元NFLスターのパット・マカフィーとアダム・コールが「NXTテイクオーバーXXX」で対戦【WWE NXT】

2020.08.07 Vol.Web Original

解説のマカフィーにコールがちょっかい

 WWE「NXTテイクオーバーXXX」(日本時間8月23日、WWEネットワークで配信)で元NFLスターのパット・マカフィーとアダム・コールの遺恨戦が行われることが決定した。  日本時間8月7日に配信された「NXT」でマカフィーが解説する中でインペリアムとジ・アンディスピューテッド・エラのNXTタッグ王座戦が行われると、試合途中にセコンドのコールがマカフィーの解説にクレームを入れてペットボトルの水をぶちまけてしまう。  トリプルHやショーン・マイケルズらが仲裁に現れて場外が大混乱となると、その隙にインペリウムがボビー・フィッシュをヨーロピアンボムで沈めてNXTタッグ王座を防衛した。

KUSHIDAがトリプルスレット・シリーズ戦に参戦【WWE NXT】

2020.08.07 Vol.Web Original

勝てば北米王座決定ラダー戦に出場

 WWE「NXT」(日本時間8月7日配信)でKUSHIDAが次週のNXTで行われるトリプルスレット・シリーズ戦へ参戦することが決定した。  このトリプルスレット・シリーズ戦は「NXTテイクオーバーXXX」(日本時間8月23日、WWEネットワークで配信)で行われる北米王座決定ラダー戦の予選として行われ、3人のうちKUSHIDAとキャメロン・グライムスの2人の参戦が発表された。  すでにブロンソン・リードとダミアン・プリーストがトリプルスレット・シリーズ戦に勝利して予選を突破。同じく予選突破したデクスター・ルミスは負傷欠場となったため、次週の予選最終戦の勝者と、予選4試合でフォール負けまたはタップアウトしていないスーパースターによる2試合のシングル戦の勝者が5人で行われる王座決定ラダー戦に進むこととなった。  果たしてKUSHIDAは予選を突破して王座決定戦への出場を決めることができるのか? 次週の「NXT」は日本時間8月14日にWWEネットワークでVOD配信される。

紫雷イオvsダコタ・カイのNXT女子王座戦が8・23「NXTテイクオーバーXXX」で決定【WWE NXT】

2020.08.07 Vol.Web Original

次期挑戦者決定戦でダコタがリアに勝利

 WWE「NXT」(日本時間8月7日配信)で紫雷イオvsダコタ・カイのNXT女子王座戦が「NXTテイクオーバーXXX」で行われることが決定した。  この日のNXTでイオと抗争を展開するダコタがリア・リプリーと次期NXT女子王座挑戦者決定戦で激突。パワーに勝るリアがダコタを圧倒したが、試合途中にメルセデス・マルティネスがレフェリーの死角から現れてビッグブートをリアに叩き込むと、すかさずダコタがGTKでリアに止めを刺して3カウント。ダコタが逆転勝ちでNXT女子王座挑戦権を獲得した。試合後、イオはこの結果に「なるほどね」と王者の余裕を感じさせるツイートを投稿した。 「NXTテイクオーバーXXX」は日本時間8月23日にWWEネットワークで配信される。

紫雷イオが因縁のダコタにタッグ戦で快勝【WWE NXT】

2020.07.31 Vol.Web Original

次週のNXTでダコタとリアが王座挑戦者決定戦

 WWE「NXT」(日本時間7月31日配信)で“漆黒天女”ことNXT女子王者・紫雷イオがティーガン・ノックスとタッグを組んで因縁のダコタ・カイ&キャンディス・レラエと激突した。  王座挑戦を目論むダコタが先に入場したイオを襲撃して試合前から波乱となるも、そのまま試合がスタートすると怒り心頭のイオはヒザ連打からドロップキックをダコタに決め「オラー」と雄叫び。  一方のダコタもキャンディスと連携しながらブレーンバスターを決めてイオに反撃したが、イオはスプリングボード・ミサイルキックやジャーマン・スープレックスでダコタを攻め込み試合の主導権を握る。終盤にはキャンディスに連続攻撃を仕掛けた上で場外のダコタにトペ・スイシーダを決めるなど圧倒。続けてティーガンがレフェリーの死角を突いてシャイニング・ウィザードをキャンディスに叩き込むと、最後はイオがコーナートップから必殺のムーンサルトでキャンディスにとどめを刺して3カウント。イオは王座を付け狙うダコタを蹴散らしてタッグ戦に快勝。敗れたダコタは次週のNXTでリア・リプリーと王座挑戦者決定戦で激突することが決定した。

