SearchSearch

髙田延彦が年末のRIZIN&BELLATORを総括。神龍誠と平本蓮を絶賛【髙田横粂の世相談義】

2020.01.14 Vol.Web Original

「日本の総合格闘技を変えていく超逸材」

 元総合格闘家でRIZINの解説を務める髙田延彦が1月13日、弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。昨年末に行われた「BELLATOR JAPAN」(12月29日)と「RIZIN.20」(12月31日)について総括した。  髙田は「BELLATOR JAPAN」に出場した神龍誠と平本蓮の名を挙げ「この2人に注目してもらいたい。世界に名だたるトップファイターが参戦したベラトールの中でも引けを取らない香りを残していった。間違いなく日本の総合格闘技の1年後2年後を変えていく超逸材」と絶賛した。  また3連敗のがけっぷちから復活のKO勝ちを収めた矢地祐介についても「頑張った。ここで負けたらRIZINで居場所がなくなっちゃうというところで、彼女の前で勝った。劇的な大逆転勝利。1回も髪の毛をかき上げなかったから。いかに邪魔だったかということ(笑)」などと話した。

渡辺華奈が過去最強の相手にKO勝ちで無敗記録を10に伸ばす【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

「RIZIN×BELLATOR対抗戦」でイララ・ジョアニと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で「RIZIN×BELLATOR対抗戦」の先鋒戦から中堅戦の3試合が行われ、RIZINの次鋒・渡辺華奈がイララ・ジョアニに3RTKO勝ちを収めた。  渡辺は2017年のプロデビュー以来、9戦8勝1分けと負けなしなのだが、今回のジョアニはベラトールでも勝利を挙げる、間違いなく過去最強の相手。  渡辺は1Rからジョアニと互角に渡り合う。序盤、ジョアニのパンチが右左と立て続けに渡辺の顔面を襲うが、渡辺はひるむことなく距離を詰め、ジョアニのローをキャッチしてテイクダウンを狙う。ジョアニがこらえ、ここはテイクダウンは取れなかったものの、ジョアニのパンチのタイミングに合わせ投げ気味にテイクダウンに成功し上を取る。ジョアニが下から首が抜けた状態の変形の三角絞めを狙うが、渡辺は首を抜いてケージ際で上四方に抑え込む。ケージを蹴って脱出を図りたいジョアニだが、渡辺はポジションを整え、サイドをがっちりとキープすると抑え込み腕がらみ狙いからパンチの連打。  ジョアニも下から渡辺の左腕を狙うが、渡辺はハーフでパンチの連打。最後はバックを取り切りパンチを落とすが、ラウンド終了。

ヒョードルが日本ラストマッチで有終のKO勝利【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

PRIDE時代の戦友ランペイジを一発で仕留める

 元PRIDE無差別級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で日本ラストマッチに臨み、PRIDE時代の戦友でもあるクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンと対戦。1R2分44秒でTKO勝ちを収め有終の美を飾った。  PRIDE時代はヒョードルがヘビー級、ランペイジはミドル級だったのだが、  約14年ぶりの日本での試合となるランペイジはPRIDEのテーマで入場。そしてかつてのように遠吠えを発しながら花道を歩くと、そこはPRIDEの空間にタイムスリップしたかのよう。違うのはこれから戦うのはリングではなくケージであるということ。  1Rが始まりヒョードルがパンチを放っていくとランペイジはがっちりとガードを固めしのぎ、反撃のチャンスをうかがう。しかしヒョードルの手は止まらずケージに詰めてパンチの連打からハイキック。

あいが格上ウィンに際どい判定勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

昨年大晦日のデビューから1年で元KOTCアトム級王者と対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われた「RIZIN提供試合」であいが元KOTCアトム級王者のアンディ・ウィンと対戦し、2-1の判定で勝利を収めた。  あいは昨年大晦日に川村虹花戦でプロデビュー。8月のRIZIN、DEEP JWELESで実績を重ね、プロ戦績は4戦4勝。RIZIN女子スーパーアトム級の急成長株だ。  1R、ウィンはプレッシャーをかけ詰めていくがあいは足を使って距離を取り、片足タックル。ウィンががぶって切るがあいはなおも組み付きケージに押し込んでいく。  あいは足を取って振ってウィンにヒザをつかせるがウィンはテイクダウンは許さない。ならばとあいはスタンドでバックに回る。しかしウィンはケージを使い巧みに正対。あいは押し込むがウィンは首相撲からヒザを打ち込んでいく。  一度は離れたあいだがもう一度組み付いてケージに押し込むとウィンはあいの下がった頭を狙いヒザを放っていく。あいは引き倒しテイクダウンに成功し上を取るがパウンドはクリーンヒットせず。

