SearchSearch

安保瑠輝也が山田洸誓と−67kg契約で対戦。山田の弱点“納豆”持ち出し「僕に負けたら食べてもらう」【THE MATCH 2022】

2022.05.30 Vol.Web Original

「THE MATCH 2022」(6月19日、東京・東京ドーム)の追加カード発表会見が5月30日、都内で開催された。

 RISEの現スーパーライト級王者の山田洸誓(正道会館KCIEL)とK-1の元スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)の対戦が発表された。

 山田が戦うスーパーライト級は−65kg、安保は現在、ウェルター級(−67.5kg)で戦っており、本来階級が違うのだが、今回は−67.0kg契約での対戦となる。

 安保は「THE MATCH 2022」の開催が発表になって以降、平本蓮と互いにSNS上でアピールし合うなど一時、対戦に向け機運が盛り上がるも実現には至らなかったことから「最初に話題になったカード、求められていた対戦相手ではなく、大衆が思っていたカードではないと思う」と断りつつも「山田選手の試合を見させてもらったが、65kgの王者で、今回67kgに階級を合わせてやる男気、そういった部分は認めます。地味ですけど実力もしっかりある」と山田の実力を認めたうえで「東京ドームで派手な試合を、安保瑠輝也を見せたい」と意気込んだ。

安保瑠輝也が今日も野杁正明との対戦をアピール。野杁は「正直興味はないが、決まればやる」と相変わらずのつれない返事【K-1】

2022.04.04 Vol.Web Original

安保は「今すぐやらせろと言ってるわけではない」

「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~」(4月3日、東京・国立代々木競技場 第一体育館)の一夜明け会見が4月4日、都内で開催された。

 K-1 WORLD GPウェルター級王者・野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がこの日も安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)の対戦アピールにつれない返事を返した。

 前日、安保はプライチュンポン・ソー.シーソムポン(GTジム)を1RKOで破った後のリング上で「野杁チャンピオンが判定で勝った相手を俺は1RKOで倒したんで、もう、挑戦者、俺しかいないでしょ。今年、チャンピオンの首狩ります」と野杁との再戦をアピール。その次の試合で加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)に2RKO勝ちした野杁は「僕にトーナメントであんな無様な姿で負けて、日本人最後の砦とか言っているんですけど、勘違いしてんじゃねぇぞと思う」などと辛らつな言葉を返していた。

 この日、先に会見した安保は「まあ、ずっと言ってるんですが、俺は野杁選手しか見ていないんで。僕の試合の後にマイクで“勘違いすんじゃねえよ”という言葉がありましたが、勘違いしてしまうほど進化して完全体になりつつある俺に意見を言いたいなら“チャンピオンとして拳でお願いしますよ”と俺は思っている。日本人に興味がないと言ってますが、俺はウェルター級に上げてから6戦していて、5勝で5KO。そういったところも含めて、他の日本人と一緒にするんじゃねえよ、という気持ちは俺自身も持っている。野杁選手も6月に対戦アピールを受けている選手もいると思いますし、僕は今すぐやらせろと言ってるわけではない。しっかりKOで倒したんで挑戦権はあるんじゃないかなと自分では思っているので、年内にどこかのタイミングでリベンジできればなと思っています」と野杁との対戦を改めてアピール。

野杁正明が加藤虎於奈にワンサイドのKO勝ち。試合後に海人と安保瑠輝也に好対照なアンサー【K-1】

2022.04.04 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~」(4月3日、東京・国立代々木競技場 第一体育館)で行われたウェルター級のスーパーファイトでK-1 WORLD GPウェルター級王者・野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)に2RKO勝ちを収めた。

 試合後のマイクでは前日のRISEで改めて6・19東京ドームで野杁との対戦をアピールしたシュートボクシング(SB)のエース、海人とひとつ前の試合でKO勝ちした後に野杁への挑戦をアピールした安保瑠輝也に好対照なアンサーを返した。

 野杁は昨年9月のK-1横浜大会で行われた「第2代K-1ウェルター級王座決定トーナメント」を3連続KO勝ちで制し、王座に就くと今年1月に行われた「K-1 AWARDS 2021」ではMVPを獲得した。

近藤魁成が40秒でKO勝ちにも「まだ自分の100%を出し切れてない」【Krush.133】

2022.01.29 Vol.Web Original

「Krush.133」(1月28日、東京・後楽園ホール)の一夜明け会見が1月29日、都内で開催された。約10カ月ぶりの復帰戦で、アラン・ソアレス(ブラジリアンタイ)にわずか40秒でKO勝ちを収めた近藤魁成(大成会館/キックボクシングジム3K)が改めて新階級での戦いへの手ごたえを語った。

