SearchSearch

古川雄輝「業者に頼むとけっこうな値段がかかるから(笑)」癒しの時間は「車をいじる」

2022.08.06 Vol.web original

 

 映画『劇場版 ねこ物件』の公開記念舞台挨拶が6日、都内にて行われ、主演・古川雄輝らキャスト陣と綾部真弥監督が登壇。古川が癒しの時間について語った。

“ねこ×イケメン×シェアハウス”をテーマにした人気ドラマ「ねこ物件」の劇場版。猫付きシェアハウスを舞台に、猫と人とのつながり方や新しい家族の形を描いたハートフル・ストーリー。

この日は、物語の舞台となるシェアハウスの住人が全員集合し、撮影裏話で大盛り上がり。主演・古川雄輝が「公園のシーンで、長井短さんが去って行く走り姿が、心情が現れていてすごく上手だなと思って長井さんにそう言ったら“私、走り方がヘタなだけなんです”って(笑)」と明かすと、長井が「その後、車に乗りこむシーンがあるんですが、私は運転席に座るのが人生初で、電源がついてないから何を触ってもいいだろうとクラクションを押したらパーッ!って(笑)。助手席の古川さんにドン引きされました」と明かし、笑いを誘った。

 細田佳央太は「ネコのチャーにシャーって何度か言われた」、上村海成は「僕たちがネコちゃんをみんなで眺めているというシーンは、大概、大きな男の人(スタッフ)が人形を動かしていて、僕たちはそれを眺めて微笑ましそうにしている」など、撮影現場の雰囲気が伝わるほっこりエピソードが続々。

 そんなイケメン俳優陣の中心にいるのは、もちろん個性豊かなネコたち。古川は「実は、外でネコを抱っこするシーンは、ネコちゃんたちの安全に配慮して、見えないようにヒモをつけたり周囲をネットで囲ったりしています。そんな中でのネコちゃんたちの芝居を見ていただければ」と語り、綾部監督も「ミラクルなタイミングでネコが脚本通りに動いてくれたり、技術的な方法を使ったり、かなりネコ撮影の技術を注ぎ込みました」。

 この日は、キャスト陣に「癒しの時間とは」と質問。古川は「自分の趣味をやっているときが癒しの時間。最近は車に乗っている時間ですね。けっこうイジッたりもします。昨日も、新しい車が届きまして、ドラレコの配線を自分でやりました。業者さんに頼むとけっこうな値段するので(笑)」と、車好きな一面を明かした。

 最後に古川は「自分にとってネコとは?」と聞かれ「主人公と一緒で、家族ですね。いて当たり前の、癒しの存在です」。フォトセッションには、映画に出演したネコのクロ、チャー、シシマルも参加。会場もすっかり癒されていた。

 この日の登壇者は古川雄輝、細田佳央太、長井短、上村海成、本田剛文、松大航也、金子隼也、綾部真弥監督とネコのクロ、チャー、シシマル。

 映画『劇場版 ねこ物件』は公開中。

田中圭「自信作どころじゃない」主演作で「自分以外の全部をほめてもらった」

2022.04.02 Vol.web original

 

 映画『女子高生に殺されたい』公開記念舞台挨拶が2日、都内にて行われ、主演・田中圭をはじめキャスト陣と城定秀夫監督が登壇。田中は「日本映画として確実に傑作」と胸を張った。

『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』などの鬼才・古屋兎丸による禁断の漫画を映画化。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人の9年間に及ぶ、前代未聞の“自分”殺害計画を描く。

 公開初日に友人と見に行ったという田中は「友人なので僕のことはほめないんですけど、自分以外の全部をほめてくれた」と話し、自身が演じた東山について「簡単な言葉で言うと変態なんですけど、応援したくなったと言われてうれしかった」と相好を崩した。

 司会から自信作かと問われると、田中は「自信作どころじゃないですよ!」と声を張り上げ「何を見せられているんだろうと思う方も中にはいると思うけど、日本映画として確実に傑作。“最近、何か面白い映画あった?”と聞かれたときに『女子高生に殺されたい』と言えばアイツ、センスいいなと思われますよ」と請け負った。

千葉雄大「こういうことを言うとまた“あざとカワイイ”って言われるけど…」やめられないことを告白

2021.08.21 Vol.Web original

 

 映画『子供はわかってあげない』公開記念舞台挨拶が21日、都内にて行われ、上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大と沖田修一監督が登壇。映画にちなみ「分かっているけと分かりたくないこと」のお題で盛り上がった。

 第24回手塚治虫文化賞・新生賞などを受賞した田島列島による人気漫画を映画化した青春ストーリー。

 コロナの影響で1年の延期を経ての公開に、主演・上白石も「私にとって本当に大切な映画が無事公開できました」と感激。

 早くもSNSで絶賛の声が相次いでいる本作。とくに感動の声が多い告白シーンについて、主人公・美波役の上白石は「実はみんなで、ラストシーンだけ後ろで見ていたんです」と観客を驚かせ「自分でも原作や台本を読んだときに震えたシーン」と、思い入れを語った。

 美波が引かれるシャイな青年もじくん役の細田は、撮影当時、現役の高校生だったと振り返り「技術面でも精神面でもまだまだ足りてないときにこの作品に出合い、とくに上白石さんの役作りを含めた精神的な強さに感化されました」と上白石を絶賛。

 一方、その兄役を演じた千葉雄大は沖田作品『モヒカン故郷に帰る』での沖田監督とのエピソードを披露。「作品のキャンペーン時、ホテルでみんなで飲んでいたとき、沖田さんが僕の胸ぐらをつかんで取っ組み合いみたいになって…」とひょうひょうとした表情で語り出し、会場を驚愕させると「ウソなんですけど」。これには細田も思わず「メチャクチャ信じましたよ!」と苦笑い。

 真相は、千葉いわく「沖田さんが酔っ払いながら“オレについてこい、任せとけ!”と言ってくださって、今回本当に呼んでくださった。有言実行の男だなと思いました」。

 沖田監督は照れながら「酔っぱらっていてよく覚えてなくて。次の日、周りから“千葉くんにすごいこと言ってたよ”と教えられた。千葉雄大様…と手紙を書こうとした」と苦笑。「酔っぱらってのことでも、覚えてなくてもうれしかったです」と千葉が言うと、上白石や細田も「自分も言われたい!」。

岩田剛典、前田敦子の“奇跡”トークも飛び出す! 映画『町田くんの世界』豪華俳優陣が持ち回りで司会

2019.06.08 Vol.Web Original



 映画『町田くんの世界』公開記念舞台挨拶が8日、都内にて行われ、主演の新人・細田佳央太と関水渚、共演の岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、松嶋菜々子そして石井裕也監督が登壇した。

 運動も勉強も苦手だが、すべての人を分け隔てなく愛する才能を持つ主人公“町田くん”が、人嫌いのクラスメイト“猪原さん”と出会い、初めての感情と向き合いながらやがて周囲の人々をも変えていく物語。

Copyrighted Image