終わりよければすべて良し? 矢地祐介が復活の逆転KO勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

上迫博仁に3R、逆転のKO勝ち

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインで矢地祐介が上迫博仁を3RKOで破り、3連敗からの復活勝利を挙げた。  矢地はRIZINスタート時から快調に白星を重ね、ライト級のエースとして活躍したが、昨年8月にルイス・グスタボに敗れてから歯車が狂いだし、その後、ジョニー・ケース、朝倉未来と3連敗。今年開催されているライト級GPへの出場も逃すなど2019年はどん底に突き落とされた年だったが最後に劇的な逆転勝利を挙げ、1年を締めくくった。  試合は1Rから上迫がプレッシャーをかけ詰めるところを矢地がフットワークを使って回っては反撃する展開に。矢地は左ハイに左ストレートを的確に当てていく。両者のパンチが交錯する中、上迫が左目じりから出血。ラウンド間にこのカットは有効打によるものとコールされた。  2Rも上迫のプレッシャーは強烈。矢地はカウンターの右フック、左ハイで反撃も、上迫のプレッシャーは弱まらない。終盤、矢地が足を使ってケージ伝いに回るところ、上迫の右フックをもらい矢地がダウン。上迫はサッカーボールキックを狙うが、矢地は寸ででかわすと、上迫が上のポジションを取りパウンドを狙う。

浅倉カンナがKOTC王者に完璧一本勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

2019年を最高の形で締めくくる

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で浅倉カンナがアメリカの老舗MMA団体KOTCのアトム級王者ジェイミー・ヒンショーと対戦し、3Rにキムラロックで一本勝ちを収め、2019年を最高の形で締めくくった。  1R、浅倉は打撃の攻防からタックルを決めテイクダウンに成功もヒンショーは下から十字を狙う。浅倉は冷静に腕を抜くと、今度はヒンショーの蹴り上げが浅倉の顔面にヒットするもひるまず上をキープ。バックマウントを奪ってスリーパーを狙うが、ヒンショーはしのぎラウンド終了。  2R、浅倉はパンチ出すが微妙に距離が遠い。タックルも、ヒンショーにこらえられるが、仕切り直し、ヒンショーのパンチをかいくぐりタックルを決め、上を取る。ここでヒンショーがフロントチョークを狙うが浅倉は首を抜くとサイドポジションから一気にアームロック。ヒンショーがこらえると、浅倉は腕十字に移行。がっちり決まったように見えたが、ヒンショーは“大丈夫”とレフェリーに手を振る。驚異的な関節の柔らかさに浅倉はなおも締め上げるがケージ際ということもあり、絞り切れず、2ラウンドが終了。

元K-1の平本蓮が1年9か月ぶりの実戦復帰で1RKO勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

元DEEPフェザー級王者・芦田崇宏と対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で元K-1の平本蓮が「RIZIN提供試合」に出場し、元DEEPフェザー級王者の芦田崇宏とRIZINキックボクシングルールで対戦した。  平本はK-1甲子園2014王者。2018年3月にはゲーオ・ウィラサクレックに日本人として初めてKO勝ちし、将来のエース候補と目されていたが、その後、1度エキシビションマッチを行ったのみでリングを離れていた。  1R、芦田はボクシングをバックボーンとするものの、現役バリバリのキックボクサーの前では苦戦は否めず。平本がハイキックの軌道のヒザを顔面に打ち込むとパンチの連打。バックブローを狙う芦田だったが、平本は難なくかわす。そして左右の連打から右のパンチでダウンを奪う。立ち上がった芦田だったが、左ほおから出血があり、ドクターチェックを受ける。再開後、芦田はハイキックを放つが、打ち終わりに平本が右ストレートで2度目のダウンを奪う。立ち上がった芦田だったがまだ時間は30秒以上残っており、平本は右ハイ、ヒザからの右ストレートで3つ目のダウンを奪いKO勝ちした。

朝倉未来「いつも通り」とあえて多くを語らず【12・31 RIZIN】

2019.12.29 Vol.Web Original

「相手は僕より実績が上。力を試すいい機会」

「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の大会前会見が12月28日、都内で開催された。  今大会では29日に開催される「BELLATOR JAPAN」と2大会に渡って行われる「RIZIN×BELLATOR対抗戦」の副将戦「元谷友貴vsパトリック・ミックス」と大将戦「朝倉未来vsジョン・マカパ」が行われる。  朝倉は試合に向けての心境については「いつも通りです」、対戦相手のマカパについても「まあまあ強い選手なんじゃないですかね。世界的に僕より実績が上なんで、力を試すいい機会かなと思います。(相手は)4敗しかしてなくてそれも全部トップ選手に負けているだけ。ほぼトップに近い選手だと思うので、4敗の次の負けをつけられたらいいと思う。勝ちたい」などと淡々と答えた。  またマカパは柔術の黒帯なのだが、それに向けてディフェンス含めた組み技の練習については「何もやっていないです。基本的に打撃の練習しかしていない。もともとテイクダウンをされない戦い方なので。もしテイクダウンされても立ち上がるだけかなと思う」とこれまで同様、倒されない自信を見せた。  この会見の直前には対抗戦に出場する10選手のフォトセッションが行われ、そこでマカパとニアミスしたのだが「何もなかったですね。計量も終わっていないので」と話す。RIZINチームは鉢巻をして臨んだのだが「あの鉢巻もセンスが悪いし、付き合っているだけです」とそっけなかった。

