇の中に消え去った。

Copyrighted Image