初優勝ジョコビッチ、セルビア国旗持つファンに「感謝したい」

2019.10.06 Vol.Web original
世界王者のプレーに会場が沸いた。男子テニスの「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」最終戦が6日、東京・有明で行われ、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がシングルス決勝戦を制し、優勝。ジョン・ミルマン(オーストラリア)を6−3、6−2で下し、楽天オープン初出場で初タイトルを飾った。 7日間に渡る楽天オープンの最終日、ジョコビッチのプレーを一目を見ようと10445人の観客が来場。決勝の相手は、初の本戦出場を果たしたジョン・ミルマン。世界ランクは80位とジョコビッチに大きく差をつけられているが、「状況に圧倒されないこと」を身上とする怖いもの無しの30歳だ。

ジョコビッチ、テニスは「マインドゲーム」。楽天オープン決勝へ意気込み

2019.10.06 Vol.Web original
世界王者が目指すのは、優勝トロフィーそれだけだ。男子テニスの「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」シングルス決勝戦が6日、東京・有明で行われる。絶対王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は決勝前日の記者会見で意気込みを語った。 すでに数々の国際大会で計76のタイトルを保持するジョコビッチ。決勝に向け集中する秘訣を問われると、「個人個人違いますね。私はともかくトロフィーを手にした姿を思い描くんです。それ以上のことは夢見ません。毎日それに集中します。言うなれば、テニスは“マインドゲーム”ですね」と語った。 今回の楽天オープン出場は、来年の東京五輪を見据えた視察でもある。世界中のファンが期待する五輪金メダル。プレッシャーはかからないか。「あまりにも多くの成功を収めると、周りからプレッシャーがかかりますが、ある意味で殻を作り、その中に自分を置き集中するんです」。王者は冷静に、そして着実に闘志を燃やしている。 (取材・文 丸山裕理)

錦織圭、集中力は「僕もないです!」。子供たちに世界で戦う極意をアドバイス

2019.10.05 Vol.Web original
「楽天ジャパンオープン 森永製菓 in ゼリーステージ2019」が5日、東京・有明テニスの森公園で行われ、男子テニスの錦織圭が出席。怪我の回復を待つファンにメッセージを送った。 イベントに出席した錦織は冒頭、「みなさん、今日はお集まりいただきありがとうございます。今回は怪我で出られなかったんですが、なるべく早くカムバックできるように頑張っています。今日はぜひ試合を楽しんでください」と挨拶し、会場を盛り上げた。

ジョコビッチ、「来てくれてありがとう!」日本語披露にファン歓喜。楽天OPシングルス1回戦快勝

2019.10.01 Vol.Web original
「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」の2日目が1日、東京・有明で行われ、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がシングルス1回戦に出場。20歳のアレクセイ・ポピリン(オーストラリア)を6−4、6−2で下し、世界王者が変わらぬ強さを証明した。  男子テニス界に長年君臨する「ビッグ4」の中で、これまで楽天オープンに縁がなかったジョコビッチ。試合後、日本でのプレーを待ちわびたファンに「こんにちは!来てくれてありがとう!」と流暢な日本語で挨拶し、会場を沸かせた。

初出場ジョコビッチが有明デビュー!楽天オープンが開幕

2019.09.30 Vol.Web original
 男子テニスの「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」が30日、東京・有明で開幕し、初参戦の王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がダブルス一回戦に出場。東京2020大会の本番会場、有明コロシアムで試合に臨んだ。  日本でのツアー公式戦の出場は初となった世界ランク1位のジョコビッチ。海外の試合では、今月上旬に行われた全米オープンで、4回戦途中に左肩を負傷し途中棄権し、約1カ月ぶりの実戦復帰となった。今大会ではシングルスとダブルスの両方にエントリー。初戦となったダブルスでは、フィリポ・クライノビッチ(セルビア)と4年ぶりのペアで、観客を湧かす好プレーもあったが、マテ・パビッチ(クロアチア)、ブルノ・ソアレス(ブラジル)のペアに6-2、4-6、10-4で敗れ、初戦勝利はならなかった。

錦織圭「2本目、3本目いけるよ」の応援は「ガチで嫌なやつ(笑)」

2018.11.23 Vol.Web Original

 テニスの錦織圭が23日、都内で行われた「LIXIL 2020 トークショー 」に登場し、全国から集まった参加者と交流した。  参加者からの質問コーナーで、試合の時にどんなふうに応援したらいいのかと聞かれたことが、いやな応援はあるかに発展。錦織は「ガチなやつ、思いつきました」と苦笑いすると、「…『2本目、3本目いけるよ』みたいな。3本目って何なのって(笑)。2本目とか言われると、ああ2本目かとか、考えるのが面倒くさいのでやめましょう」という答えに、会場がどっと沸いた。基本的に「声を出してくれるだけでうれしい」そうで、ため息については「僕も見ていたらしちゃうし、しょうがないです」と話した。