NXT王者キース・リーがカリオン・クロスの王座挑戦を受諾【WWE NXT】

2020.07.31 Vol.Web Original

「時間と場所を選べ! ぶっ飛ばしてやる」

 WWEのNXT王者キース・リーが日本時間7月31日に配信された「NXT」でカリオン・クロスの王座挑戦を受諾した。  この日、リーはリングに登場すると「クロス! お前は明らかに俺の注意を引いたぞ。男らしくここに出てこい」と先週のNXTでリーの盟友ドミニク・ダイジャコビッチを破ったクロスを呼び出した。  しかし、ここで現れたのはキャメロン・グライムス。「NXT王座を奪いに来たぞ」と軽口をたたきながらの登場に怒ったリーは片手でグライムスを投げ飛ばして襲い掛かる。途中、突如会場が暗転するもリーは構わずスピリットボムでグライムスを撃退すると、クロスが会場ビジョンに現れて「2つの選択肢を与えよう。俺にNXT王座に挑戦させるか、皆と同じように苦しむかだ!」と王座戦を要求。これにリーは「時間と場所を選べ! ぶっ飛ばしてやる」と言って王座挑戦を受諾した。

2冠王者リーが北米王座を返上。「NXTテイクオーバー:30」で王座決定ラダー戦【WWE NXT】

2020.07.24 Vol.Web Original

リーが「みんなに機会を」と返上理由を説明

 WWE「NXT」(日本時間7月24日配信)で史上初のNXT王座&NXT北米王座の2冠王者であるキース・リーが北米王座返上を発表した。リーは前週のNXTでドミニク・ダイジャコビッチを破り初防衛に成功していた。  リーは「私は機会を生かして王座をつかんだ。皆が私と同じ機会を得られるように北米王座を返上する」と自身の王座への道のりを話しながら理由を説明した。  これを受けたウィリアム・リーガルGMは「NXTテイクオーバー:30」でNXT北米王座決定ラダー戦を行うこと、合わせてその予選としてトリプルスレット・シリーズ戦を行うことも決定した。

王者・紫雷イオが喧嘩を売られたダコタ・カイに「次週のNXTで会おう」【WWE NXT】

2020.07.24 Vol.Web Original

ツイッターで敵意むき出し

 WWE「NXT」(日本時間7月24日配信)で“漆黒天女”ことNXT女子王者・紫雷イオが因縁勃発のダコタ・カイに敵対メッセージを送った。  先週のNXTで紫雷イオはティーガン・ノックスを相手に王座初防衛を果たすも、試合後に王座を狙うダコタ・カイがビッグブーツでイオを奇襲。さらに今週のNXTでダコタは「ハイ! イオ。襲撃してとても気持ちが良かったよ。文句があるなら待っててやるけどベルトを忘れるなよ」と王者イオを挑発する動画メッセージを送っていた。  これにイオは「行動は結果をもたらす。そしてお前はその行動を取り消すことはできない! 次週のNXTで会おう」と売られた喧嘩を買うかのように自身のツイッターで応答して敵意を示した。

王座初防衛に成功した紫雷イオをダコタ・カイが襲撃【WWE NXT】

2020.07.17 Vol.Web Original

試合ではティーガンをムーンサルト葬

 WWE「NXT」(日本時間7月17日配信)で“漆黒天女”ことNXT女子王者・紫雷イオが王座挑戦権を獲得したティーガン・ノックスとNXT女子王座戦で激突した。  試合序盤、イオは「おい! どうしたチャレンジャー」とティーガンの顔面に平手打ちを見舞うと、ティーガンもアッパーカットやヘッドバッドで攻め込んで白熱の攻防を展開した。  しかし、イオが放ったダブル・ニーが鉄製ステップに誤爆すると、ティーガンがチャンスとばかりにキャノンボールやクロスボディーで攻撃。負けられないイオもジャーマン・スープレックスから串刺しダブル・ニー、619、ミサイルキックと怒涛の連続攻撃を決めると、今度はティーガンが渾身のローリングセントーンを炸裂させる。

