椿原に判定負けの江川優生が試合前に左足を骨折していたことが判明【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

ベルトをかけて椿原との再戦を希望

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のセミファイナルで行われたスーパーファイトで椿原龍矢(月心会チーム侍)に0-2の判定負けを喫したフェザー級王者・江川優生(POWER OF DREAM)が試合の3週間前に左足の人差し指を骨折していたことが9月23日、分かった。この日、大阪市内で行われた一夜明け会見でK-1の中村拓己プロデューサーが明かした。  中村氏によると試合後にジム側から江川が試合の3週間前に左足の人差し指を骨折し、走ることもできない状態であったことが報告されたという。江川は3月の「K'FESTA.3」もケガで欠場していることから王者の責任として出場に踏み切ったという。  また江川はベルトをかけて椿原との再戦を希望。中村氏は「ケガの回復具合を考慮したうえでタイトル戦を実現させたい」と話した。

“番狂わせ男”の椿原龍矢が「早くケガを治して僕と再戦よろしくお願いします」【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

江川「ベルトをかけて再戦したい」

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が9月23日、大阪市内で開催された。  セミファイナルで行われたスーパーファイトで江川優生(POWER OF DREAM)と対戦し、判定勝ちし番狂わせを起こした椿原龍矢(月心会チーム侍)が登壇した。  椿原は「試合は最初の1分くらいしか覚えていないが勝てて良かった。一応、映像は見たんですが、覚えている記憶ではパンチとかを食らって、軽トラにひかれているくらいの事故のダメージになるなと思った。前に立たれてにらまれているのがすごい嫌だった。圧も感じたし、何が出てくるかも分からないし。一発があるのも分かっていたので、集中しながら戦えて、いい緊張感が出ていたのではないかと思う。(試合中は)何を思っていたかは全く覚えていないが、とにかく敬意を持っては戦えたんじゃないかと思う。プレッシャーもあったし、同階級の選手の中でもあこがれを持っている選手と対戦できたのでそういうのが爆発したんだなと思う」などと試合を振り返った。  会見の冒頭、中村拓己プロデューサーから江川が試合の3週間前に左足の人差し指を骨折し、走ることもできていなかったこと。そして3月もケガで休んだことから今回は強行出場に踏み切ってことが所属ジムから報告があったことが明かされた。そして「ベルトをかけて再戦したい」という江川の希望も。  これについて椿原は「タイトルマッチをさせていただけるのは光栄でうれしいことですし、間に誰か挟んでといわれてもなんでも。言われるなら目の前の相手を倒してチャンピオンになるだけなんで、なんでも受けようと思っています」と話し、最後に「早くケガを治して僕と再戦よろしくお願いします」と江川に呼びかけた。

卜部功也「秀さんとはやめておきます」と三階級制覇は断念【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

メインで同門の山崎秀晃が王座に就き方向転換

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が9月23日、大阪市内で開催された。  篠原悠人(DURGA)を相手に1年2カ月ぶりの復帰戦で勝利を収めた卜部功也は「無事に勝ててほっとしています。なんかんだいって思った通りには動けなかったことがあったり、反応の部分とかのスピードが遅れているとか。篠原選手の自分に対する対策もしっかりしていて、たまたまもらわなかっただけで、今回の試合は運の要素もあったと思う」などと試合を振り返った。  そして「最後は倒しに行かなかった。お客さんとの勝負ができなかった。自分自身が満足しただけ。そこの勝負がプロとしてはダメでした」と反省の弁。  試合後のマイクと会見では65kgに上げて三階級制覇を目指すことを宣言していたのだが、メインで同門の山崎秀晃が安保を破りスーパー・ライト級王座に就いたことから「いや、もうその階級にはいかないです(笑)。一番、スパーリングで効かされているのが秀さんなんです。それくらい怖いんでやめておきます(笑)」と早くも撤回。  三階級制覇については「タイミングですかね。62.5kgでやり残した相手もいるっちゃいる。ゴンナパー選手には負けているんで、そこらへんも頭に入れつつ、目標設定としてありかなと思う。あと、同門対決はやりたくないです」と語った。  1年2か月ぶりにカード発表会見から一夜明け会見という一連の流れの中に身を置いたのだが「試合が嫌だった。昔みたいな感覚には戻れないというか。考え方も変わっているし、ジムのことをやりながらもトレーニングをしなければいけない。やりくりをしなければいけないので、そこらへんは頭を使った。試合自体も…楽しむというより仕事感はあった。楽しいっちゃ楽しいんですが、練習という感じでやっていた。昔はぶっ飛んだ感じでリングに上がって“おらー”って感じだったんですけど、そういう感覚ではない。冷静にやっている感じ」と振り返った。ただ試合中はジムの経営なども忘れて没頭できるのではと問われると「それはありますね。練習をしている時は忘れられる。夢中になれているというのは幸せだなと思う。それが格闘技や運動の良さだと思う。嫌なことを忘れさせる」と話した。

