SearchSearch

インド映画「ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画」にみるインド映画事情!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2021.01.27 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  緊急事態宣言で家にいることが多いことから、自然とネットを見ることが増えてきます。  よく分からない情報がたくさんなんですが、たまに“これはっ”と思わされる情報もあって、全く油断ができません。脚本を書かないといけないのは分かっているんですが…。  まあ、それはそれということで、今週も始めましょう。鑑賞記です。

最新福田映画「新解釈・三國志」に見る“ヒット作連発”の秘密【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2021.01.20 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  緊急事態宣言の中、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?  僕は宣言明け後のお仕事に向け、粛々と準備をしながら絵を描く毎日です。描きすぎて、かなり上手くなってきている気がします。  去年の宣言の時もそうですが、この間に何をやるかなんでしょうね…ということにしましょう。  今週も鑑賞記です。では始めましょう。

最高傑作の続編ゾンビ映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」は1作目を超えられたのか!?【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2021.01.13 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  緊急事態宣言の中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。  僕は基本的に不要不急の外出は自粛してるんですが、そうなると家でニュースとかSNSを見る機会がいつも以上に増えてしまって、いろいろと考えさせられることが多くなったり、エンタメ関係の延期や中止のニュースにやるせない気分になったりします。  いろいろ疑問に思うことや、こうすればいいのに的なことを思うこともあるんですけど、とりあえず今のところは我慢します。今後どこかでアウトプットすることがあるのかないのか…。  まあ、とりあえず諸々の感情は置いておいて、今週も鑑賞記、始めましょう。

まさに“動く絵本”!アイルランドの伝説をもとにしたアニメ映画「ウルフウォーカー」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2021.01.06 Vol.web original
あけましておめでとうございます、黒田勇樹です。 年明け早々、何やらまたまた大変な状況になっているようです。 緊急事態宣言も、どういう形になるのか。それによってはちょっとなあ、と思う今日この頃です。 とりあえずはこれまで同様、家で絵を描きながら来たるべき日に備えて充電しようかと。 いつだ?来たるべき日って? 今週も鑑賞記です。

アニメ映画「えんとつ町のプペル」窪田正孝の“ココがカッコいい!”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.12.30 Vol.web Oliginal
 こんにちは、黒田勇樹です。  いろいろあった2020年もなんだかんだいってあと2日を切りました。  いろいろありすぎて、残り48時間を切っている今でもまだなんか起きるんじゃないかと不安です。とりあえずもう何事もなく1年が終わることを願いましょう。  年が明けてから読む方もおられると思います。  今年もお世話になりました。そして明けましておめでとうございます。  では今週もはじめましょう。

黒田勇樹「まさか自分がアメリカの大統領選を気にする日が来るとは」【2020年重大ニュース】

2020.12.25 Vol.736

気になるあの人の2020年重大ニュース

12人の識者が激動の2020年を振り返る  2020年が終わろうとしている。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響による緊急事態宣言などで「時間が止まった」こともあり、あっという間の1年だったと思う人も多いのでは? 本来だったら今年は夏に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、今頃は「beyond2020」を旗印に2020年以降の日本のあり方が議論されていたころだろう。ところが現在は新型コロナウイルスの猛威のせいで日本どころか世界中が「withコロナ」の新しい時代を模索している。後世、語り継がれることになるであろう2020年の重大ニュースを各界の著名人の方々に挙げてもらった。

異文化と“男の顔”が堪能できるイスラエル映画「声優夫婦の甘くない生活」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.12.23 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  最近、また何かと世間が騒がしく、ちょっと前まで本番をやっていた身としては同業者の方々のご苦労が手に取るように分かるだけに、何とも言えない気分で家にこもって絵を描いています。  今年は大晦日の終日運転が中止になったそうで、ちょっとコロナが収まった時に年末年始のイベントを計画していた方々は今どうなっているんだろうとも…。  とにかく、生き残って来年また頑張りたいです。頑張りましょう。  では今週も始めましょう。

大作邦画「サイレント・トーキョー」に見る日本アクション映画の抱える“問題”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.12.16 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  先日、終わりました舞台「ウイルス・ブルース」なんですが、2週間経ったところでキャスト・スタッフ、ご来場者様共に感染の報告がなく、皆様の対策へのご協力に感謝するとともに、ほっとする今日この頃です。  ぼちぼち来年に向けての準備を進めているのですが、早くこういうことを気にせず過ごせる日が来てほしいものです。  今週も鑑賞記です。では始めましょう。

王道の冒険映画にしてアンハサウェイを愛でまくれる「魔女がいっぱい」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.12.09 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  先日、舞台が終了しまして、一瞬、抜け殻になったんですが翌日からすでに来年に向けて走り出しています。  ちょっと早いんですが、振り返ってみると今年は7本の作品を作りました。新型コロナ禍で、我ながらよく頑張ったと思います。  来年についてはまだ発表できないことが多いのですが、今年よりもなお一層、充実したものになる予感がしています。そのためにも早くコロナが収束してほしいと思う今日この頃です。  さて今週も始めましょう。

痛くて笑える青春を描いた、なぜか皆の心の中にいる実在の人物“佐々木”の映画「佐々木、イン、マイマイン」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.12.02 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.10「ウィルス・ブルース」が11月29日に無事終了しました。  面白いものを作れたと実感してます。そしてたくさんの感想もいただいております。関係してくれた皆様、そして陰ながら応援してくださった皆様、ありがとうございます。  今年は表立った活動はこれが最後になります。来年もよろしくお願いいたします。  いや、何かお話がきましたら、全然表立った活動もやらせていただきますけど。  今週も始めましょう。

安楽死を題材にした「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」に見る“モラルの在り方”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2020.11.25 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  現在、三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.10『ウィルス・ブルース』が絶賛上演中です。  今回もいろいろな感想をお寄せいただいております。ありがとうございます。面白いことをやっている自信がありますので、ご興味のある方はお早めに。  完売している回もありますが29日までやってます。  今回は鑑賞記です。  人生相談も引き続き募集中。  では始めましょう。

Copyrighted Image