2冠王者リーがダイジャコビッチとの激戦を制してダブル王座初防衛【WWE NXT】

2020.07.17 Vol.Web Original

試合後、ダイジャコビッチはカリオン・クロスと乱闘

 WWE「NXT」(日本時間7月17日配信)で史上初となるNXT王座&北米王座の2冠王者キース・リーがドミニク・ダイジャコビッチ相手に王座初防衛に成功した。  オープニングに登場したリーが自身の2冠達成の祝福としてトレーナーやWWEユニバース(ファン)に感謝を述べると、ライバル、そして盟友でもあるダイジャコビッチを呼び出して最初の王座挑戦者として指名した。  これをダイジャコビッチが受諾して2人の勝者総取りダブル王座戦が行われることとなった。ショルダータックルやチョップの応酬で激しい攻防を展開。終盤にはダイジャコビッチがブロックバスターやディスカス・ビッグブートを放つも決定打とはならず、最後はリーが必殺のビッグバンカタストロフィでダイジャコビッチを沈めて3カウント。  リーが激戦を制してダブル王座初防衛を果たしたが、敗戦したダイジャコビッチはバックステージでカリオン・クロスと乱闘になり、次週のNXTで2人の対戦が決定した。

NXT北米王者リーがNXT王者コールを破って史上初の2冠を達成【WWE NXT】

2020.07.10 Vol.Web Original

必殺のビッグバン・カタストロフィーで接戦にケリ

 WWEのNXT北米王者キース・リーが「NXT:ザ・グレート・アメリカン・バッシュ」(日本時間7月10日配信)でNXT王者アダム・コールとの勝者総取りダブル王座戦を制して史上初の2冠を達成した。  試合序盤、体格に勝るリーは場外でショルダータックルを放つが、これはバリケードに誤爆。このチャンスにコールはリーを鉄製ステップに叩き付けるとネックブリーカーを決めて攻め込んでいく。  しかし、リーも豪快なスーパープレックスやスピリットボムを決めて流れを変えると、その巨体から繰り出すムーンサルトプレスを放つが、コールもスーパーキックの連打から必殺のラスト・ショットをリーに決めるなど手に汗握る大技のシーソーゲームを展開する。  終盤にはコールがパナマ・サンライズやスーパーキックの3連打でリーを追い詰めるも決定打とはならず。最後はリーが再びパナマ・サンライズを狙ったコールを捕まえると、そのままスピリットボムから必殺のビッグバン・カタストロフィーを叩き込んで3カウント。ダブル王座戦を制したリーは史上初となる北米王座&NXT王座の2冠を達成し、祝福の紙吹雪が舞い飛ぶリングで2本の王座ベルトを誇らしく掲げた。

王者・紫雷イオが挑戦者のティーガンに「やれるもんならやってみろ」【WWE NXT】

2020.07.10 Vol.Web Original

次週の「NXT」でNXT女子王座戦開催

 WWE「NXT:ザ・グレート・アメリカン・バッシュ」(日本時間7月10日配信)でNXT女子王者・紫雷イオと王座挑戦権を獲得したティーガン・ノックスのスペシャル映像が次週の王座戦を前に公開された。  ティーガンが「今は次期挑戦者だけど、すぐにNXT女子王者になるわ。私は戦うためにここに来た」と王座奪取に自信を見せると、これが初防衛戦となる“孤高の王者”イオは「私たちはよく似ている。ここにたどり着くために必死に闘ってきた。でもな、お前と私とでは違うところが一つある。お前は一人では何もできない。私が頼るのはこの自分だけだ。そして必要な物はNXTチャンピオンベルトだけだ」と対戦相手と王者となった自身の違いを分析。  続けてイオは「ティーガン・ノックスは紫雷イオではない。ここは私のNXT女子ディヴィジョン、私はその頂点にいる。1週間後、お前がこいつを私から奪うのが運命だというのならやってみろよ!」とティーガンを挑発して来たる王座戦へ闘志をむき出しにした。  イオとティーガンのNXT女子王座戦が行われるNXTは日本では7月17日からWWEネットワークでVOD配信される。

Copyrighted Image