悲願の王座獲得の山崎秀晃「胸を張ってチャンピオンとしてK-1を見せていきたい」【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

「“これがK-1”という試合をお見せできたと思う」

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が9月23日、大阪市内で開催された。  メインで行われた「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」で王者・安保瑠輝也(team ALL-WIN)をKOで破り、悲願のK-1王者となった山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がベルトを携えて登壇した。  山崎は「山崎秀晃としては集大成という結果で、しっかり試合ができたのではないかと思うし、プロフェッショナルとしては“これがK-1”“これがゴールデンフィストだ”という試合をお見せできたと思う。今、手元にベルトがあることに非常に満足している。(試合では)作戦というより、長年やってきた組み立ての中で臨機応変に試合のなかで出せればいいかなと思っていたのが、出ていたというのが率直な感想。いいタイミングでいい角度でパンチが当たってくれた。日々の練習の中の何パターンかある中のひとつがはまったんじゃないかと思っている」などと振り返った。  早期決着については「ヒザの調子が試合前、あまり思わしくない期間があったが、それで早期決着を狙ったわけではなかった。判定でも勝とうと思っていたし、チャンスがあれば行こうと思っていた。実際に一つ目のダウンを奪ったところでチャンスだと思ったので畳み掛けました」と話した。  そして「念願のベルトが来て、ひとつK-1で生きたあかしを証明できたというところはあるし、今までKrush時代ではメインイベントをやらせていた中で、最近は若い選手が僕の後ろでやるようになって、僕が中盤でやるようになってきて“あれ? 二流三流なのかな?”と思う時もありましたが、我慢強く頑張って努力してきたら、ベルトという形で証明することができたので、これからは胸を張ってチャンピオンとしてしっかりK-1を見せていきたいと思っています」と王者としての決意を語った。

高梨がMIOに辛らつコメント「フィジカルから鍛え直してこい」【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

女子ミニマム級トーナメント開催を改めて要望

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が9月23日、大阪市内で開催された。  女子ミニマム級のスーパーファイトでK-1デビュー戦となったMIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に判定勝ちを収めた高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)がMIOにきつい一発をお見舞いした。  高梨は試合については「今までの試合の中で一番楽しめたし、1R~3Rまで考えて冷静に戦えました。自分のやろうとしている動きが試合でできたから勝てたと思う。今までは蹴りが苦手だったが、今回は蹴りも出せていたので、いい感じの距離で戦えていたと思う」と振り返った。  今後の女子ミニマム級については「女子の3階級の中で一番目立つ階級にしたい。トーナメントを開催してもらって強い外国人選手を呼んでもらって、その中で私が倒してベルトを巻きたいと思っているので、ぜひ(トーナメントを)よろしくお願いします」と改めてトーナメントの開催を要望。  そしてMIOについては「MIO選手は他団体でチャンピオンだった選手。もっとパワーがあるのかと思ったが、そういうものは全然感じられなかった。ダメージを受けた印象はない」と話したうえで、前日の試合後の会見でMIOが「これからライバルとしてからんでいきたい」と話したことについては「私は正直、ライバルとは全く思わなかった。ライバルとMIO選手が思っているのだったら、フィジカルから鍛え直してこい、と思います」と辛らつなコメントを残した。

椿原龍矢が“番狂わせ男”の本領発揮。MVP男の王者・江川に判定勝ち【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

K-1を代表する存在となった江川がまさかの敗戦

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のセミファイナルでK-1 WORLD GPフェザー級王者の江川優生(POWER OF DREAM)が椿原龍矢(月心会チーム侍)と対戦。昨年11月に王座獲得後の初戦で敗れる波乱が起こった。  椿原はこれまで不利といわれる状況で底力を発揮し白星を重ねてきたのだが、今回も“番狂わせ男”の本領を発揮した形となった。  江川はフェザー級王座決定トーナメントで全試合1RKOで優勝し、王座獲得。そして今年2月の「K-1 AWARDS」でMVPを獲得するなどK-1を代表する顔となった。今回も武尊、武居由樹が出場しない中、王者としての責任を背負っての出場だった。  対する椿原は前戦の桝本翔也戦から階級をフェザー級に上げ、今回が2戦目。桝本にKO勝ちしたのだが、桝本はかつて江川にKO勝ちを収めたことのある強豪で、その実績が認められ今回の対戦にこぎつけた。

