SearchSearch

聖火が横浜到着で30日にセレブレーション! GENERATIONS、EXILE ÜSA、EXILE TETSUYAらが出演&パフォーマンス

2021.06.29 Vol.Web Original

 聖火の到着を祝う「NTT Presents 東京2020オリンピック聖火リレーセレブレーション ~CONNECTING WITH HOPE ひとりひとりの、希望の光をつなぐ~」が30日、ライブ配信される。配信は17時40分スタートで、YouTubeなどで視聴できる。公演時間は約3時間半の予定。

 当日は、聖火ランナーによって聖火が届けらるほか、GENERATIONSのライブパフォーマンス、中学生とEXILE ÜSA、EXILE TETSUYAによる『Rising Sun』、書道家の武田双雲による「書」を使ったパフォーマンスなどが行われる。また、アーティスティックな聖火ランナーの応援プログラムも見逃せない。

 セレブレーションは、NTTと東京2020組織委員会、東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が共同で行うもの。当初は、有観客で開催の予定だったが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、無観客・生配信で行われることになった。

ゴールデンウイークは野外で細田作品! みなとみらいで野外シアター

2019.04.04 Vol.Web Original

 無料で映画鑑賞が楽しめる野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」が今年も5月1日~5日、横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAに登場する。昨年は33万人が来場した人気イベントで、今年も多くの人が足を運びそうだ。

 横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAの2会場で行われる。

 横浜赤レンガ倉庫の会場は、「米国アカデミー賞 ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題して、スタジオ地図全面協力のもと、史上初となる細田守監督の歴代5作品の野外上映を行う。1日に『時をかける少女』でスタートし、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』、そして『未来のミライ』でフィナーレを飾る。

 もう一つの会場のMARINE & WALK YOKOHAMAでは、近年のミニシアター映画の傑作5作品。1日から順に『君の名前で僕を呼んで』、『ムーンライズ・キングダム』、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』、『シング・ストリート 未来ヘのうた』、『ベイビー・ドライバー』。
 
 いずれも入場料無料で、事前予約も不要。飲食物の持ち込みもできる。

Copyrighted Image