現代スパイアクションの金字塔が最強タッグで復活!『ジェイソン・ボーン』

2016.10.09 Vol.676
 記憶を失った天才スパイの孤独な戦いを、片時も目が離せないストーリー展開と圧巻のアクションで描いた、現代スパイアクションの傑作が、主演マット・デイモン、監督ポール・グリーングラスという最強タッグで復活。「ボーン」シリーズ新章が始動!  CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が生んだ“最高傑作”の暗殺者でありながら記憶を失い、自らのアイデンティティーを取り戻すべく孤独な戦いに挑んだヒーロー、ジェイソン・ボーン。リアルな格闘戦からクールな銃撃戦、知的興奮を呼び起こす頭脳戦…シリーズの醍醐味が、さらにパワーアップして復活だ。本作では、本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞した女優アリシア・ヴィキャンデルをはじめ、名優トミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルら豪華キャストが参加。アテネ、ロンドン、ラスベガスなど世界中の都市を舞台に、シリーズ最大規模の壮絶な戦いが描かれる。そしてそこで明かされるのは、ボーンの過去にまつわる最も重要な「真実」。ボーンを演じてきたデイモン自らも「シリーズ最高傑作」と太鼓判を押しているだけに、期待せずにはいられない。 【STORY】世間から姿を消し、ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーンのもとに、CIAの元同僚であるニッキーが現れる。彼女はCIAの恐ろしい陰謀と、ボーンにまつわる衝撃的な過去についての情報を持っていた。ボーンを追跡するCIAエージェントのリーはボーンを再びCIAに取り込もうと画策するが…。 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル、トミー・リー・ジョーンズ他/2時間3分/東宝東和配給/全国公開中  BOURNE.jp

過酷すぎる火星で、たった独り取り残された男のドラマ!『オデッセイ』

2016.02.06 Vol.660
 地球から2億2530万キロ離れた火星にたった一人取り残された男。あらゆる現実が“生存不可能”を示していた…。  第88回アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)をはじめ7部門にノミネート。第73回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、主演男優賞を受賞した注目作。巨匠リドリー・スコットとトップ俳優マット・デイモンが、意外や初タッグを組んだ本作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説の映画化。いまだ人間が生存できる環境にない火星を舞台に、その地で何の助けも無くただ一人、取り残された男の戦いと、遥か彼方から彼の生存を願う人々が起こした奇跡を、圧巻の映像とともに描く。外気温は−55℃。最大風速400km/hの風が吹き荒れる不毛の地。酸素はほとんど無し。通信手段無し。水無し。食糧はわずか31日分。NASAの次のミッションまで4年。それでも希望を捨てず、持てる限りの知識とアイデアを駆使。極限状態においても人間性を失わず、生存への挑戦を続ける主人公・マークを演じたデイモンに、称賛が続々と寄せられている。その姿は、彼のクルーや他の宇宙飛行士たち、そして遥か遠くの地球の人々の心を動かしていく。国や立場を超え、地球上の人類が1人の命を救うため救出作戦に立ち上がる姿に、希望を見出さずにはいられない。 STORY 火星での有人探査ミッションにあたっていたクルーを、突然大規模な砂嵐が襲う。しかしクルーの一人、マークがトラブルに見舞われてしまう。クルーは彼が死亡したと判断し、地球へ出発。しかしマークは生存しており、過酷な状況のなか一人取り残されることに…。 監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ケイト・マーラ他/2時間22分/20世紀フォックス映画配給/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて公開中  http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/   2D/3D

自分は本当に正しい? 生き方に迷うすべての大人たちへ

2014.08.18 Vol.624
 主演・脚本はマット・デイモン、監督はガス・ヴァン・サントという『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の2人が奇跡の再タッグを組んだ話題作。17年前の初タッグで評価を得て以来、アメリカ映画界をけん引してきた2人が、脚本家兼主演と監督として3度目のタッグを組み、新たな感動作を生み出した。  本作の物語の背景となるのは、現代アメリカが直面している社会問題。次世代エネルギー、シェールガス採掘の最前線で何が起きているのかをリアルに描きながら、採掘権の買い占めのためにやってきた主人公が、そこで衝撃の真実に触れ、自分の生き方を見つめ直す姿を描くヒューマンドラマ。自分の仕事にやりがいを感じ信念も持っていた有能な主人公が、不況にあえぐ農場主から相場より安い金額で採掘権を買い占めようと手腕をふるう。地元の人々も採掘権売買で得られる金額に、町の財政を立て直せると大喜びするが、そこに予期せぬ障害が発生。心揺らぎながらも、本当に大切なものに気付き始める住民たち。さらにはスティーヴ自身までが仕事に疑念を抱きはじめ…。信念を持っていた仕事、そして生き方が揺らいたとき、人は勇気を持って正しい選択ができるのだろうか。採掘権売買の行方をドラマティックに描写しながら、登場人物たちの揺れ動く心の動きをリアルに映し出していく。デイモンが、人生の岐路に立たされた主人公を好演。他『ファーゴ』のオスカー女優フランシス・マクドーマンド、本作の脚本を共同執筆したジョン・クラシンスキーら実力派が揃う。

Copyrighted Image