3連敗中の矢地が自分探しの旅から帰還「年末らしい動きのある試合になる」【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

大会を締めくくる第14試合で上迫と対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。  現在3連敗中の矢地祐介が「またこの季節がやってきたなという感じ。非常に楽しみです」と試合を2日後に控えた心境を明かした。  矢地は「RIZIN提供試合」で大会を締めくくる第14試合で上迫博仁と対戦する。  上迫については「カーフだったりサッカーボールキックだったりと一本極められる技を持っているいい選手だと思います」と話し、試合展開については「どうなるんすかねえ。まあ、噛み合うとは思いますけどね。上迫選手も打撃主体で俺もストライカー。年末らしい動きのある試合になるんじゃないかと思います」と激しい試合になることを予想した。  前回の朝倉未来戦での敗戦後は「自分を知るっていうことが大きなテーマだった。自分がどんな選手なのか何が得意なのか今までぼやっとしか分かっていなかったので、“自分の強みってなんなんだろう?”ということを中心に自分を知る期間だった」と振り返り「自分がどういうファイターかを現時点では周りのアドバイスや周りの力を借りて理解することができた。今までは良くも悪くもふわっとしていたが一本軸ができたと思います」などと心機一転して試合に臨めるよう。

浅倉カンナ「最強のメンタル」がよりパワーアップ【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

KOTCアトム級王者ジェイミー・ヒンショーと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。 「RIZIN提供試合」でベラトールのケージに入る浅倉カンナが「対戦相手は映像があまりなかったのですが、海外のチャンピオンなのでしっかり勝ちたい」と勝利を誓った。  浅倉はアメリカの老舗MMA団体、KOTCのアトム級王者のジェイミー・ヒンショーと対戦する。  ヒンショーはチョークを武器に勝利を積み重ねてきた選手なのだが、浅倉は試合について「今回はケージなので自分の得意のレスリングが生きると思う。そういう展開にしていきたいと思っています」とグラウンドでも一歩も引かない構え。  8月には打撃を中心に試合を組み立て復活の勝利を挙げた。そしてそこからこの間は「フィジカルをパーソナルでやってもらってしっかり取り入れたのでそれが一番練習を変えたところ。打撃が前回の試合で自信になったのでトータル的に戦えればと思っています」などと話した。

ランペイジが“勝てばいい”と思っている若いファイターにチクり【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

日本ラストマッチのヒョードルと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。  エメリヤーエンコ・ヒョードルの日本ラストマッチの相手を務めるクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンは久々の日本での試合に「とてもいい気分」笑顔を見せた。  そして「さいたまスーパーアリーナは日本で試合をした初めての場所。試合会場という意味でのアリーナとしてもお気に入り。サクラバサンとやって負けてしまったけど演出として刑務所から出た直後だったので天井からケージに乗ってそこから下ろされたという面白い演出もあった。負けてしまったけどたくさんの声援をもらうことができた。控室に戻るときに女の子が一人寄ってきて、俺の耳にしゃぶりついてきたのが、すごく印象に残ってる。よかったら名乗り出てほしい。僕の耳が恋しがっているよ。だからまたスーパーアリーナでまた戦えることを楽しみにしている。なぜなら彼女がいるだろうからね」と初来日時のエピソードを明かした。  また久しぶりに日本で戦うことについては「PRIDE以来になるが、PRIDEがなくなってしまって日本の総合格闘技が死んだような感じがしてたのだけど、RIZINが良い仕事をしてよくここまで復権したと思う。自分はアメリカにいて何が起きたかよく分かってなくて、日本のMMA界に悪い人間がいるのでは、とかアメリカではささやかれたりもしていたんだけどさ。でもファイターって純粋で、みんな家族を支えるために戦っているし、それが終われば互いに友情も生まれる。みんな純粋に良い試合を見せたいだけなんだ。だからその舞台裏にいる人について特に言うことはないけど、皆さんの前でヒョードル選手と戦うことで、昔のファンを呼び戻したり、あるいは新しいファンを掘り起こしたりっていう形で自分たちなら盛り上げることができると思う」などとベテランならではの視点で語った。  そして一部で「全盛期を過ぎた者同士の試合」などと言われていることについては「そりゃそうだろうけど、だから何? 俺たちの試合が気に入らない奴はクソ食らえだよ」と意に介さない。

Copyrighted Image