1年2カ月ぶりに復帰の卜部功也が「三階級制覇目指す」【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

新鋭・篠原悠人と延長にもつれる激闘を展開

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)でK-1のスーパー・フェザー級とライト級二階級を制覇した卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が1年2カ月ぶりの復帰戦で篠原悠人と対戦。延長の末、判定勝ちを収め、試合後にスーパー・ライト級への階級アップを宣言した。  1R、卜部はプレッシャーをかけて詰めて切れのいい左ミドルを放っていく。距離を制された篠原は戦いにくさを見せながら、時折放つ右ストレートで卜部を脅かす。  2R開始早々、卜部はプレッシャーをかけロープに詰めた篠原に右ジャブから左ストレートでダウンを奪う。その後も、卜部は左ミドル、そして左ストレートで篠原をぐらつかせる。一気に前に出た卜部だったが今度は篠原がカウンターの右フック。一瞬、効かされた卜部だったが、すぐに立て直し、右ジャブでけん制して篠原に追撃を許さない。

朝久泰央「やられたらやり返す。倍返しだ!」と弘輝に逆転KO勝ち【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

この試合からライト級に階級アップ

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のライト級スーパーファイトで朝久泰央(朝久道場)が2R56秒、KOで弘輝(team ALL-WIN)を下した。  朝久はKrushのスーパー・フェザー級では昨年2月に現王者のレオナ・ぺタスに敗れて以降は白星を並べたが、なかなかタイトル挑戦の機会は得られない状況が続いていた。その中で今年3月の「K'FESTA.3」でK-1ライト級王者の林健太の対戦相手が欠場となったことから、4日前に急きょ出場が決定。そんな状況にもかかわらず、林からダウンを奪ったうえで判定勝ちを収め、その実力を満天下に示した。

「覚悟があった」平山迅が不可思から3つのダウンを奪って判定勝ち【K-1大阪】

2020.09.23 Vol.Web Original

1R、カウンターの左ジャブで先制のダウン奪う

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で行われたスーパー・ライト級のスーパーファイトで不可思(クロスポイント吉祥寺)と平山迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が対戦。平山が3つのダウンを奪って判定勝ちを収めた。  1R序盤から平山の左ジャブが冴えわたる。不可思はプレッシャーをかけてローを放っていくが、このジャブが邪魔でなかなか中に入れない。  平山のジャブと不可思のローという展開の中、不可思はローからワンツーも見せていくが、平山の左ジャブがカウンター気味に入り、ダウンを喫してしまう。  2Rになっても平山のジャブと不可思のローという展開が続くが、ダウンを取られた不可思の右ローが目立ち始める。平山は右アッパーも見せ反撃するが、不可思の徹底した右ローで平山の左足ははれ、ローを嫌がる場面も出る。  不可思が主導権を取り返したかと思われたところで、今度は平山が左フックでダウンを奪う。

山崎秀晃が安保を1Rで粉砕KO。悲願の王座奪取に「神様が見てくれていた」【K-1大阪】

2020.09.22 Vol.Web Original

2018年のリベンジも果たす

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のメインで行われた「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」で挑戦者の山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が1R1分19秒、KOで王者・安保瑠輝也(team ALL-WIN)を下し、悲願のK-1王座を獲得した。  安保は昨年6月に難攻不落といわれたゲーオ・ウィラサクレックを延長の接戦の末、判定ながら破り、王座を獲得。しかしその判定に納得のいかないゲーオにリマッチを望まれ、12月に初防衛戦で再戦。ここでも延長にもつれ込む熱戦となったが判定勝ちを収めた。今年3月の「K'FESTA.3」では KNOCK OUT、RISEなど他団体で数々のタイトルを獲得してきた不可思を破り2度目の防衛に成功。短期間で4回目のタイトル戦となる。  この2人は新生K-1初となった2018年の大阪大会で年間最高試合を獲得する熱戦を展開。その勝利をきっかけに大きく飛躍した安保に対し、山崎は昨年8月から若い選手に胸を貸すマッチメイクが続いた。しかしその中でも3KO勝ちと内容と結果を積み重ね、今回のタイトル挑戦にこぎつけた。

高梨がK-1デビュー戦のMIOに判定勝ち。「思っていたより強さは感じられなかった」【K-1大阪】

2020.09.22 Vol.Web Original

MIOは1年7カ月ぶりの実戦

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で元シュートボクシング(SB)日本女子ミニマム級王者のMIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がK-1デビュー戦で高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)と対戦。0-3の判定負けを喫し、初陣を飾ることができなかった。  MIOは昨年7月、突如SBからの引退を発表。8月に行われたK-1大阪大会のリングに現れ、K-1への電撃参戦を表明した。今回の高梨戦は昨年2月の寺山日葵戦以来、約1年7カ月ぶりの試合となる。  対する高梨は2018年のデビュー戦からその剛腕で勝利を重ね、昨年5月に第2代Krush女子アトム級王者となるが、1度防衛した後、今年6月に王座を返上し女子ミニマム級に階級を上げ、今回がその初戦となった。

Copyrighted Image