SearchSearch

マエストロたちの表現力に圧倒『武士の献立』

2014.06.08 Vol.619

“刀”ではなく“包丁”で、藩に仕えた、実在の武家一家の物語。大ヒット作『武士の家計簿』に続き、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾。君主とその家族の食事をまかなう役目を担う“包丁侍”が、料理上手な家族に支えられながら、刀ではなく料理の力で、藩の動乱を乗り越える! 『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三監督作。抜群の味覚と料理の腕を持つ出戻り年上女房・春を、8年ぶりの映画主演となる上戸彩。包丁侍の家系に生まれたことに反発する跡継ぎ・安信役に高良健吾。舟木家の父・伝内役を西田敏行、その妻・満を余貴美子が演じる。加賀藩に実在した包丁侍・舟木伝内と息子の安信が遺した献立書『料理無言抄』のレシピをもとに忠実に再現された料理にも注目。

Copyrighted Image