SearchSearch

イヨ・スカイが再び勝利をアシスト。ベイリーはビアンカにロウ女子王座挑戦を表明【WWE】

2022.09.21 Vol. Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月21日配信、カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)で“ダメージCTRL”のベイリーがアレクサ・ブリスと対戦し、イヨ・スカイが好アシストで勝利を収めた。ベイリーは試合後には王者ビアンカ・べレアを返り討ちにして「エクストリーム・ルールズ」でのロウ女子王座挑戦を表明した。

 ダメージCTRLの3人がカートに乗ってリングに登場するとベイリーはWWE女子タッグ王座を戴冠したイヨ&ダコタ・カイを祝いながらブーイングする観客には「王者にリスペクトしろ」と忠告した。さらにイヨは「私たちが今、コントロールしている。それもこれもベイリーのお陰。私たちを信じてくれてありがとう」と感謝を伝えるとダコタは「女子部門は私たちを必要としているが、アスカ&アレクサ・ブリス&ビアンカは必要ない」と侮辱した。

 するとそこへ登場したビアンカら3人と舌戦となるとアレクサがベイリーに対戦要求し一撃を食らわせる。

イヨ・スカイが絶妙アシスト。前タッグ王者ラケルを妨害してベイリーの勝利に貢献【WWE】

2022.09.18 Vol.Web Original

 WWE「スマックダウン」(日本時間9月18日配信、カリフォルニア州アナハイム/ホンダセンター)で新WWEタッグ王者イヨ・スカイが元タッグ王者ラケル・ロドリゲスを妨害してベイリーの勝利に貢献した。

 イヨが所属するユニット“ダメージCTRL”がリングに登場するとベイリーは「ダコタ・カイとイヨ・スカイが新WWEタッグ王者になったぞ!」と2人の王座奪取を誇るとイヨは「スマックダウンは私たちのショーになった」と王者の貫禄を示したが、ベイリーはそこへ1人で報復に現れた前タッグ王者ラケルと対戦することに。

イヨ・スカイがWWE女子タッグ王座を初戴冠「これぞアメリカン・ドリーム」【WWE】

2022.09.14 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月14日配信、オレゴン州ポートランド/モダ・センター)で“ダメージCTRL”のイヨ・スカイ&ダコタ・カイが8月に行われた王座決定トーナメント決勝戦で敗れたラケル・ロドリゲス&アリーヤとの王座戦を制してWWE女子タッグ王座を初戴冠した。

 イヨ&ダコタ(with ベイリー)はダコタがパワーに勝るラケルに連携したクロスボディーを決められて序盤から劣勢に。さらにイヨはアリーヤを捕まえて集中攻撃を浴びせたが、交代したラケルにパワーボムを狙われると場外へ落ちて辛うじて回避。続けてダコタもアリーヤのフェイスバスターを浴びたが、ベイリーの介入でロープエスケイプ。なんとかピンチを回避したダメージCTRLはベイリーの介入に怒ったラケルがベイリーに詰め寄ると、そのすきにイヨが豪快な場外ムーンサルトをラケルに決めて形成逆転し、最後はダコタが変形バックスタバーでアリーヤを沈めて3カウント。

イヨ・スカイが再び王座獲りへ「来週こそはWWE女子タッグ王座を手に入れる」【WWE】

2022.09.07 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月7日配信、ミズーリ州カンザスシティ/Tモバイル・センター)でベイリー&イヨ・スカイ&ダコタ・カイがロウに登場するとイヨが「来週こそはWWE女子タッグ王座を手に入れる」と次週の王座戦に闘志を燃やした。

 3人のユニット名である「ダメージ・コントロール」の文字がビジョンに映し出される中、ベイリー&イヨ&ダコタの3人がリングに登場するとベイリーは「クラッシュ・アット・ザ・キャッスルでビアンカ・べレアら3人を倒したぞ」とPLEでの勝利をアピールした。さらにイヨは「来週こそはWWE女子タッグ王座を手に入れる」と王座決定トーナメント決勝で敗戦した王者ラケル・ゴンザレス&アリーヤとの再戦に意気込むとダコタは「せいぜい王者の真似事でもしているがいいわ」と王者を挑発した。

