新王者サーシャとベイリーの王座リマッチが次週のスマックダウンで決定【WWE】

2020.11.01 Vol.Web Original

ベイリー「13日間の短い王座を楽しむといいわ」

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月31日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で新スマックダウン女子王者サーシャ・バンクスとベイリーの王座リマッチが次週のスマックダウンで決定した。PPV「ヘル・イン・ア・セル」で新王者となったサーシャがリングに登場すると、「ベイリーの大事な王座を奪ってやった。そして、サバイバー・シリーズではアスカと1対1で対決して私がベストだと証明する」とロウ女子王者アスカとの王者対決に触れた。  するとそこへ因縁のベイリーが姿を現すと「私は歴史上最長の380日間SD女子王座を保持したのよ。分かってると思うけど、私がコーナーにいなければアスカに勝てない。次週、私が王座にチャレンジするから13日間の短い王座を楽しむといいわ」と王座挑戦を宣言した。  これにサーシャは「面白いわね。でも決して私には勝てないから全力を出すといいわ」と余裕を見せて王座挑戦を受け入れると、2人はにらみ合って火花を散らした。サーシャvsアスカの王者対決が行われるPPV「サバイバー・シリーズ」は日本時間11月23日にWWEネットワークで配信される。

中邑真輔&セザーロが王者ストリート・プロフィッツに苦杯【WWE】

2020.11.01 Vol.Web Original

中邑が3カウント取られる

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月31日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で中邑真輔&セザーロがスマックダウンタッグ王者ストリート・プロフィッツ(アンジェロ・ドーキンス&モンテス・フォード)とタッグ戦で激突した。  序盤、中邑がハイキックでドーキンスに攻め込めば、フォードがトペ・コンヒーロで中邑に反撃して白熱の攻防を展開。さらに中邑がスピンキックやハイキックをドーキンスに決めるとセザーロが中邑と連携したパワースラムで追い込むもフォードがカットに入ってカウント2。続けてセザーロがドーキンスにクローズラインで攻め込んだが、最後は中邑がドーキンスのスーパープレックスに捕まると、フォードにフロッグ・スプラッシュを決められて3カウント。中邑&セザーロは連携攻撃で王者を追い詰めるも、無念の苦杯を喫した。

オーエンズとジェイが「サバイバー・シリーズ」のチームスマックダウン入り【WWE】

2020.11.01 Vol.Web Original

ジグラーとブライアンが脱落

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月31日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)でPPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗5対5エリミネーション戦に出場するチームスマックダウンメンバーを決める予選が行われた。  男子ではケビン・オーエンズ、ジェイ・ウーソ、女子ではビアンカ・ブレアが予選を突破してチームスマックダウン入りを決めた。  オーエンズは予選でドルフ・ジグラーと激突すると、ロバート・ルードの妨害を受けながらもオーエンズがスタナーでジグラーを沈めて勝利。ジェイは対戦したダニエル・ブライアンをフロッグ・スプラッシュで撃破してチームスマックダウン入りを決めると、“トライバルチーフ”ローマン・レインズの指示で試合後もブライアンに暴行を加えた。

サーシャがベイリーとの元盟友対決を制してスマックダウン女子王座を初戴冠【WWE】

2020.10.26 Vol.Web Original

パイプ椅子に噛みつきと憎悪むき出し

 WWE「ヘル・イン・ア・セル」(日本時間10月26日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で王者ベイリーと“ボス”サーシャ・バンクスがスマックダウン女子王座ヘル・イン・ア・セル戦(金網戦)で激突。サーシャが死闘を制して初戴冠となる新スマックダウン女子王者となった。  復讐に燃えるサーシャはパイプ椅子で襲い掛かるベイリーにドロップキックを放つとハリケーン・ラナからいきなりバンク・ステートメントを決めたが、ベイリーはサーシャの手に噛みついてこれを回避。そしてサーシャを金網に叩きつける。

レインズが挑戦者ジェイに“アイ・クイット”戦での一族追放を予告【WWE】

2020.10.24 Vol.Web Original

ジェイの不意打ちに怒り心頭

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月24日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)でユニバーサル王者ローマン・レインズがPPV「ヘル・イン・ア・セル」の“アイ・クイット”戦で対戦する従兄弟ジェイ・ウーソに一族追放を予告した。  王者レインズがポール・ヘイマンと共にエンディングのリングに登場すると、会場ビジョンに双子の兄ジミー・ウーソが登場してレインズを挑発。さらに弟のジェイがレインズに背後からの奇襲を仕掛けると、スーパーキックからウーソズ・スプラッシュを叩き込んだ。