全米OP制覇の大坂なおみが凱旋。今後の目標は「WTPでトップ8」

2018.09.13 Vol.Web Original
日産ブランドアンバサダーに就任
 女子プロテニスプレイヤーの大坂なおみが9月13日、横浜で「日産ブランドアンバサダー就任発表会」に出席した。  大坂は9月9日、全米オープンテニスの女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズを破り初優勝。日本人による史上初のグランドスラム制覇という快挙だった。  この日帰国した大坂は帰国会見後にこの発表会に駆け付けた。  発表会では日産の星野朝子専務執行役員(SVP)とトークショーを行い、会見後には即席で作られたコートで「小さいころからテニスをやっていた」という星野氏とのショートラリーを披露した。  この日の発表会には多くの報道陣が詰めかけた。この“大坂フィーバー”について発表会後の囲み取材で大坂は「これほどの規模のインタビューには慣れていません」とやや戸惑いながらも「気遣っていただいて本当にうれしい。今後もますます頑張っていきたい。皆さんに誇りに思ってもらえるように頑張ります」と話した。

髙田延彦が大坂なおみの奥ゆかしさを絶賛

2018.09.11 Vol.Web Original
「世界中のスポーツファンをくぎ付けにするポテンシャルを感じた」
 RIZINの髙田延彦統括本部長が元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏との番組「髙田横粂の世相談義」(FRESH!で月曜21時~不定期配信中)で「全米オープンテニス」の女子シングルスを制覇した大坂なおみを絶賛した。  髙田氏は「大坂なおみ選手はすごかった。ゴルフでいえばタイガー・ウッズ的な存在のセリーナ・ウィリアムズに勝って優勝した。セリーナ相手に本当に強かった。どこまで強くなるのか。10年やっても30歳。底知れぬ伸びしろを見せた。大坂選手が表彰式の時に全世界に向かって“セリーナ選手に勝ってごめんなさい”というようなことを言った時には泣きたくなった。あの奥ゆかしさというか一歩引いた感じはなんだろう。底知れぬ、強さと怖さと、世界中のテニスファンだけでなくスポーツファンをくぎ付けにするポテンシャルを感じた。これからが楽しみ」と話した。 「インタビューもチャーミングだった」としながらも、テレビのインタビューを見て「疲れているのになんか面白い日本語喋らそうとしているのは嫌だった。もっと硬派な質問してほしかった」と注文を付けた。

【インタビュー】プロテニスプレーヤーの笹原龍「海外での活動は人生の財産」

2018.08.31 Vol.Web Original
 テニスと言えば、錦織圭。それ以外のテニスプレーヤーを誰か知っているだろうか? 日本では、マスコミで取り上げられるスポーツ選手というのはほんのに一握り。「プロ」と一口にいっても、さまざまなスポーツのたくさんの選手がいるはずなのに、その他大勢になかなか目を向けられることはない。海外を拠点に、海外の大会でも戦績を残す、プロテニスプレーヤーの笹原龍に、「テニス選手として生きることは?」というテーマでインタビューした。

大井町のサーフィンは波待ちゼロ! 8月に複合スポーツエンターテインメント施設オープン

2018.05.10 Vol.Web Original

 複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」が8月11日、大井町にオープンすることが分かった。営業は2021年までの期間限定で、運営はJR東日本。サーフィンを筆頭に、テニスや3×3、フットサルなど8種のスポーツが楽しめるほか、脱出アトラクションや子供向けの施設なども揃うスポーツを軸とした新しいタイプのエンターテインメント施設となる。2020年の東京五輪への気運や注目を押し上げる施設のひとつとなりそうだ。

フェデラーが8度目の優勝! 5年ぶりウィンブルドンを制す

2017.07.23 Vol.695
■フェデラーが8度目のウィンブルドン優勝
テニスの四大大会の第3戦「ウィンブルドン選手権」の最終日(16日)に男子シングルス決勝が行われ、ロジャー・フェデラーがマリン・チリッチを6−3、6−1、6−4のストレートで破り5年ぶり8度目の優勝を果たした。この「8度」というのが単独最多なら、35歳という年齢も史上最年長とWの快挙となった。 フェデラーはチリッチの高速サーブを巧みなリターンで封じ、エースを5本に抑えた。第1セットを5ゲームでブレークして主導権を握ると、チリッチに流れを譲ることなく、一気に試合を決めた。昨年の準決勝で敗退して以来、聖地で復活することに賭けてきた。治療のため昨年後半は休養。復帰した今季は1月の全豪オープンで四大大会通算18度目の頂点に立ち、その後は全仏などクレー(赤土)シーズンで再び休み、芝の季節に照準を合わせてきた。 今大会はサーブ、ストロークとも抜群の切れを見せ「芝では自然に戦える」と本領を発揮。第1シードのA・マリーらが敗れる中「ビッグ4」で唯一勝ち進み、優勝まで1セットも落とさない盤石な戦いだった。

Copyrighted Image