 右手のケガによる欠場からの復帰戦とあって近藤は「10カ月ぶりの試合でKOで勝ててホッとしている」とまずは安どの表情。

 近藤はこれまで戦ってきたウェルター級(−67.5kg)から、今後はスーパー・ライト級(−65.0kg)に階級を下げる意向であることから今回は-66.5kg契約で戦ったのだが「体的にもあっているのかなと思った。自分の力を出せる階級だと思った」と語った。2019年8月のK-1大阪大会では現Krushウェルター級王者の松岡力を1RKOで下すなど、ベルトを巻くのも時間の問題と思われた近藤だが、2020年に行われた「第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント」の決勝では右手首を負傷しTKO負けを喫するなど現在、遠回り中。ベルトについては「いずれは絶対に獲るつもりでいるので、一つずつ上っていきたい。あまり期間とかは考えていない」と特に焦りはない様子。今後戦いたい相手も「自分は前に出る選手だと思っているので、かみ合う選手とやれれば」と語った。

K-1でのファイナルで敗れた木村ミノル「僕のチャレンジは始まったばかり。第2章のスタート」

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が12月5日、大阪市内で開催された。

 メインイベントでK-1でのファイナルマッチを戦った木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)が改めて前日の試合を振り返った。

 木村は自らの持つスーパー・ウェルター級王座をかけて和島大海(月心会チーム侍)と対戦し、3R2分50秒、KO負けを喫した。一夜明け会見は通常、勝者のみが参加することからサプライズでの参加となった。

 木村は「昨日は試合前からすごい注目を集めていたと思うし、たくさんの人の協力があって最高の舞台だったと思います。その中で試合ができたことが気持ちよくて、最高に幸せな瞬間でした。結果はあれ(負け)ですけど、自分の気持ちはぶれることなくまだ前を向いているんで、これからも突き進んでいこうと思います」と振り返った。

 敗因については「やはり、K-1のリングは次のことを考えたままやったり、違うところにフォーカスしていては勝てない厳しいリングだと思う。気持ちの面で和島選手のほうがK-1のベルトを獲るということでは気持ちが強かったのだと思う」などと語った。自らの気持ちについては「甘さはない。逆で、自分にストイックになりすぎた。いろいろなことを背負ったではないが、いろいろなことを表現したかったし、K-1のためにも自分の未来のためにも僕の中でもたくさんチャレンジした大会だった。そういう意味では甘さはなかった。試合に対しても精いっぱいできるだけの体を作ってきたし、練習にも全部注ぎ込んできた。和島選手に勝つために一生懸命になっていたんで、そこ(甘さ)はないんですが、K-1のリングで戦うという覚悟などは和島選手のほうが強かったんだと思う」と敗れて悔いなしか。

安保瑠輝也が木村ミノルに突如の対戦要求。木村は「なくはないかな。考えてみたい」【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

安保「いけてるアンサーを待ってます」

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が12月5日、大阪市内で開催された。

 第13試合で海斗に1RでKO勝ちを収めた安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)がK-1でのファイナルマッチで和島大海に敗れた木村“フィリップ”ミノル(PURGE TOKYO)に対戦を呼びかけた。

 安保は今後について「コンディションは全然いいんで、次、2月に試合はしたいと思っているんですが、ウェルター級では日本人に相手がいない。野杁選手と俺の2トップになっている」と話したうえで「今回、俺からの提案なんですけど、昨日、木村ミノル選手がファイナルマッチをされたじゃないですか。これでファイナルだと思うんですが、最後の試合で負けたまま次のステージに臨むというのは気持ち的にもすっきりしないんじゃないかなと思うんで、俺が木村選手とやりたいと思っています。俺からケンカを売らせてもらっているんで、70kgに合わせるんで、スペシャルマッチとしてやらせてもらえないでしょうか。今、K-1の日本人同士で一番盛り上がるカードはこれだと思うんで。いけてるアンサーを待ってます」と突如、木村との対戦をぶち上げた。

 そして木村については「ずっと試合をしたいと思っていた相手。僕は去年の山崎選手との試合(9月22日、K-1大阪大会)の時に“この試合の後に木村選手とやりたい”と先を見ていてやられた。多分、木村選手も同じ状況だと思うんです。先を見ていて和島選手に負けた。気持ちとしては分かる。このままどこかに行くのは違うのではないかと思っている」と昨年夏に山崎秀晃に敗れた自分に重ね合わせた。

野杁正明が3連続KOで2階級制覇。決勝では安保に非情なボディー攻撃【K-1】

2021.09.21 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)で行われた「K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」の決勝で野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)が対戦し、野杁が3Rに3つのダウンを奪ってKO勝ちを収めた。

 野杁はスーパー・ライト級に続く2階級制覇となった。

 1R、野杁の左インローに安保の足が流れる。野杁の左ミドルに安保は右ストレート。野杁はプレッシャーをかけ右カーフ、安保は下がりながらも右ストレート、左フック、左ミドルで野杁を下げさせる。それでも野杁はプレッシャーをかけパンチを放っていく。

優勝候補の野杁正明に安保瑠輝也「勝てないと思っていたら階級を上げていない」【9・20 K-1】

2021.07.31 Vol.Web Original

ウェルター級王座決定トーナメント開催

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)の第1弾カード発表会見が7月31日、東京都内で開催された。

