【今月の一言】小池都知事、原監督、設楽悠太、萩生田光一文部科学相

2019.11.11 Vol.724
 小池百合子都知事が2020年東京五輪マラソン・競歩の札幌移転について 「あえて言うなら合意なき決定であります」(1日、IOC調整委員会の4者会議で) →そもそも立候補したことが間違ってる。誰が都知事の時に立候補したんだっけ?  巨人・原辰徳監督がFA制度について 「人的補償はなくす必要がある」(11月4日) →巨人のためにとしか聞こえない。  陸上の男子マラソン前日本記録保持者の設楽悠太が東京五輪代表について 「そっちよりも1億円がほしい。お金のために走る」(11月3日) →MGCで一銭ももらわなきゃそうなるわな。  萩生田光一文部科学相が来年度からの大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験をめぐり 「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」(10月24日のテレビ番組で) →結果、この発言がきっかけでこの制度の駄目さが広まったわけか…。

大迫と設楽が箱根のランナーを応援! 恒例のサッポロビールCM

2019.01.02 Vol.Web Original

 サッポロビールは、2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(日本テレビ系で放送)で「第95回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別バージョンを放映する。  今回のCMには、2018年にマラソンの日本記録を立て続けに更新した箱根駅伝OB、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)と設楽悠太(Honda)が出演。彼らにとって箱根駅伝とはなんだったのかと取材した話をもとにナレーションを構成、陸上競技や箱根駅伝に対する思いをひも解いている。

東京マラソンで日本新記録の設楽が褒賞金1億円ゲット!

2018.03.10 Vol.704
「東京マラソン」(2月25日、東京都庁前−東京駅前=42.195キロ)で男子はディクソン・チュンバ(ケニア)が2時間5分30秒で4大会ぶりの優勝を果たした。女子はベルハネ・ディババ(エチオピア)が2時間19分51秒で初優勝した。  日本の男子は設楽悠太が日本新となる2時間6分11秒で2位に入った。これまでの高岡寿成の日本記録を16年ぶりに5秒塗り替えた。  設楽には日本実業団陸上連合から日本新記録の褒賞金1億円が贈られる。この褒賞制度は同連合が2015年に2020年東京五輪のマラソン強化策として創設。褒賞金は男女の日本記録突破者に1億円、所属チームに5000万円で支給は今回が初めて。

Copyrighted Image