イヨ・スカイ&ダコタ・カイがタッグ王座獲りへ。次週のロウでラケル&アリーヤとのトーナメント決勝戦が決定【WWE】

2022.08.28 Vol.Web Original

 WWE「スマックダウン」(日本時間8月28日配信、ミシガン州デトロイト/リトル・シーザーズ・アリーナ)でイヨ・スカイ&ダコタ・カイが次週のロウで行われるWWE女子タッグ王座決定トーナメント決勝戦でラケル・ロドリゲス&アリーヤと対戦することが決定した。

 この日、ベイリー、イヨ、ダコタがゲスト解説を務める中、ラケル&アリーヤとナタリア&ソーニャ・デビルがトーナメント準決勝で対戦した。

 試合は途中でアリーヤがナタリアのみちのくドライバーを場外で浴びて大ダメージ。1人残ったラケルは2人を相手にダブルスープレックスを決めて孤軍奮闘。終盤にはナタリアのチープショットで苦戦したものの、最後はテハナボムをソーニャに叩き込んで準決勝を突破した。

 試合後にはリングに上がったイヨ&ダコタがラケル&アリーヤとにらみ合いの火花を散らすとバックステージインタビューでイヨは「ここに来るまで私、ダコタ・カイ、ベイリーの話題しか出てきてないだろ。私たちがどれだけ素晴らしいか、タイトルを獲って証明してやるよ」と王座奪取を宣言した。

イヨ&ダコタがトーナメント1回戦突破。CATCではアスカらとの6人タッグ戦が決定【WWE】

2022.08.10 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間8月10日配信、オハイオ州クリーブランド/ロケット・モーゲージ・フィールドハウス)でベイリー&イヨ・スカイ&ダコタ・カイとビアンカ・ブレア&アスカ&アレクサ・ブリスの6人タッグ戦が「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)」で行われることが決まった。

 この日、ベイリー&イヨ&ダコタがロウ・オープニングに登場。ベイリーはベッキー・リンチやビアンカを侮辱し、イヨ&ダコタは「トーナメントで優勝するところを見せてやる」と空位のWWE女子タッグ王座奪取を宣言した。するとそこへビアンカ&アスカ&アレクサが登場。

アスカ&アレクサが「イヨ&ダコタは優勝できない。1回戦で勝利しても私たちと対戦するんだから」と言えば、ビアンカは「今から3対3でやってもいいぞ」と対戦要求。しかしベイリーが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」での対戦を提案すると、ビアンカがこれを受諾。そして6人入り乱れた乱闘に発展した。

イヨ・スカイがロウに昇格し、いきなり王者ビアンカ・ブレアと対戦の破格待遇。試合は6人入り乱れた大乱闘に【WWE】

2022.08.03 Vol.Web Original

 WWEの真夏の祭典「サマースラム」で電撃復帰を果たした紫雷イオ改めイヨ・スカイ(with ベイリー&ダコタ・カイ)が「ロウ」(日本時間8月3日配信、テキサス州ヒューストン/トヨタセンター)に昇格していきなりロウ女子王者ビアンカ・ブレア(with アスカ&アレクサ・ブリス)と対戦するも、試合途中に6人入り乱れた大乱闘となってノーコンテストとなった。

 この日、アームスリングをしたベッキーが「サマースラム」で対戦した王者ビアンカをロウ・オープニングで呼び出すと2人はお互いを称えてハグを交わしたが、イヨ、ベイリー、ダコタの3人がバックステージでベッキーを襲撃し負傷した肩にパイプ椅子攻撃を浴びせた。

紫雷イオが「サマースラム」で電撃復帰。ベイリー&ダコタと共に王者ビアンカ&ベッキーと一触即発【WWE】

2022.08.01 Vol.Web Original

 WWEの真夏の祭典「サマースラム」日本時間7月31日配信テネシー州ナッシュビル/ニッサン・スタジアム)で紫雷イオが電撃復帰してベイリー&ダコタ・カイと共にロウ女子王者ビアンカ・ブレア&ベッキー・リンチと一触即発となった。

