高橋真麻が出産後、初の公の場。育児の寝不足は「局アナ時代の激務で鍛えた」

2020.07.06 Vol.Web original
 タレントの高橋真麻が、投資アプリの新サービス説明会に出席し、コロナ禍で迎えた出産や子育ての様子、父・高橋英樹とのエピソードについて語った。  5月1日に第一子の出産を報告後、初の公の場となった高橋。新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中での出産を振り返り、「立ち会いは禁止だったので、入退院に主人が付き添ってくれたり、主人のみ産後1時間ほど面会したりしていました」と、感染防止下での出産経験だったことを明かした。

ジャンポケ太田と近藤千尋夫妻が公共の施設へのおむつ交換台の設置を訴える

2020.01.21 Vol.Web Original

太田「母乳にも挑戦しようかと」、近藤「生活費も半々。子育ても半々」

 昨年10月に第2子が誕生したお笑いトリオ、ジャングルポケットの太田博久とモデルの近藤千尋夫妻が1月21日、都内で行われたイベントで公共の施設へのおむつ台とベビーケアルームの設置を訴えた。  この日、2人は『P&G パンパース「あなたらしい子育てがいちばん。」プロジェクト』記者発表会に登壇した。  同プロジェクトは日本中の子育てをする夫婦を支援すべく立ち上げられたもので、第1弾として道の駅をはじめとした全国の公共施設や商業施設などへおむつ交換台やベビーケアルームの設置支援を順次開始していく。今年中に100カ所をめどに設置していく予定という。  太田は子育てについては「やってるつもりだが、奥さんのお陰で仕事を制限なくやらせてもらっているので、子供と関わっている時間は少ない。でも家に居られる時間は母乳以外は全部やろうかなと思っている。最近は母乳にも挑戦しようかなと思っている。世のイクメンと言われている人は産休なども取っているので、おこがましいことは言えないが“手伝うという感覚はよくない”ということを出産ハウツー本で読んだので実践したいと思っている」などと持論を展開。  近藤は「うちは全部半々、生活費も半々。なので子育ても半々でやっている。いい意味で協力し合っているので、楽しいことも半分だし、悲しいつらいことも半分。それがうまくいっている秘訣かも」などと太田家のルールを明かした。

杉山愛が教える“3つ”の子どもとの向き合い方 「真剣に」「リミットをつけない」「待つ」

2019.10.19 Vol.Web Original
 “~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。  Nagatacho GRiD[永田町グリッド]にて公開収録された今回の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、元女子プロテニス選手でスポーツコメンテーターとして活躍する杉山愛さんが登場。  現役時代の悲喜こもごも、そして子どもと将来のプロテニスプレイヤーを育てる現在について、思いを口にした。

【徳井健太の菩薩目線】第28回「親として息子におくったアドバイスが正しいのか悩むなぁ」

2019.06.10 Vol.Web Original
“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第28回目は、中学に通う息子の“とある事件”を聞いた徳井氏の戸惑いについて、独自の梵鐘を鳴らす――。

【徳井健太の菩薩目線】第6回 ノーサイン野球!? 自主性は親が伸ばすから他のことを教えてあげてくださいよ

2018.10.30 Vol.Web Original
“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第6回目は、甲子園で話題を呼んだ“ノーサイン野球”に鑑みる教育論について梵鐘をつき鳴らす――。

新米パパのトレエン斎藤、育児芸人認定でにんまり「お風呂は毎日入れる」

2018.09.30 Vol.Web Original

 トレンディエンジェルの斎藤司が29日、都内で行われた、育児用品ブランドの「ChuChu(チュチュ)」の商品発表会に新米パパの代表として出席した。  6月に第1子となる娘・陽菜ちゃんが誕生。普段から積極的に育児に参加しているといい、「お風呂はほぼ毎日僕が入れていて、足をプニプニしたり、ほっぺたをグリングリンすると笑うんです。スキンシップしながら日々子育てをしています」と、目を細めた。 「顔は100対0で僕。今は髪の毛がフサフサだけど生えかわりの時期で抜け毛が心配」と不安を隠さなかったが、「成長が早いので目が離せない。日々小さなことが感動ですね」と話していた。

蛯原友里が仕事と家事の両立の秘訣を伝授!「家事はやれる人がやれるときにやる」

2018.09.27 Vol.Web Original
 モデルの蛯原友里が26日、都内で行われた、ファッションブランド「FABIA(ファビア)」の新CM発表会に出席した。  蛯原が出演する新CMは「よくばりな私が好き。」がコンセプト。それにちなんで、いま一番よくばりたいことを聞かれると、「いっぱいあります! 時間も欲しいし、新しいお洋服やバッグも……。極端な話をすると、疲れ知らずな体が欲しいです! 欲張りな女性ですね」と、笑った。  イベントでは、モデルを目指す女性とともにトーク。家事とモデル業を両立しているだけでなく、母親業もある。どうやっているのか聞かれると、「家では家事は分担ではなく、やれる人がやれる時にやる、というスタイルで助け合っています。一人じゃ何もできないので」と、エビちゃんのルールを紹介した。  CMはオンエア中。

スザンヌ&ユカイがアラサーママを応援

2014.05.27 Vol.618
20140527c.JPG
 アラサーママを応援する雑誌『aene(アイーネ)』の創刊記者発表会が27日、都内で行われ、子育てに奮闘中のスザンヌとダイヤモンド☆ユカイが登壇した。同誌で連載も行っているユカイは「明るくてポップ。パパにとっても、ためになる」と、プッシュした。

 28日発売の創刊号では、主婦が幸せに暮らせる街ランキングを発表。スザンヌが暮らす福岡市は対象となった813自治体のなかで6位にランクイン。スザンヌはこの結果に大喜びで、「海も山もあって、食べ物もおいしい。子どもとお散歩できるところも、迷うぐらいあって、毎日楽しい」とコメント。一方、ユカイが暮らす栃木県佐野市は「圏外」の結果に。「東京にも、思うより近い。東北自動車道で1時間、通勤圏内だよ。ラーメンもうまいし、アウトレットもあるのに......」と、少し落胆気味だった。ユカイはもともと埼玉県出身。「アウトレットに行ってドライブしたときに、空が青くて......LA(ロサンゼルス)のようだった。ここはLAじゃないか!って決めた」と、移住した理由を説明した。

 同誌には、ショッピングモールの情報や、便利なアイテム、世界の子育て事情など、アラサーママたち向けの情報が満載。表紙はママになったばかりの優木まおみが務める。スザンヌは「頑張るママがたくさん載っているので刺激されます」と、話した。

Copyrighted Image