 今大会では初代王者の久保優太の王座返上により空位となっていたウェルター級の王座決定トーナメントが開催される。

 K-1では世界王座を決めるトーナメントについては新型コロナウイルスの影響による入国規制で海外の選手の入国が困難な状況のうちは行わない方針を掲げていた。9月大会については海外からの強豪を招聘してのトーナメントを開催すべくスポーツ庁ら関係各所と調整を続けたが、緊急事態宣言の発令や東京五輪開幕後の新型コロナの感染者数の増大などにより、外国人選手の招聘が困難と判断。今後もいつになったら外国人選手を呼べるか分からないことやトーナメントに向け準備をしてきた選手たちのコンディション等を考慮し、国内にいる選手で王座決定トーナメントを開催することを決断した。

 1回戦は(1)小嶋瑠久(PURGE TOKYO)vs 寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)、(2)野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs 加藤虎於奈(EAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)、(3)安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)vs アラン・ソアレス(ブラジル/ブラジリアンタイ)、(4)松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)vs マキ・ドゥワンソンポン(タイ/真樹ジムAICHI)の組み合わせ。(1)と(2)、(3)と(4)の勝者が準決勝を戦い、その勝者が決勝で対戦する。

安保瑠輝也が3階級制覇も視野「ここから上の階級は全部制覇してやろうと思っている」【K-1】

2021.07.17 Vol.Web Original

山崎戦敗戦からの再起戦で秒殺KO勝ち

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~」(7月17日、福岡・福岡国際センター)で前スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也(team ALL-WIN)が幸輝(インタージム)と対戦し、1R53秒でKO勝ちを収めた。

 安保は昨年9月のK-1大阪大会で山崎秀晃に敗れ、王座陥落。今回から階級をウェルター級に上げ、再起戦に臨んだ。

 対する幸輝は九州・沖縄を主戦場に試合を続け、今年4月のKrushでK-1ジャパングループに初参戦。FUMIYAを右ストレート一撃で沈めるインパクトのある勝利を挙げ、今回のK-1参戦にこぎつけた。

 試合は1R開始早々、安保は幸輝の右ストレートでスリップダウンを喫するが、再開後、向かってきた幸輝くにワンツーを決め、早くもダウンを奪う。立ち上がった幸輝だがダメージは明らか。安保は右ストレートからの左フックで2度目のダウンを奪う。最後は2弾蹴りのジャンピングハイキックからミドルキックで2度目のダウンを奪い、わずか53秒でKO勝ちを収めた。

前スーパー・ライト級王者・安保瑠輝也が階級アップして10カ月ぶりの再起戦【K-1福岡】

2021.05.19 Vol.Web Original

衝撃KO男の幸輝と対戦

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」(7月17日、福岡・福岡国際センター)の第1弾カード発表会見が5月18日、東京都内で開催された。

 新体制になってからのK-1が福岡で大会を開催するのは昨年11月に続き2回目となる。
 
 ウェルター級のスーパーファイトで安保瑠輝也(team ALL-WIN)が昨年9月の大阪大会で山崎秀晃に敗れて以来の再起戦に臨む。

 当時、スーパー・ライト級王者だった安保は3度目の防衛戦で山崎にKO負け。王座を明け渡した。今年1月に復帰予定だったが、大会自体が新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための緊急事態宣言の発令で延期になったことと、長年悩まされていた拳の負傷の手術を行ったため、復帰がここまで延びていた。

 今回からウェルター級に階級を上げての試合となる。

 対戦相手の幸輝(インタージム)は今年4月のKrush後楽園大会でK-1 JAPAN グループ初参戦。FUMIYAを右ストレート一撃で沈めたのだが、その衝撃的なKOシーンがインターネット上で話題となった。

「安保瑠輝也vs山崎秀晃」が2度目のベストバウト。2年前とは立場が逆転【K-1】

2021.02.11 Vol.Web Original

大阪大会のタイトル戦。山崎がタイトル奪取

 K-1 JAPAN GROUPの年間表彰式「K-1 AWARDS 2020」が2月10日、東京都内で開催され、最高試合賞(ベストバウト)に昨年9月22日のK-1大阪大会で行われた「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」安保瑠輝也(team ALL-WIN)vs山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)戦が選ばれた。

 2人は2018年12月の新生K-1初の大阪大会で対戦し、延長にもつれ込む熱戦の末、安保がKO勝ち。その試合は2019年のK-1 AWARDSでベストバウトに選ばれていた。

 今回は前戦と一変、山崎が1R開始から怒涛のラッシュをかけ圧勝のKO勝ちを収めた。

 先にマイクを握った安保は「この試合に関してはぶっ倒されただけなので、賞をいただくのは気まずいんですけど。山崎選手とは2018年に試合をした時に同じ賞をいただいていて、今回は負けてもらった。次から階級を上げることになって、その復帰戦が3月に決まったんですが、手を手術することにして、試合が延期になってしまった。上げた階級でしっかりチャンピオンになって、山崎選手と3度目の対戦を、ベストバウトを取れるような試合を、最終決戦させていただければと思っています」とリベンジを誓った。

Copyrighted Image