 オープニングで王者ビアンカとベッキーの王座戦が行われると、大技の攻防の末にビアンカがスパニッシュフライからKOD(キス・オブ・デス)を決めて王座防衛に成功した。試合後には突如会場にベイリーとダコタ・カイが現れると最後にイオが電撃復帰して姿を現した。サプライズ登場に会場が沸く中、イオら3人がリングに上がって王者ビアンカを挑発。戻って来たベッキーがビアンカに加勢し3対2で一触即発となるとイオらは2人をにらみつけながらリングを後にした。その後、イオは自身のツイッターに「戻ったぞ。私は…IYO SKY」と投稿した。

ビアンカがベイリーとのHIAC戦を制して王座防衛に成功【WWE】

2021.06.21 Vol.Web Original

 WWE「ヘル・イン・ア・セル」(日本時間6月21日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)で“EST”こと王者ビアンカ・ブレアがSD女子王座HIAC戦で元王者ベイリーと対戦。ベイリーをKODでラダー上に叩きつけて王座防衛に成功した。

 金網に囲まれたHIAC戦でビアンカは長髪ムチ攻撃やドロップキックで攻め込めば、ベイリーはビアンカの左腕に噛みつくとサンセットフリップ・パワーボムで金網に叩きつけて「お前が望んだ試合だろ」と挑発する。

 ビアンカもスパインバスターやパイプ椅子攻撃、さらに自身の長髪をベイリーに縛り付けて竹刀攻撃で追い詰める。ベイリーはラダー攻撃で反撃を狙ったが、最後はビアンカがベイリーをセントーンからのKOD(キス・オブ・デス)でラダー上に叩きつけて王座防衛に成功した。

ビアンカら王者たちがWWEのライブツアー再開を祝福もベイリーが横槍【WWE】

2021.05.22 Vol.Web Original

 WWE「スマックダウン」(日本時間5月22日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)でSD女子王者ビアンカ・ブレアら王者たちがWWEのライブツアー再開を祝福した。

 WWEオフィシャルのソーニャ・デビルがオープニングに現れると「7月からサンダードームを離れて皆さんの元に戻る」とWWEのライブツアー再開を発表し、“パレード・オブ・チャンピオン”としてビアンカら王者たち(ローマン・レインズを除く)が姿を現した。

 するとそこへベイリーが登場して王者たちを侮辱し始める。因縁のビアンカには「髪の毛で攻撃するビアンカは王者なんかじゃない。王座を剥奪して私に戻すべきだ」と主張。

ベイリーがPPVの王座戦で対戦する王者ビアンカに心理戦【WWE】

2021.04.24 Vol.Web Original

ベイリーの陰口をモンテス・フォードが妻ビアンカに報告

 WWE「スマックダウン」(日本時間4月24日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)で王者ビアンカ・ブレア vs ベイリーのスマックダウン女子王座戦がPPV「レッスルマニア・バックラッシュ」で行われることが決まった。

 この日、ベイリーがバックステージで「私の対戦相手になった新鋭の王者ビアンカはとても失礼でわがままだ。親切に世話してやったのに感謝の言葉もない。私のタイトルをPPVで取り戻して後悔させてやる」と陰口をたたいていると、そこへモンテス・フォードが現れて妻ビアンカに電話。その後、ベイリーとビアンカが対峙するとビアンカが「何か私に言いたいなら直接言って」と詰め寄ると、ベイリーは急に改まって「レッスルマニアで歴史を作ったわね。おめでとう。初の挑戦者になれてとても光栄だ」と礼儀正しく対応。しかし最後は戸惑うビアンカを笑い飛ばしながらその場を後にするなど早速、心理戦を仕掛けた。

 王者ビアンカ vs ベイリーのSD女子王座戦が行われるPPV「レッスルマニア・バックラッシュ」は日本時間5月17日にWWEネットワークで配信される。

Copyrighted Image