『マイ・ブックショップ』トーク付き試写会に10組20名

2019.02.11 Vol.715
 英ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの原作を『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督が映画化。主人公のフローレンス役にはウディ・アレンの『マッチポイント』などの実力派女優エミリー・モーティマー。柔和さの中に強い意志を秘めた、誰もが応援したくなるヒロインを好演。変わり者の老紳士で心強い協力者ブランディッシュ役には『パイレーツ・オブ・カリビアン』のビル・ナイ。古き良きイギリスらしい景色や街並み、風景とともに“本”と“書店”の魅力を思い出させてくれる感動作。  1959年のイギリス。ある海岸地方の町。戦争で夫を亡くした女性フローレンスは、周囲から反対されながらも本屋のない町に夫との夢だった本屋を開く。ある日、彼女は40年以上も邸宅に引きこもり、ただ本を読むだけの毎日を過ごしていた老紳士ブランディッシュ氏と出会う。フローレンスは、読書の情熱を共有するブランディッシュ氏に支えられ書店を軌道に乗せるのだが…。  3月9日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開。
<試写会の応募について> 【日時】3月1日(金)19時〜 【会場】シネスイッチ銀座(銀座4丁目) 【イベント】上映終了後、ゲスト林真理子氏(作家)による30分のトークあり 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3549

Copyrighted Image