オーティスとミズのMITB権利書争奪戦が法廷で決定【WWE】

2020.10.24 Vol.Web Original

「ヘル・イン・ア・セル」で対戦へ

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月24日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で、MITBブリーフケースを巡って抗争するMr. MITBのオーティスとミズ&ジョン・モリソンが“ロー&オーティス”と題した法廷で対決した。  JBLが裁判官、ファルークが法定職員を務める中、ミズがMITBブリーフケースの権利を主張すると、オーティスは「MITBブリーフケースはMITBラダー戦で勝利した俺が持っているべきだ」と反論した。この発言にミズの弁護士が「良い意見だ」と同意を示すと、ミズは自身の弁護士を解雇。さらに証人として共にラダー戦を戦ったレイ・ミステリオが「オーティスが勝者だからいつでもキャッシュインできるようにすべき」と主張すれば、アスカも「私、ミス・マネー・イン・ザ・バンクとしては彼は正々堂々と勝ったんやからいつでもキャッシュインできるはずや」と大声でオーティスの味方をした。  さらにタッカーが「オーティスはミズをやっつけることにフォーカスしている」と言ってミズと舌戦を展開すると、裁判官のJBLは判決として「キャッシュインの権利は1年間有効だ」と伝えた。  しかし、ミズが「証拠を出し忘れたから待ってくれ」と懇願して現金の入ったブリーフケースをJBLに渡すと、突如JBLは豹変してオーティスとミズにPPV「ヘル・イン・ア・セル」でMITBブリーフケースをかけて対戦するように言い渡した。オーティスvsミズのマネー・イン・ザ・バンク権利書争奪戦が行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間10月26日にWWEネットワークで配信される。

サーシャが元盟友の王者ベイリーに王座奪取と因縁決着を宣言【WWE】

2020.10.24 Vol.Web Original

リングでアピール中のベイリーの前にサーシャが登場

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月24日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で“ボス”サーシャ・バンクスが先週の調印式でサインを拒否したスマックダウン女子王者ベイリーを強襲し、サインを強要した上で王座奪取と因縁決着を宣言した。  王者ベイリーがリングに登場すると「今日インタビューを受けたが、くだらないサーシャの質問ばかり。サーシャが怖いだって? サーシャは王座挑戦に値しないだけよ」と元盟友のサーシャを侮辱した。するとそこへ調印書を持ったサーシャが姿を現してサインを要求したが、ベイリーはパイプ椅子で襲い掛かって抵抗。

中邑&セザーロがタッグ王者を追い詰めるも8人タッグ戦で無念の敗戦【WWE】

2020.10.24 Vol.Web Original

乱闘から8人タッグに発展

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月24日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で中邑真輔&セザーロがドルフ・ジグラー&ロバート・ルードとタッグを組んで、ケビン・オーエンズ&ダニエル・ブライアン&ストリート・プロフィッツ(モンテズ・フォード&アンジェロ・ドーキンス)と8人タッグ戦で激突した。  ブライアンがオープニングでオーエンズのKOショーにゲスト出演すると、スマックダウンの将来について語った。オーエンズは「IC王座は毎週防衛戦を行ったほうがいい」と主張すれば、オーエンズは「俺はタッグ王者になったことがないからブライアンとのタッグはどうだろう? 名前はチーム・ヘルKOだ」と妄想を膨らました。するとそこへジグラー&ルード、スマックダウンタッグ王者ストリート・プロフィッツ、中邑&セザーロが次々に現れる。    中邑&セザーロが「俺たちがこれまでタッグ部門を率いてきたんだぞ」と難癖を付け襲い掛かると乱闘となり8人タッグ戦に発展。

王者レインズが“巨獣”ストローマンと従兄弟ジェイを失神KO【WWE】

2020.10.17 Vol.Web Original

ギロチンチョークでストローマンを沈める

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月17日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で王者ローマン・レインズと“巨獣”ブラウン・ストローマンがシーズンプレミアとなるスマックダウンでユニバーサル王座をかけて激突した。  序盤、レインズはスーパーマンパンチで先制すると、鉄製ステップや解説席にストローマンを叩きつけて試合を優勢に進めたが、ストローマンもランニング・ショルダータックルでレインズを吹き飛ばして反撃。さらにストローマンが豪快なチョークスラムを放って追い詰めるも、レインズはカウント2で肩を上げてストローマンにローブロー攻撃。これで形成逆転したレインズはスピアーからギロチンチョークでストローマンを沈めて王座防衛に成功した。

中邑&セザーロがニュー・デイのフェアウェル戦で報復ならず【WWE】

2020.10.17 Vol.Web Original

最後の試合のニュー・デイを中邑が挑発

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月17日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で中邑真輔&セザーロがシェイマスとタッグを組んでニュー・デイの6人タッグフェアウェル戦で激突した。  試合前、WWEドラフトでチームが分かれたニュー・デイのエグゼビア・ウッズが「人生でベストな6年だった。さあ、最後の試合だ」とフェアウェル戦に意気込むと、スマックダウンタッグ王座を奪われている中邑は「ただの別れではなく、ニュー・デイとの永遠の別れにしてやる」と挑発した。

WWEドラフト2日目で中邑真輔&セザーロはスマックダウン、戸澤陽はロウに残留【WWE】

2020.10.13 Vol.Web Original

タッグ王者が入れ替わり、王座を交換

 WWE「ロウ」(日本時間10月13日配信、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で2日目となる「WWEドラフト」が行われた。  WWEチーフ・マーケティング・オフィサーのステファニー・マクマホンがラウンド1としてロウが“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット、ランディ・オートン、シャーロット・フレアー、スマックダウンがスマックダウン女子王者ベイリー、ロウタッグ王者ストリート・プロフィッツを獲得したことを発表した。  その後もラウント6まで発表され、日本人では中邑真輔&セザーロがスマックダウン、戸澤陽がロウ残留となった。またロウタッグ王者ストリート・プロフィッツとスマックダウンタッグ王者ニュー・デイが共に移籍となったため、両チームがタッグ王座を交換した。

Copyrighted Image