今月の一言「松本人志」「萩生田光一幹事長代行」他【2019.7.5〜8.8】

2019.08.11 Vol.721
 エース佐々木を決勝で登板させず敗れた大船渡の国保陽平監督「故障を防ぐため。連投でこの暑さ。私には(起用を)決断できなかった」(7月25日、敗戦後の会見で)、これについて評論家の張本勲氏「ケガが怖かったら、スポーツはやめたほうがいい」(7月28日放送のTBS「サンデーモーニング」で) →あれだけの大打者がなぜ監督になれていないのかというと…。  日本維新の会の松井一郎・大阪市長「NHKが現職国会議員の受信料不払いを認めるなら、大阪市もやめさせてもらう」(7月30日) →この件だけは同調。  伊吹文明元衆院議長が萩生田光一幹事長代行が憲法改正をめぐり、大島理森衆院議長の交代論に言及したことについて「側近と言われる人は影に徹し、表に出て物を言わず、あまり自分を売り込まないことだ」(8月1日) →「わきまえ」が大事ということですな。  ダウンタウンの松本人志が吉本興業の岡本昭彦社長の謝罪会見に「0点でした」(7月28日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で) →想定Q&Aは作ってなかったのかしら…。 『あいちトリエンナーレ』の「表現の不自由展・その後」の中止に関して愛知県の大村秀章知事「税金でやるからこそ、憲法21条はきっちり守られなければならない」(8月5日の記者会見で) →ド正論。

Copyrighted Image